五苓散とは

五苓散は、むくみや浮腫に用いられる代表的な漢方薬で、体内の水分循環に異常がある時それを改善してくれる処方です。身体の水分バランスが狂って起こる様々な不調、例えば先に挙げたむくみや浮腫はもちろん、そのほかにも吐き気や嘔吐、下痢、めまい、二日酔い、頭痛などに効果があります。

適応証が広く、体力がある人からない人まで使用できるのが特徴で、子どもや妊婦の方にも処方されています。

特に喉が渇いて尿量が少ない時にこれらの症状に困ったら、五苓散を試してみると良いでしょう。(ただし、“しぶり腹”といって残便感があるのに排便できないといった症状がある場合は使用を避けます。)

五苓散の生薬について

・沢瀉(たくしゃ)…サジオモダカという植物の塊根で、利尿、止渇、鎮痛作用があります。寒性で腎に働くため、腎に熱がこもっている状態を冷ます作用を持ち、めまいや頻尿、遺精などに効果があります。

・猪苓(ちょれい)…サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核を乾燥したものです。茯苓と同じく利尿作用を持ちますが、茯苓よりやや涼性で解熱作用も持ちます。補瀉で言うところの「瀉」の作用しか持たないため、摂りすぎは脱水症状を起こすので注意します。

・茯苓(ぶくりょう)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたものです。利水剤として代表的な生薬で、むくみや胃内停水の症状を目標とした処方にはよく配合されています。猪苓との違いは、脾を補う作用がある点です。

・蒼朮(そうじゅつ)…オケラ科オケラやホソバオケラの根茎です。湿を除く重要な生薬で、特に消化器官が弱って起こる水分代謝の異常に適応されます。強壮作用を持ちます。

・桂皮(けいひ)…クスノキ科ケイの木の皮で、シナモンと呼ばれるスパイスと同じものです。健胃、発汗、解熱、鎮痛作用を持ち、中枢神経系の興奮を鎮静して水分代謝を調節します。頭痛・発熱・のぼせ・風邪などに応用されています。

五苓散の効能

むくみや浮腫が現れるのは、体内の水分代謝バランスが崩れていることが原因です。めまいや頭痛を引き起こすこともあります。

人体で水分代謝に深い関わりを持つのは、漢方理論でいうところの「腎」。腎臓をはじめとして老廃物の代謝や体液の生産などを司っている器官のことで、この働きが悪くなると身体に悪い水分が過剰に溜まって不調を生じるようになります。

五苓散は、「利水」の働きに優れた生薬を集めた漢方薬です。沢瀉、茯苓、蒼朮、猪苓はいずれも体内の水分が過剰な時に、血中にそれを引き込んで尿として排出するよう促します。桂皮は身体を温めて血行を改善し、気の巡りを助けます。

余分な水分を身体から出してむくみをスッキリさせ、腎に滞っていた気を流すことでめまいや頭痛も解消されるというわけです。

五苓散の使用法

「散」は砕くという意味。かつては原料の生薬を薬研で砕き、そのまま服用していました。しかし現在ではその成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流ですので、粉薬のように手軽に飲めるようになっています。

処方された1日量を2、3回に分け、食前又は食間、つまり空腹時に服用します。

副作用などはあるか

実証から虚証の方まで使用できる漢方薬で、使用量を守って服用する限りは重篤な副作用の心配はありませんが、とても胃腸が弱い方や妊婦の方は念のため医師・薬剤師の指導のもと服用する方が安心です。

そのほかには、過敏症といって発疹や吐き気がでる場合があります。その場合は早めに医師に相談してください。

体力不足による動悸や息切れに用いる漢方薬「炙甘草湯」

炙甘草湯は、体力をつけて動悸や息切れを改善する漢方薬です。顔色が悪くて疲れやすいことや、皮膚や口内が乾燥しやすい、便秘の傾向がある、といった症状が本方の適応目安となります。また別名「復脈湯」とも呼ばれ、不整脈に対しても用いられてきました。

漢方名にある「炙甘草」とは、消化器を養い消炎・鎮痛効果のある生薬として重要な「甘草」を炙ったもののこと。甘草は熱を通すことで補気の作用が強くなると言われており、この方剤においてより滋養強壮の作用が強調されていることが分かります。

ただし、急性な症状を鎮めるような強い作用はありません。長い病気などで慢性的に体力を消耗してしまっている方にじっくり服用してもらい、体力を回復させて症状を改善する処方です。

炙甘草湯の生薬について

・炙甘草(シャカンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させた生薬「甘草」を炙ったものです。熱を通すことで体力を補う作用が強化されます。主な薬効は鎮痛、鎮咳、去痰、解熱、消炎、鎮静、健胃、強壮となり、痛みを鎮めつつ気力体力をつけてくれます。

・人参(ニンジン)…滋養強壮の薬として名高く高い疲労回復作用があります。新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・桂皮(ケイヒ)…シナモンのことです。気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みも鎮めます。

・阿膠(アキョウ)…ロバの皮を煮つめてつくったニカワ塊。潤す効果があり、血を補い肺の熱を取ります。

・麦門冬(バクモンドウ)…肺を潤して解熱、消炎、鎮咳、去痰作用をもたらします。

・麻子仁(マシニン)…アサの果実を乾燥したものです。粘滑性があり、これによって腸の乾燥による便秘を改善します。

・地黄(ジオウ)…ゴマノハグサ科ジオウ属植物の根茎です。補血・強壮の薬として名高く、貧血や虚弱体質の改善に使われます。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でも身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

炙甘草湯の効能

動悸や息切れ、不整脈といった症状は、血が不足することで血流を司る「心」の働きが鈍っていることで起こります。また血の減少や体内の水分減少は臓器を乾燥させ、皮膚の乾燥や便秘なども同時に起こってきます。炙甘草湯は、潤い(水分)不足から「血」が少なくなった状態を改善し、身体に潤いと栄養を満たして体力の回復を図る処方です。

長い病気などで体力を消耗すると、身体を動かすエネルギーである「気」や「血」も大いに消耗します。そのため回復には気血を作る臓器である「脾(消化吸収器官)」の働きに期待しなければならないのですが、体力がない状態というのは大抵脾の働きも落ちている状態です。そこで人参、大棗、生姜、炙甘草といった滋養強壮の生薬で胃腸を守り、温めてその働きをサポートします。

気血が充実すればそれらが肺や腸を潤して皮膚の乾燥や便秘も改善しますし、血が十分に流れることで「心」の働きが良くなり、動悸や息切れ、不整脈といった症状もなくなります。麦門冬、地黄、阿膠、麻子仁といった生薬はいずれも「潤す」作用に優れた生薬で、血液の健康に寄与したり、潤い不足で乾いた肺や腎の熱を冷ましたりする働きがあります。

炙甘草湯の使用法

煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」の処方が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

大量摂取によりむくみや高血圧を生じる「偽アルドステロン症」のおそれがある甘草を主薬としているため、アルドステロン症、ミオパシー、低カリウム血症の既往歴のある方には使用できません。また著しく胃腸機能が弱っている方では吐き気や食欲不振を生じることがあります。服用して体調が悪くなったと感じる時はすぐに医師に相談しましょう。