秦艽防風湯とはどんな漢方薬なのか

秦艽防風湯(じんぎょうぼうふうとう)とは排便痛の強い痔の症状に対して用いられる漢方薬です。排便痛の強い痔には原因には痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ痔)などがありますが、このどちらに対しても秦艽防風湯は効果を発揮します。

配合されている生薬は以下の通りです。

秦艽(じんぎょう)……解熱作用、抗菌作用、利尿作用などがある。
防風(ぼうふう)……解表(※発汗)作用、解熱作用、鎮痛作用などがある。
升麻(しょうま)……解表作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用、清熱作用などがある。
沢瀉(たくしゃ)…… 利水作用、止渇作用、清熱作用、鎮痛作用などがある。
柴胡(さいこ)……解熱作用、鎮静作用、解毒作用などがある。
当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、駆瘀血作用、補血作用、止痛作用などがある。
桃仁(とうにん)……活血作用、排膿作用、潤腸作用、駆瘀血作用などがある。
紅花(こうか)……活血作用、駆瘀血作用、止痛作用、抗菌・ウィルス作用などがある。
大黄(だいおう)……活血作用、駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用、瀉下(※水などを注ぎくだす)作用、清熱作用などがある。
黄柏(おうばく)……消炎作用、清熱作用、健胃(※胃の機能を正常にする)作用、解毒作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります

解熱作用、消炎作用、抗菌作用に優れた生薬と、血行の循環改善を目的とした生薬が多く使われており、排便痛の原因となっている肛門近辺の炎症を鎮め、治癒を促す効果が期待できる配合となっています。

秦艽防風湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

秦艽防風湯の効能は主に便秘の傾向があり、排便痛の強い痔の症状に対してに用いられます。

排便痛は痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ痔)の際に生じやすい症状です。
痔核は痔の中でも発症率の高い疾病で、長時間座り続けていることや、排便時に力を入れ過ぎることなどが原因で肛門周囲がうっ血し発症します。肛門内部にできるものを内痔核、肛門外部にできるものを外痔核といい、痛みが生じるのは外痔核です。
裂肛は硬い便を出した際に肛門が傷ついてしまったり、下痢の際に粘膜が弱まってしまい皮膚を傷つけてしまうことなどが原因で起こります。多少の傷であれば短期間で治癒されますが、長期にわたって症状が持続するような場合は専門の医療機関で診察を受けることをお勧めします。

なお、痔の症状によっては他の漢方薬が適合となる場合もあります。痛みが強い場合には「当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)」、かゆみが強い場合には「秦艽羌活湯(じんぎょうきょうかつとう)」などがありますので、使用の際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合った漢方薬を選択してください。

秦艽防風湯とはどのように使うものか

秦艽防風湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。