ひどい咳で辛い風邪に「五虎湯」気管支喘息にも有効な漢方薬

五虎湯は、ぜいぜい言うような激しい咳が出る風邪に用いる漢方薬です。風邪の引き始めではなく、いよいよ症状が強くなってきたという時に用います。咳の他に汗をかき、口の渇きを訴え水を欲しがるという症状が出ている場合、五虎湯が有効です。「肺」を助ける生薬が多数含まれ、気管支を広げて熱を冷まし痰を出しやすくしてくれます。「麻杏甘石湯」に「桑白皮」を追加した処方であり、より肺の熱を去る作用に優れています。

強い生薬である麻黄や石膏が含まれているため、比較的胃腸が強く体力のある方に使用します。

風邪の他、気管支喘息がひどい場合にも処方されることがあります。

五虎湯の生薬について

・麻黄(マオウ)…マオウ科マオウ、または同類植物の茎です。有効成分はエフェドリンといい、市販の咳止め薬にも広く使用されています。肺に作用し発汗、鎮咳、去痰作用を発揮します。

・杏仁(キョウニン)…アンズの種子です。咳・痰・喘息の薬になります。また大腸を潤し便通をよくします。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥したもので、滋養の生薬として多くの漢方処方に配合されています。鎮痙、鎮咳、抗炎症、潰瘍修復、抗アレルギー作用を持ち、消化器官を補います。

・石膏(セッコウ)…天然の硫酸カルシウムです。漢方の代表的な「身体を冷やす」生薬で、強い消炎効果があり、熱性疾患や炎症を鎮めます。また利尿作用を持ち、口渇やむくみを改善します。

・桑白皮(ソウハクヒ)…クワの木の根の皮です。消炎、利尿、解熱、鎮咳作用があり、気管支炎や喘咳などに用います。

五虎湯の効能

熱が出て痰が粘り、ぜいぜいいうような咳が出る場合、漢方では風邪の邪気が「肺(生命エネルギーの元である気を取り込む臓器)」に入って肺を塞ぎ熱がこもっている状態と解釈します。この熱が体内の水分を奪うために痰の粘りや喉の渇き、腸内の乾燥による便秘などを併発させるのです。

五虎湯はこれらを解消する生薬を組み合わせた処方と言えます。

主薬である麻黄は交感神経刺激薬のエフェドリン類を含み、この成分が気管支拡張作用によって咳や喘鳴をおさえます。杏仁と桑白皮もそれぞれ鎮咳作用を持ち、肺を鎮め潤いをもたらす生薬です。石膏は麻黄を補助する立場にあり、熱性を持つ麻黄が働きすぎるのをおさえ、寒性によって肺にこもった熱を緩和します。また、甘草と組んで渇きを癒します。

こうして「現れている症状」である咳を急いで鎮めつつ、原因となっている肺の熱を取って身体を潤すことで風邪によって阻害された気の流れを取り戻し、治癒に導く仕組みです。

五虎湯の使用法

「湯」は煎じ薬の意味ですが、現在では濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分けて食前または食間、つまり基本的には空腹時に服用します。

五虎湯は清熱剤なので、お湯に溶かした後それを冷やして飲むと効果的です(これを「冷服」といいます)。

副作用などはあるか

麻黄に含まれるエフェドリンは交感神経刺激薬であり、高血圧や心臓病などの持病を持つ方には原則処方しません。使用する場合は必ず医師に相談します。

また麻黄や石膏は比較的強い生薬なので、胃が弱い人や体力のない人にも向いていません。

桃仁の成分、青酸配糖体の「アミグダリン」は過量投与で腹痛、下痢、胃腸障害が起こると言われています。また子宮を収縮させる作用や下腹部の充血作用があるので、下痢傾向の人、妊娠している人も服用を避けてください。

甘草に含まれる「グリチルリチン酸」もまた、過剰摂取によって「偽アルドステロン症」を起こすことがあります。むくみや高血圧の症状が出ないかよく観察し、心配があれば医師に相談してください。

のどが腫れて痛む扁桃炎に「小柴胡湯加桔梗石膏」

小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)とは、小柴胡湯(しょうさいことう)という、風邪の後期や胃腸の不調など多くの病気に汎用されている漢方薬に、咳やのどに対して効果の高い生薬である桔梗(ききょう)と石膏(せっこう)を加え、のどの腫れや痛みをやわらげる効果をより高めたものです。

