桂枝人参湯とは

桂枝人参湯は、下痢症状を抑える漢方「人参湯」に桂皮を加えた方剤です。桂皮によって温めの作用が強化され、主に冷え性傾向で身体が弱い人の、消化器の不調を改善します。

発汗、のぼせの傾向が見られるのに手足は冷え、だるさや頭痛を訴える場合、この方剤が効果的です。慢性的な胃もたれや食欲不振、下痢や胃腸炎などを解消し、また余分な水分を排出する作用があるため頭痛や動悸を鎮めます。

虚弱な人向けの風邪薬「桂枝湯」の特徴もそなえ、いわゆる「お腹にきた風邪」にも使用することができます。ただし基本は人参湯であるため、倦怠感、食欲不振、息切れ、つばが多い、手足やお腹が冷える、といった症状のあることが使用目標となります(口の中が乾燥するなら、「五苓散」を用います)。

桂枝人参湯の生薬について

・桂皮(ケイヒ)…身体を温めるハーブ、シナモンとして知られ、気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みを鎮めます。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。主な薬効は鎮痛、鎮咳、去痰、解熱、消炎、鎮静、健胃、強壮となり、痛みを鎮めつつ気力体力をつけてくれることから病中病後の弱った身体への処方には欠かせません。補虚・補気(滋養強壮)の代表的な生薬です。

・白朮(ビャクジュツ)…オケラまたはオオバナオケラの根茎です。健胃作用、強壮作用、止瀉作用、利尿作用があり、胃腸の強壮薬として代表的な生薬です。
(白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)が用いられることもあります。同じく健胃作用をもちますが、利尿など水分代謝への効果のほうが主になります)

・人参(ニンジン)…チョウセンニンジンでとも呼ばれる滋養強壮の生薬です。高い疲労回復作用があります。新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・乾姜(カンキョウ)…生姜の根茎を湯通した後、皮を取ってさらに煮沸し、乾燥させています。生姜よりさらに温める力があり、冷えによる消化不良や下痢などに用いられています。

桂枝人参湯の効能

お腹が冷えたことによって消化吸収機能が鈍り、気の生産が衰えて種々の不調を引き起こしている場合に、全身を温めることでそれらを改善する漢方薬です。

胃腸は中医学では「脾」と呼ばれ、食物から栄養を吸収し生命エネルギー「気」を生産する、いわば発電所のような機能を担うとされています。脾は冷えに弱く、寒さにさらされてその邪が入り込むと、機能が弱って消化不良を起こし、下痢になります。また「気」が生産できないためにエネルギー不足になり、疲れや倦怠感が起こるほか、となりあう「心(血液を循環させる機能)」も冷えて動悸がおこります。

人参、白朮、甘草は、胃腸を温め栄養を与える代表的生薬です。胃腸の働きを鈍らせている冷えを強力に退散させます。

またお腹の中だけでなく、桂皮と乾姜により身体の外側、体表部も温めます。胃腸が弱って気が生産できないと、体表をめぐる気も減じて病邪に対する抵抗力がなくなりますが、この働きによって体表に陽気をめぐらせ身体を守ってくれます。

また発散の作用があるため、風邪のひき始めのような頭痛や悪寒を散らします。

桂枝人参湯の使い方

煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。煎じる手間がなく、手軽に服用できます。

副作用などはあるか

甘草の配合量が多い漢方薬なので、長期にわたっての処方がされる場合は有効成分「グリチルリチン酸」の多量摂取による「偽アルドステロン症」に注意してください。他に服用している薬がある場合は、成分の重複に注意します。

身近な食材で取り組める薬膳

薬膳というと難しい食材や調理法をイメージしがちですがそうではありません。 薬膳の基本的な考え方として、あらゆる食材は身体を温める「熱性・温性」と、身体を冷やす「寒性・涼性」、その中間の「平性」に分類されます。寒い冬には体を温める「熱・温」の食材を、熱い夏には体から熱をとる「寒・涼」の食材を摂ることが薬膳の世界での考え方です。

基本的に旬の食材にはその時期に効く効果が備わっているものです。例えば秋から冬にかけて旬を迎えるかぼちゃや冬の寒い時期に出回るネギはいずれも体を温めて冷えを改善する働きを持っています。

冬の代表野菜、白菜の薬膳効果

日本では旬を迎えた冬に料理に大活躍する白菜ですが薬膳の世界では体を冷やす食材として知られています。一見するとそのような食材を冬に食べることは体を冷やしそうで気が引けますが、冬にひきやすい風邪によって熱が出た時などに体にこもった熱を体外に排出する効果があります。さらに空気が乾燥した冬場に水分代謝を促してむくみを予防する働きもあり、あえて冬に取り入れたい食材でもあります。

鍋のように体を芯から温める調理法やキムチのようにたっぷりの唐辛子を入れることでカプサイシンによる代謝アップなど、調理法や他の材料によってうまくカバーされているため、マイナスの効果はありません。

体を芯から温める冷え取りおかゆの作り方

日本でおかゆといえば体調が悪い時に食べるイメージですが、ベースのおかゆにトッピングを変えることで体調や季節に沿った料理になるという利点があります。また、とろみのあるおかゆは体の中にゆっくりとどまり心から冷えを取り除いてくれる料理です。

【基本のおかゆの材料】

白米…50g

玄米…20g

水…500g

塩…ひとつまみ

水にお米を入れ、沸騰するまで強火にかけます。沸騰したところで弱〜中火に弱めて焦がさないようにたまにそこからかき混ぜながら30分ほど炊いて出来上がりです。仕上げにお塩を入れてください。 玄米やもち米は冷えに効果がある温の食材です。ベースのおかゆに少し加えるだけで体が温まります。

【トッピング材料】

黒ごま…冷えからくる体のむくみに効果的です。プチプチとした食感も楽しめます。

ちんげん菜…冷え対策に効果的。細かく刻んでごま油と塩で炒めます。

しょうが…体の中からポカポカ温めます。千切りやすりおろしがおかゆに馴染み食べやすくなります

かぼちゃ…かぼちゃには冷えからくる痛みなどを緩和する効果も期待できます。基本のおかゆにかぼちゃを加えたかぼちゃがゆはやさしい全材のような甘さで身体を芯からを温めてくれます。

栗…かぼちゃ同様おかゆの中に入れることで体を温める効果があります。

にら…冷えからくる腰痛や全身の冷えに効果があります。刻んだにらを醤油、酒、みりんを同割で混ぜ合わせたものに漬け、調味料としておかゆにトッピングします。