喉の痛み肩こりや月経に漢方薬

喉が痛いと、眠れなかったり、仕事や勉強が手につかない、集中できないと、様々な悩みが発生してきます。
喉の痛みにも色々とありますが、早く治すためには漢方を試してみましょう。漢方は、体の内から改善してくれるので、自然と免疫力も上がり、喉の痛みが治るばかりか、再度かかることを防いでくれる役割もします。
よく喉が痛くなる人は、専門医に自分に合った漢方薬を聞いてみることも良いでしょう。

喉の痛みにおすすめの漢方薬

・麦門冬湯(バクモントウトウ)
気管系のトラブルによく使われる漢方薬です。
主に急性的な場合に使用されるものなので、急に咳が止まらなくなり、喉の痛みが良くならないとお困りの場合にはおすすめ出来ます。乾いた咳や、痰の切れにくい咳などにおすすめなので、それに伴う喉の痛みには最適です。
ただし、甘草(カンゾウ)を含む他の漢方薬と併用して飲むと、摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意してください。
【ブレンドされている生薬】
麦門冬(バクモンドウ)
半夏(ハンゲ)
人参(ニンジン)
粳米(コウベイ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)

・参蘇飲(ジンソイン)
風邪が長引いているときに使用される漢方薬です。
そのため、麦門冬湯(バクモントウトウ)が急性的に使えるとしたら、参蘇飲(ジンソイン)は慢性的に使用できるものになります。インフルエンザの初期症状のときにも使えるので、体力がなくウィルスに太刀打ちできない場合にはおすすめです。
【ブレンドされている生薬】
人参(ニンジン)
茯苓(ブクリョウ)
半夏(ハンゲ)
陳皮(チンピ)
葛根(カッコン)
桔梗(キキョウ)
枳実(キジツ)
蘇葉(ソヨウ)
前胡(ゼンコ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)

・桔梗湯(キキョウトウ)
扁桃炎などの炎症によって、喉が腫れて赤くなり痛みが出てしまった場合におすすめの漢方薬です。主に、熱がないのに喉が痛いときに使われます。
とてもシンプルな漢方薬で、桔梗(キキョウ)という気管の炎症を取ってくれる漢方と、痛みや炎症を和らげる甘草(カンゾウ)で出来ています。
【ブレンドされている生薬】
桔梗(キキョウ)
甘草(カンゾウ)

・麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
高熱が出そうな悪寒を感じたときにおすすめの漢方薬です。
この漢方薬に関しては、喉の痛みと風邪を引きそうな場合、事前に飲んでおくべき漢方だと考えてください。風邪に対する効果の方が強いので、喉の痛みが強い場合は他の漢方薬にしましょう。
年配の方にもおすすめ出来る漢方なので、少し体が弱っていても使用できるでしょう。
【ブレンドされている生薬】
麻黄(マオウ)
附子(ブシ)
細辛(サイシン)

・五虎湯(ゴコトウ)
呼吸をしやすくしてくれる漢方薬です。そのため、喘息や咳が激しい場合におすすめです。
咳が止まらないことによって喉が痛む場合には最適でしょう。
喉の痛みを和らげるというよりは、気管支を広げることによって痰を出やすくしたり、咳を和らげる作用のあるものなので、喉の痛みが強い場合は他の漢方薬にしましょう。
【ブレンドされている生薬】
麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ)
石膏(セッコウ)
桑白皮(ソウハクヒ)

肩こりや月経に伴うイライラに「逍遙散」

逍遙散(しょうようさん)とは肩こりのある方や疲労がとれない方、ストレスでイライラしてしまう方などに用いられる漢方薬です。別名「八味逍遙散(はちみしょうようさん)」とも呼ばれます。
解熱、鎮痛、性ホルモンへ作用する生薬が配合されており、血の道症といった月経に関わる諸症状に対しても効果を発揮するため、女性の方にも愛用されています。

※血の道症とは月経や更年期などに伴う性ホルモンの変動による精神的、肉体的な症状のことをさします。

配合されている生薬は以下の通りです。

当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、補血作用、止痛作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
柴胡(さいこ)……解熱作用、鎮静作用、解毒作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(※精神を安定させる)作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
薄荷葉(はっかよう)……解表(※発汗)作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります

