神秘湯とはどんな漢方薬なのか

いかにも霊験あらたかな名前を持つ神秘湯(しんぴとう)ですが、特殊な生薬が使われているものではなく、麻黄(まおう)という生薬を中心とした麻黄薬に分類されるごくごく一般的な漢方薬のひとつです。
その効能はぜんそくや気管支炎といった呼吸器の疾患に対して効果を発揮します。精神を落ち着かせる作用が高いという特性を持っており、精神的ストレスなどで呼吸不全が誘発されてしまう方に対して適した漢方薬であるといえます。

配合されている生薬は以下の通りです。

麻黄(まおう)……発汗作用、鎮咳作用、利水(※体内の水の流れを正す)作用などがある。
杏仁(きょうにん)……止咳作用、去痰作用、平喘(呼吸の改善)作用、通便作用などがある。
柴胡(さいこ)……解熱作用、鎮静作用、解毒作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
厚朴(こうぼく)……整腸作用、健胃作用、去痰作用などがある。
蘇葉(そよう)……解表(※発汗)作用などがある。

気管支を広げ呼吸を落ち着かせると共に、咳を鎮め痰の排出を促す作用のある生薬が使われています。また、柴胡、厚朴、蘇葉といった生薬らには落ち込んだ状態にある精神を改善させる作用もあり、自律神経の不調に対しても効果を発揮するようになっています。

神秘湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

神秘湯の効能は主に気管支ぜんそく、小児ぜんそく、気管支炎、肺気腫などの症状に用いられます。この漢方薬には特徴として自律神経の緊張状態を緩和させ、気持ちをリラックスさせる方向にもっていくといった効果があります。そのため、精神的なストレスが原因であるもの、あるいは症状にストレスが伴うものなどに対して特に効果が期待できるという点があります。

気管支ぜんそくとは、気管支が慢性的な炎症症状によって狭窄したり刺激に対して過敏になってしまうことによって起こり、発作的な呼吸困難や咳、喘鳴といった症状が繰り返される病気です。その原因は諸説、或いは個人差があり、アレルギー反応であったり精神的なストレスであったり遺伝であったりと様々です。
神秘湯の効能は精神的なストレスが原因となっている場合に効果的とされていますが、アレルギーが原因の疾患の場合には「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」や「小柴胡湯(しょうさいことう)」など他の漢方薬が適している場合があります。ご使用の際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合わせた漢方薬を選ぶようにしてください。

神秘湯とはどのように使うものか

神秘湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。