清湿化痰湯とはどんな漢方薬なのか

清湿化痰湯(せいしっけたんとう)とは背中に悪寒があるときの神経痛、関節痛、筋肉痛といった症状に使われる漢方薬です。

配合されている生薬は以下の通りです。

半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用、鎮痙作用などがある。
羌活(きょうかつ)……解熱作用、抗菌作用、鎮痛作用などがある。
白芥子 (びゃくがいし)……温裏(※寒さを散らす)作用、鎮咳作用、去痰作用、止痛作用などがある。
天南星(てんなんしょう)……去痰作用、鎮静作用、鎮痙作用、抗腫瘍作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
白芷(びゃくし)……解表(※発汗)作用、止痛作用、止帯(※下り物を止める)作用、排膿作用、抗菌作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(精神を安定させる)作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります。

身体を温める作用のある生薬、滋養強壮効果の高い生薬、胃腸の機能を調整する生薬らが配合されており、弱った身体機能を回復させ体調を改善させることを目的としています。

清湿化痰湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

清湿化痰湯は主に背中に悪寒があるときの神経痛、関節痛、筋肉痛といった症状に適するといわれています。寒さに対して筋肉が熱を発しようと収縮し、それが凝りとなって痛みに繋がってしまったような状態などに適しています。また、清湿化痰湯は夏バテや夏瘦せなどの際にも使われることがあります。

ただし、夏場に悪寒や関節痛といった症状が出た場合には熱中症を疑う必要もあります。熱中症はめまいや立ちくらみ、心拍数の上昇、吐き気、頭痛といった症状が代表的ですが、熱中症で高まった内熱を脳が寒いと錯覚してしまう状況下において、悪寒を生じることがあります。これは熱中症の段階でもかなり危険な域に達しているため、大至急医療機関で処置を受けてください。

他にも、悪寒と関節痛、筋肉痛といった症状に発熱が併発する場合、風邪やインフルエンザのウィルスに感染している可能性が高いです。特にインフルエンザ感染であった場合は通常の市販薬では対応が難しいです。悪化すると肺炎や多臓器不全といった重篤な状況に陥る場合がありますのでご注意ください。

清湿化痰湯とはどのように使うものか

清湿化痰湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。