子供の消化不良に「銭氏白朮散」

銭氏白朮散(ぜんしびゃくじゅつさん)とは、虚弱体質で体力がない方や子供を対象とした漢方薬で、消化不良や風邪をひいた際の下痢や嘔吐の症状に対して用います。
胃腸機能を改善すると共に消化吸収を補助し、体質の改善を目的として使用します。

配合されている生薬は以下の通りです。

茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(※精神を安定させる)作用などがある。
葛根(かっこん) ……解肌(※発汗)作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用、潤筋(※筋肉の緊張を緩和させる)作用、止瀉(※下痢止め)作用、止渇作用などがある。
人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
木香(もっこう) ……鎮痛作用、整腸作用、抗菌作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
藿香(かっこう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、止瀉作用、解熱作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります。

葛根など風邪の初期症状の緩和に効果が高いとされる生薬や、整腸作用など食物の消化吸収を補助する生薬を多く配合されており、弱った体調を整える効果が高い配合となっています。加えて、下痢止め作用や体内の水分量の調節作用といった点にも優れています。

銭氏白朮散とは何の症状に効く漢方薬なのか

銭氏白朮散の効能は主に虚弱体質で体力がない方や子供を対象とし、消化不良や風邪をひいた際の発熱、下痢、嘔吐などの症状に対して用いられます。印象としては消化器に関わる異常が強い場合に用いる風邪薬、胃腸薬と考えるとわかりやすいと思います。

虚弱体質の方を対象とした風邪の漢方薬には他にも種類があります。代表的なものとして風邪の諸症状や肩こり筋肉痛が強い方に用いられるものとして「葛根湯(かっこんとう)」や「桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)」、風邪の後期症状やぜんそくに対して用いられるものとしては「小柴胡湯(しょうさいことう)」、胸苦しさや胃炎など炎症症状の強い方には「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」などが挙げられます。ご使用の際には医師や薬剤師と相談し、症状に合わせた漢方薬を選ぶようにしてください

銭氏白朮散とはどのように使うものか

銭氏白朮散を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、子供の消化不良に用いる場合には使用量に注意が必要です。子供以外に用いる場合であっても、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

「漢方薬でうがい」は痛い口内炎にも効く

漢方とは自然の生薬(しょうやく)のいくつかを組み合わせたものです。

内服薬として使用される漢方は”うがい”としても効果を発揮しています。

患部に直接作用

漢方の自然の生薬が出す独特な風味は苦手な人も多いでしょう。

しかし口腔粘膜、喉の粘膜、口内炎等の患部に漢方薬を直接当てることでより治療効果が期待できます。

これはボクサーがうがいをしただけで体重が増えてしまうのと同様に、患者さんもうがいをするだけで患部から薬が直接吸収されるためです。

漢方薬はうがいをした後にそのまま飲みこめばより効果が期待できます。

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

体力が普通以下の人に向く処方です。
のぼせ気味で、咳き込んで顔が赤いことも使用目安にあります。

のどを潤して咳もしずめる作用があります。
痰の少ない乾咳やねばりけのある痰をともなう咳、喉や口が乾燥してイガイガ感のあるときに用います。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

体力が普通以下で冷え性の人によく用いられます。
一般的には高齢者等の体力が低下していて顔色もすぐれない人にに向きます。

へそから下の下腹部がふにゃふにゃして力がないことも使用目安です。

体の弱った機能を元気にして、足腰や泌尿生殖器等の下半身の衰えにも効果があります。

具体的には足腰の痛みやしびれ、腎機能低下に伴う夜間頻尿、性機能低下、乾燥肌の痒み・湿疹、そのような症状を伴う前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。

加味逍遥散(カミショウサン)

せっかちで気分の変動が多い人で、便秘気味の方によく用いられます。

血の不足を補い血液循環を良くして体を温めて、のぼせなどの上半身の熱には新陳代謝が活発になることでさまします。
他にも痛みをやわらげて、無駄な水分を取り除き滋養作用をもつ生薬なども配合されています。

女性向けで虚弱体質で疲れやすく、イライラや不安感を持ちやすい人にも最適な漢方は、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。

具体的にはニキビ、便秘、肩こり、イライラ・不安感、手足の冷え、のぼせ、生理不順・生理痛、頭痛、肩こり、けん怠感、不眠、神経症、更年期障害、自律神経失調、月経前緊張症などにも効果があります。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

体力があり暑がりやのぼせ気味、また血圧が高めの人に向く処方です。
熱がこもったような赤黒い顔色や下腹部の圧痛も目安にあります。

熱を冷ます作用が冷え性の人には不向きの漢方薬です。

体の熱や炎症をとって機能の亢進をしずめます。
具体的にはほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、鼻血等の出血、高血圧にともなう頭重感や肩こり・耳鳴り等にも適応します。

甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)

みぞおちにつかえた感じがある人に向く処方です。
胃腸の機能が低下している人の消化不良や吐き気、食欲減退、口臭、気分がすぐれないときにも効果があります。

甘草湯が痛くて食事も大変なときの口内炎に効果があります。

口内炎の痛みの元のプロスタグランジンという物質は、生薬の黄ごん(おうごん)等が産生を抑制して口内炎の症状を軽くしてくれます。
また、黄連(おうれん)の強い抗菌作用等が口内の上皮細胞の修復をにも効果があります。

さいごに

口内炎等のうがいに使用できる漢方薬は、症状の他にも体質・体調も総合的に判断して選びましょう。

抗ガン薬を使用している患者さんの治療にも甘草瀉心湯等の漢方薬は向きます。