配合されている生薬は以下の通りです。

柴胡(さいこ)……解熱作用、鎮静作用、解毒作用などがある。
半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
桔梗(ききょう) ……止咳作用、去痰作用、排膿作用などがある。
石膏(せっこう)……清熱作用、止渇作用、沈静作用などがある。

小柴胡湯は長く病院でも使われている信頼性の高い漢方薬です。そこに、桔梗、石膏を加えることでその効能をよりのどや口腔内の症状に対して特化させたこの漢方薬は、のどの痛みに対して非常に有効な作用の発揮が期待できます。

小柴胡湯加桔梗石膏とは何の症状に効く漢方薬なのか

小柴胡湯加桔梗石膏の効能は主に扁桃炎、扁桃周囲炎といった咽喉が腫れて痛む症状に用いられます。また、口の渇きや苦みなどの症状も緩和します。

扁桃炎とは、口腔内の奥にある扁桃(アーモンド)形の部位が炎症を起こしている症状を言います。この部位は通常、体内に侵入するウィルスや細菌を防ぐ役割があるのですが、疲労が溜まっているときや体調を崩しているときなど身体の抵抗力が衰えていると、そのウィルスや菌に侵され炎症を起こしてしまいます。そして扁桃炎になると、強いのどの痛みだけでなく発熱や全身倦怠感、身体の節々の痛み、頭痛といった症状が現れます。

さらに、原因となったウィルスや菌に加え、嫌気性菌という空気を嫌う菌の浸食が口腔内で広がると、扁桃周囲炎と呼ばれる病態となります。
これは扁桃炎の症状がより酷くなったもので、非常に強い咽頭痛に食べ物や水を飲み込むときの嚥下痛を生じるようになってしまいます。
この扁桃周囲炎がさらに悪化、潰瘍化し、内部に膿が溜まった状態は扁桃周囲膿瘍と呼ばれます。ここまで状態が悪くなってしまうと服薬のみでの治療は難しいため、外科処置によって膿を排出する処置をとることになるかと思います。

小柴胡湯加桔梗石膏とはどのように使うものか

小柴胡湯加桔梗石膏を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

血圧へ影響を与える生薬が配合されているため、高齢者や持病のある方は注意が必要です。また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

口腔内が荒れているときに「清熱補気湯」

清熱補気湯(せいねつほきとう)とは、「熱を冷まして気(※東洋医学における身体のエネルギー)を補う」という意味をもった漢方薬です。その効能は胃腸の弱った方を対象として、舌・口腔内の荒れや痛み、口内炎といった症状の緩和・改善に用いられます。

配合されている生薬は以下の通りです。

人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
麦門冬(ばくもんどう)……強壮作用、解熱作用、清熱作用、鎮咳作用、去痰作用などがある。
当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、補血作用、止痛作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾作用、安神作用などがある。
升麻(しょうま)……解表(※発汗)作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用、清熱作用などがある。
五味子(ごみし)……止咳作用、止渇作用、滋養作用、固精(※精力を留める)作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
玄参(げんじん)……滋陰(※潤い、冷やす)作用、清熱作用、除煩(煩躁状態の改善)作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります。

滋養強壮、胃腸の状態改善、消化吸収機能の改善などに優れた生薬と、熱を取り冷やし、痛みを止める作用に優れた生薬などが組み合わさって配合されています。患部の痛みを取ることよりも胃腸を中心とした身体の状態を改善させることを第一と考えた漢方薬といえるかと思います。

清熱補気湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

清熱補気湯の効能は主に胃腸の弱った方の口腔内の症状に対して用いられます。
口腔内の痛みや荒れ、口内炎によく使用される漢方薬ですが、その効能は胃腸の状態を改善させることによって口腔や舌の症状を治療するというものです。症状によって、痛みがない場合であっても味覚障害などに使用されることがあります。

東洋医学において口と胃腸は深い関係があると考えられています。口周辺に異常が生じるのは胃腸の調子が悪いというサインであり、摂取する食事を制限するためだともいわれています。つまり、口腔内の異常を治すにはまず胃腸を治すという漢方薬が清熱補気湯なのです。

なお、口内炎を治療する漢方薬は他にも種類があります。急性の口内炎には「加減涼膈散(かげんりょうかくさん)」、慢性の口内炎には「甘露飲(かんろいん)」などが有名です。使用の際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合ったものを選択してください。

清熱補気湯とはどのように使うものか

清熱補気湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。