咳を鎮め心を落ち着ける漢方薬「柴朴湯」

柴朴湯は、喘息、気管支炎、咳、不安神経症に用いられる漢方薬です。おおよそ呼吸器系症状の改善を目的として処方されますが、倦怠感の改善や精神安定作用も期待できる点が特徴で、気分がふさぎ、動悸やめまい、吐き気を併発する人に、本方が処方されています。

肝臓を守り炎症を抑える風邪薬「小柴胡湯」と気うつを晴らす「半夏厚朴湯」の合方であり、呼吸器症状と精神症状を一緒に改善します。冷やす作用に優れるため、熱感が強いアトピー性皮膚炎に応用される場合もあります。

インターフェロンとの併用は「禁忌」とはされていませんが、ベースは小柴胡湯であるため、経過には気をつけて用います。

柴朴湯の生薬について

・柴胡(サイコ)…亜急性期の解熱、解毒、鎮痛、鎮静に使われる代表的な生薬です。寒性で、熱を冷ます性質を持ちます。

・黄芩(オウゴン)…肺と大腸の熱を冷まし消炎・解熱に働く生薬です。

・半夏(ハンゲ)…鎮嘔、鎮静、鎮咳作用を持ち、湿気を取り除きます。

・厚朴(コウボク)…整腸作用、利尿作用があり、腹部膨満を解消して下痢を止めます。

・茯苓(ブクリョウ)…利水の生薬の代表で、水毒を取り除き利尿作用をもたらします。

・蘇葉(ソヨウ)シソの葉です。生薬としては発汗、解熱、鎮咳、鎮痛、鎮静、解毒作用を持ち、魚介中毒も防ぎます。

・人参(ニンジン)…滋養強壮の薬として名高く高い疲労回復作用があります。新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でも身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

柴朴湯の効能

身体が寒さにさらされると、「寒邪」と呼ばれる邪気が体に侵入し、気の流れを阻害して「いわゆる風邪」となります。風邪薬としての利用が有名な「小柴胡湯」は、こうした外気の邪が体表に留まらず、内側に侵入した状態…つまり風邪が長引いている状態の時、それを中和する漢方薬です。そして「半夏厚朴湯」は情緒を司る「肝」の気血の滞りを解消し、水分代謝バランスを調整して胃のつかえや抑うつを治します。

柴朴湯はちょうどこの2つを合わせた効能を持ち、少陽病(かかってから少したった病気で胸の辺りが苦しくなる)を治しながら気うつを晴らす漢方薬と言えます。

柴胡や黄芩は肝の熱を冷ます生薬で、入り込んだ邪がもたらした胸部の炎症を鎮めます。半夏と厚朴は吐き気を抑えて咳を止め、気分を落ち着けます。茯苓も体内の水分バランスを調整しつつ、鎮静作用を働かせます。蘇葉は咳止めのほか、憂鬱な気分を晴らしてくれます。そして回復する身体を守るため、胃腸の働きをよくする人参、生姜、大棗、甘草といった滋養強壮の薬味が加わります。

柴朴湯の使用法

煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

甘草を含む処方なので、生薬特有の副作用である「偽アルドステロン症」に注意します。むくみや高血圧などがおこる場合があります。その他、服用して発疹や胃の不快感、下痢などが現れた場合は早めに医師に相談してください。

長引くしつこい空咳に「滋陰降火湯」肺を潤す漢方薬

滋陰降火湯は、「長引く乾いた咳」に用いる漢方薬です。のどがからからに乾いて咳き込むのが止まらない、とくに夜布団に入ると酷くなる…そんな場合に適しています。のどを潤し咳を鎮める生薬を多数合わせた方剤です。

ただし、西洋薬のような単純な『咳止め薬』ではないためやはり患者さんの「証(症状の出方や体質)」を見て処方を決めていくことになります。漢方名の「滋陰」は潤す(あるいは長引いた「陰証」の病を治す)、「降火」は熱を下げるという意味。その名の通り「体内の水分が不足し、そのために熱が上がった状態」を改善する処方です。

痰の少ないコンコンという咳は肺が乾燥していることによって起こりますが、長く続いている空咳の場合、実は肺だけではなく身体の内側全体が乾燥傾向となってしまっている場合があります。体力の落ちている人で、咳以外にも皮膚が乾燥し便秘するなどの症状がある場合は滋陰降火湯が有効と思われます。

滋陰降火湯の生薬について

・当帰(トウキ)…血を養い血行をよくする働きがあり、冷えを取り除きます。

・芍薬(シャクヤク)…鎮痛、鎮痙作用があり、筋肉の緊張を和らげて痛みを取ります。

・地黄(ジオウ)…肝に血を補い、腎には水分を補います。補血・強壮の薬として名高く、貧血や虚弱体質の改善に使われます。

・天門冬(テンモンドウ)…肺を冷やして鎮咳作用をもたらし、腎を潤して利尿や止渇に働きます。

・麦門冬(バクモンドウ)…肺を潤して解熱、消炎、鎮咳、去痰作用をもたらします。

・陳皮(チンピ)…健胃、鎮吐、鎮咳、去痰作用があり、気のめぐりを助けます。

・蒼朮(ソウジュツ)…健胃、利尿、発汗作用があり、水分代謝を活発にします。

・知母(チモ)…肺を冷やす作用があり、清熱作用、鎮咳作用、解熱・消炎の効果があります。

・黄柏(オウバク)…腎の熱を冷まします。解熱、消炎、利尿作用があります。

・甘草(カンゾウ)…鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

滋陰降火湯の効能

滋陰降火湯は、乾燥した「肺(呼吸器官)」と「腎(水代謝を司る器官)」を潤して熱を冷まし、咳を鎮めて口渇を改善します。

空咳が続く第一の原因は、風邪が長引いたり疲労が重なったりすることでそれらが肺を乾かしてしまうことです。

肺は乾燥すると熱を持ち、気が上に上がろうとするので咳になります。肺は腎から水分を得ているのですが、渇きが酷く水を吸っても吸ってもすぐに乾いてしまうために、やがて腎の潤いも枯渇します。つまり、供給源にも潤いがなくなり身体全体が乾燥してしまっているのが、滋陰降火湯の証なのです。

そこで咳の直接の原因となっている肺の渇きだけでなく、腎の渇きも同時に補うことで全体の不調を治します。

麦門冬と知母は、肺の熱を取り同時に潤いを与えて咳や口の渇きを鎮めます。麦門冬、天門冬、黄柏の組は腎を冷やす生薬です。これによって身体全体の潤いの減少を抑えます。全体的な乾燥によって「血」も減少しているため、当帰、芍薬、地黄で血の生産を助けます。そしてすべての臓器のエネルギーである「気」を生み出すために、陳皮、甘草、蒼朮が胃腸の働きを整えて、弱った身体の回復を促します。

滋陰降火湯の使用法

病院では大抵煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が処方されることになります。1日量を2、3回に分割し、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

医師の指示にしたがって服用する限り、重篤な副作用の心配はほとんどありません。ただし、甘草を含む処方なので生薬特有の副作用である「偽アルドステロン症」に注意します。むくみや高血圧などがおこる場合があります。その他、服用して発疹や胃の不快感、下痢などが現れた場合は早めに医師に相談してください。