血の流れを整え、水分のバランスを正常にする作用と、精神を安定させる作用のある生薬により不定愁訴の緩和が期待できる配合となっています。

逍遙散とは何の症状に効く漢方薬なのか

逍遙散の効能は主に肩こり、月経不順、血の道症、自律神経失調症、更年期障害などに用いられます。
肩こり、頭痛、めまいといった身体に直接異常が現れるものだけでなく、不安感、イライラ、憂うつ感、不眠症といった一時的な精神的不調に対しても効果を発揮します。

なお、月経に伴うイライラやほてりといった症状が特に強い場合には清熱作用のある「牡丹皮(ぼたんぴ)」と「山梔子 (さんしし)」が加えられた「加味逍遙散(かみしょうようさん)」の方が適します。これらの症状は多くの女性が適合するため、一般的には加味逍遙散が処方されることが多い様です。しかし、加味逍遙散には「熱をとる作用」があり、もともと冷え性の傾向がある方の場合には適さないため、そういった場合には逍遙散の使用が望ましいといえるでしょう。

慢性的な精神的な不調の改善には専門家による助言や治療が必要となることが多いため、専門的な医療機関での検査を推奨いたします。

逍遙散とはどのように使うものか

逍遙散を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、血の道症への効果が期待できる漢方薬ではありますが妊娠中の使用に安全が確立されているわけではありませんので、妊娠中の方、妊娠が疑われる方が使用する際には注意が必要です。
服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

続命湯が使えない身体の弱い方に「小続命湯」

手足がしびれたり言葉が上手く話せなくなってしまうといった症状が出た際に用いる漢方薬として続命湯(ぞくめいとう)があります。小続命湯(しょうぞくめいとう)も同様の症状の患者さんに対して用いられる漢方薬ですが、その対象となる方は続命湯の使用に適さないような虚弱体質の方や高齢者となっています。

配合されている生薬は以下の通りです。

附子 (ぶし)……温裏(※寒さを散らす)作用、止痛作用などがある。
防風 (ぼうふう)……解表(※発汗)作用、解熱作用、鎮痛作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
防已 (ぼうい)……水分代謝促進作用、鎮痛作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮吐作用などがある。
麻黄(まおう)……発汗作用、鎮咳作用、利水(※体内の水の流れを正す)作用などがある。
桂皮(けいひ)……発汗作用、止痛作用、解肌(※発汗)作用などがある。
杏仁(きょうにん)……止咳作用、去痰作用、平喘(呼吸の改善)作用、通便作用などがある。
川芎(せんきゅう)……駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用、活血作用、鎮静作用、鎮痛作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。

主に全身の血液循環を高め、痺れや痛みの緩和と運動機能の改善を目的とした配合となっています。続命湯とは目的を同じくしていますが、附子や防風など続命湯には使われていない生薬も多く含まれており、より身体の弱い人に適したものになっています。

小続命湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

小続命湯の効能は主に脳梗塞の後遺症に代表されるような手足のしびれや言語障害などに対して用いられます。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まってしまったり、狭くなってしまうなどが起こり脳の血流が堰き止められてしまう病気です。高齢者に多くみられるものですが、高血圧や高脂血症などを持つ方の場合も発症リスクが高いです。
脳への血流が滞ってしまうとそれから数時間のうちに脳は栄養不足によって壊死してしまい、放置すればさらに悪化を続けます。
前兆症状には、手足のしびれ、ろれつが回らないなどの言語障害、顔面麻痺による表情の異常、視野の異常、言葉が理解できない、文字が満足に書けないなどといったものがあります。発症から対処までの時間でその後の後遺症の程度は大きく変わってしまうため、異常を察知した場合には大至急病院で検査を受けてください。

小続命湯とはどのように使うものか

小続命湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。
特に、脳血管障害などの既往のある方は血液や血管に作用する薬などが処方され継続して服用されていることも多いかと思います。複数の薬効が多量に重なると身体に対して悪影響が生じやすく大変危険ですので御注意ください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合生薬の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談する