漢方薬は、食前や食間など、市販の薬とは違うタイミングで飲むことが多いです。

また、普通の薬に比べて飲みにくいと感じる人が多いようです。

ここでは漢方薬を飲むタイミング、飲み方についてご紹介します。

漢方薬を飲むタイミング

漢方を飲むタイミングは、基本的には食前か食間です。

漢方薬を食後に飲むと、生薬と食べ物が胃の中で混ざってしまい、効果が薄れる可能性があります。

また、鎮痛剤などは胃を荒らしやすいため、胃への負担が少ない食後に服用するように指示されています。

薬によって異なることもあるので、用法などをよく確認するようにしましょう。

薬を飲む時間の区分

食前

食前は、食事の30分~1時間程度前のことを言います。

漢方薬は空腹時に飲むと成分が吸収されやすいものが多いため、食前に飲むものが多いです。

食間

食間は食事の2~3時間後で、丁度食事と食事の間の時間のことです。

食事の途中という意味ではないので、注意しましょう。

食後

食後は、食事のすぐあとから30分後までのことを言います。

できるだけ30分以内に服用し、1時間をすぎないように注意しましょう。

就寝前

30分前、または寝る直前のことを言います。

頓服

頓服(とんぷく)は、毎日決まった時間に飲むのではなく、症状が出たときのみ服用します。

漢方薬の飲み方

漢方薬を飲むコツ

まず、先に水を口に含みます。

含んだ水の上に漢方薬の粉を落とすように口に入れ、水と一緒に飲み込みます。

その後、もう一度水を飲みます。

漢方薬は水や白湯で飲む

漢方薬は水や白湯で飲むようにしましょう。

濃いお茶やジュース、コーヒーなどと一緒に飲むと効果が発揮されない可能性があります。

味やにおいで飲みにくい場合

漢方薬は味やにおいがが独特なものが多く、苦手な人も多いです。

どうしても飲みにくい場合や子供に飲ませるときは、オブラートに包む、服薬用のゼリーに混ぜるなどすると改善できます。

また、お湯に溶かしてココアパウダーと少量の砂糖を加えることで、味や匂いが改善できます。

味を変えたい場合でも、コーヒーなどカフェインが含まれるものや、アルコールとは混ぜないようにしましょう。

別の薬と併用して飲んでもよいのか

漢方薬には併用して飲んではならない成分もあります。

市販薬との併用や別の漢方薬との併用も、個人の判断では行わないようにしましょう。

どうしても併用したい場合は、専門知識を持った薬剤師や専門医などに問い合わせるようにしましょう。

もし薬を飲み忘れてしまったとき

もし、食前に飲まなければならない薬を飲み忘れてしまった場合、飲み忘れた食事の後に服用するようにしましょう。

特に、長期間服用を継続することで効果が現れる漢方薬は、服用を継続させるためにも、食後に飲むことで続けて服用する必要があります。

食後など、本来飲まなければならない時間を過ぎてしまった場合は、次の時間に2回分を飲むのは厳禁です。

薬の作用が大きく出てしまい、副作用を起こす可能性があるためです。

また、薬をのむ間隔があきすぎると効果が薄れてしまうこともあります。