丁香柿蔕湯とはどんな漢方薬なのか

丁香柿蔕湯(ちょうこうしていとう)とはしゃっくりを止めるための漢方薬です。
「しゃっくりのときには柿のヘタを煎じて飲むとよい」と聞いたことはないでしょうか?有名な民間療法ですが、「柿蔕湯(していとう)」とはまさにその「柿のヘタを煎じた」漢方薬です。
柿のヘタ、生薬でいう「柿蔕(してい)」は昔からしゃっくりの特効薬として知られています。そこに同じくしゃっくりを止める作用を持つ「丁香(ちょうこう)」やしゃっくりが続く原因である冷えや胃の不調を改善する作用を持つ生薬らを合わせたものが丁香柿蔕湯なのです。

配合されている生薬は以下の通りです。

柿蔕(してい)……止逆(※しゃっくりを止める)作用、止嘔作用などがある。
丁香(ちょうこう)、別名:丁子(ちょうじ)……温裏(※寒さを散らす)作用、健胃(※胃の機能を正常にする)作用、止嘔作用などがある。
桂皮(けいひ)……発汗作用、止痛作用、解肌(※発汗)作用などがある。
半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用、鎮痙作用などがある。
木香(もっこう) ……鎮痛作用、整腸作用、抗菌作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
沈香(じんこう)……鎮痛作用、鎮静作用、抗菌作用、止嘔作用、平喘(※呼吸困難を改善する)作用などがある。
乳香(にゅうこう)……活血(※血の流れを良くする)作用、鎮痛作用、消炎作用、抗菌作用、舒筋(※筋肉を伸びやかにする)作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
良姜(りょうきょう)……健胃作用、解熱作用、発汗作用、鎮痛作用、整腸作用、駆風作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
茴香(ういきょう)……健胃作用、整腸作用、鎮痛作用、去痰作用、駆風作用などがある。
藿香(かっこう)……健胃作用、止瀉作用、解熱作用などがある。
厚朴(こうぼく)……健胃作用、整腸作用、去痰作用などがある。
縮砂(しゅくしゃ)……健胃作用、安胎(※妊娠を安定させる)作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。

しゃっくりを止める作用を持つ生薬に、しゃっくりの原因である冷えや胃腸の不調を改善する作用を持つ生薬らを配合したものとなっています。

丁香柿蔕湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

丁香柿蔕湯の効能は主にしゃっくりを止めるために用いられます。また、胃腸の弱い方の体質改善にも用いられることがあります。

しゃっくりとは、横隔膜やその関連筋が痙攣することによって声帯が収縮することによって起こります。この際に「ひっく」といった声が漏れることをしゃっくり、もしくは吃逆(きつぎゃく)と呼びます。2日以上続くしゃっくりは「持続性しゃっくり」と呼ばれ、胃食道逆流症など食道や胃の疾患が原因の場合があります。さらに1カ月以上続くしゃっくりは「難治性しゃっくり」と呼ばれます。
「しゃっくりを100回続けると死んでしまう」という迷信がありますが、実際に1しゃっくりが100回続いたところで命にかかわることはまずありません。しかし、しゃっくりが他の病気のサインとなっている場合がありますので長期にしゃっくりが持続する場合は一度病院で診察を受けてみた方がよいでしょう。

丁香柿蔕湯とはどのように使うものか

丁香柿蔕湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。