四逆湯とは

四逆湯は、著しく体力が低下して手足が冷え、腹痛や下痢、嘔吐など消化器症状が出ている場合に用いる漢方薬です。風邪が重くなってしまった時や、漢方薬による治療が間違っていてかえって症状が重くなってしまった場合に使われてきました。

「四逆」とは「四肢の逆冷」という意味。肘から先や、膝から先が触ってみて明らかに冷たいという症状のことを言っています。似た名称の漢方薬で「四逆散」というものがありますが、こちらも「四肢の冷え」を使用目標とする点では同じものの、その方意は「造血機能の低下に伴う血流不足による冷え」を解消することにありました。それに対し四逆湯の目標は「気力、体力の低下による強い冷え」となります。

目安としては、脈が弱く、汗をかき、食べ物が消化されずに下痢となって出てきてしまうといった、明らかな虚証の症状があります。気を生産する中心的な臓器である胃腸が著しく失調し、エネルギーを蓄えておけない状態になってしまっているのです。四逆湯は陽気(熱)を強めに補い、胃腸の働きを良くして身体を温め、生命力をバックアップします。

四逆湯の生薬について

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮咳、去痰、解熱、消炎、鎮静、健胃、強壮の作用を持ち、痛みを鎮めつつ気力体力をつけてくれることから病中病後の弱った身体への処方には欠かせません。補虚・補気(滋養強壮)の代表的な生薬です。

・乾姜(カンキョウ)…身体を温める食材としておなじみのショウガです。ただし「生姜(ショウキョウ)」と違い、根茎を湯通した後皮を取ってさらに煮沸し、乾燥させています。生姜よりさらに温める力があり、冷えによる消化不良や下痢などに用いられてきました。加熱の過程を通すことで有効成分量が変化して効能の違いが生まれます。妊婦の方には使用しないほうが良いとされています。

・附子(ブシ)…有毒植物としても有名なトリカブトの根を乾燥したものです。用法用量を適正に用いればとても有能な薬となります。これが処方に含まれる漢方薬を「附子剤」と呼び、大抵パワフルな温熱効果を持ちます。著しい冷えや虚脱に用いられてきました。強心、鎮痛、鎮静作用があります。

四逆湯の効能

四逆湯は「甘草乾姜湯」に附子を加えた方剤とも言え、新陳代謝機能が著しく低下してエネルギーを失った身体を力強く温め、血行を回復します。甘草乾姜湯には胃を温め上半身の冷えと水毒を取り除く効果がありますが、そこに附子が加わることで下半身にも効き、全身を温めることができます。乾姜、附子は共に「熱」の性質を持ち、乾姜はより身体の内側を、附子は体表を温める生薬です。2つが合わさることで身体の内側からも外側からも冷えを撃退しようという意図があります。

ただし、四逆湯を適応するべき状態というのは胃腸がひどく弱り、エネルギーや活力を留めておけない状態でもあります。消化機能が停滞して「気」を生産できないので、早急に陽気(温かいエネルギー)を入れてあげないといけないのですが、ただ温めたところでその熱を保持しておけずすべて体外に逃げて汗となってしまいます。

乾姜や附子の「熱」が逃げないようにしてくれるのが甘草です。甘草は生薬の効力を「脾(消化器官)」に集める働きがあります。また、乾姜や附子は効果が強い分、その効きが強烈になりすぎる恐れもあるため、それを調整する働きも甘草にはあります。

四逆湯の使用法

実は医療用としての「エキス剤」がない漢方薬になります。生薬を煎じて使う場合は、まず附子を約1時間煎じた後に乾姜・甘草を追加してさらに煎じ、1日2回、温めたものを服用します。嘔吐してしまうときは冷やして飲みます。

市販薬としてはクラシエから「回陽救逆(かいようきゅうぎゃく)エキス顆粒」という名前の製品がでており、これが四逆湯のエキス剤にあたります。

副作用などはあるか

強い熱性を持つ方剤であるため、熱証をあらわす病態にはすべて禁忌となります。炎症がある、ほてりがあるなど熱感を伴う症状が出ているときには使用しないでください。高熱による四肢の冷え、悪寒にも用いません。

甘草を含む処方であるため、大量摂取で起こる「偽アルドステロン症」に注意します。むくみや高血圧などが出ていないか気をつけます。

また、漫然と服用を続けないようにします。