三物黄芩湯とは

三物黄芩湯は、身体のほてりを取り、イライラや炎症を落ち着かせる漢方薬です。「陰虚火旺」といって身体を潤わせる物質「陰液」が減少し、「熱」が亢進した状態を改善します。潤いがなくなったことによって身体を冷やすことが出来ない状態で、そのために過剰な熱が口渇や手足のほてり、皮膚の痒みや赤みをもたらすほか、更年期障害や自律神経失調症、不眠症といった精神症状を引き起こします。本方はそのような場合に適応します。

もともと婦人の産褥熱に用いられてきた方剤でもあり、現在でも女性の産後や生理中の熱感やほてりに適応されることが多いです。また頻発月経にも用いられます。トリコモナス膣炎や白鮮症などにも使用されます。

三物黄芩湯の生薬について

・黄芩(オウゴン)…コガネバナの、周皮を除いた根を乾燥したものです。胃腸に働く消炎・解熱の作用があり、心下部のつかえや膨満を解消したり、腸粘膜の炎症を改善したりします。腸の熱を取るため穏やかな通じ薬としての作用も持ちます。

・苦参(クジン)…マメ科クララまたは同属植物の根です。有効成分としてマトリン・オキシマトリンなど数種のアルカロイドとフラボノイドを含み、その名には「噛むとめまいがするほど苦い」という意味があります。寒の性質を持ち、清熱燥湿、つまり乾燥させ、熱を除去する生薬です。消炎や細菌による下痢、湿疹などに用いられます。そのほか健胃、利尿、止瀉の作用があります。

・地黄(ジオウ)…ゴマノハグサ科ジオウ属植物の根茎です。肝に血を補い、腎には水分を補います。補血・強壮の薬として名高く、止血、滋陰作用があり下血や月経不順などに用います。貧血や虚弱体質の改善に使われます。作用は温和で、じわじわと効くタイプです。味に甘みがあり、多くの漢方処方に配合され重宝されています。

三物黄芩湯の効能

「陰虚火旺」とはすなわち水分の不足です。潤いの不足は身体のあちこちに不調を引き起こします。肝や心といったもともと熱を持ちやすい臓器は亢進し、不安や不眠を引き起こしますし、皮膚のうちに熱が籠もれば湿疹や痒みを起こします。また身体を流れて栄養を運ぶ「血」も水分からできており、水分が少なくなると血そのものが減少してしまいます。そしてその血自体も熱を溜め込んでしまうということがあります。これはほてりや口渇などの原因となります。

三物黄芩湯は身体を冷やし、血を養う漢方薬です。地黄は血を増やし、熱を取る作用があります。苦参、黄芩もそれをサポートします。またこの2つの生薬は湿邪を除く効果があり、それによって湿疹を治します。

三物黄芩湯の使用法

「湯」は煎じ薬の意味で、元来生薬を煮出したものを服用していましたが、現在では濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

とても苦いお薬です。飲みづらい場合は軽く冷やすと服用しやすくなります。熱を去る力が強いため、冷えがあったり身体が虚弱な場合は用いないようにします。

また本方はそこそこ体力のある方に向けた処方です。証が間違っていなければほとんど心配ないものの、人によっては地黄と苦参の働きが過ぎて胃腸障害が起こる場合があります。服用していて体調が悪いと感じたら、無理せず医師に相談しましょう。