折衝飲とはどんな漢方薬なのか

折衝飲(せっしょういん)とは月経痛、月経不順、妊娠初期の痛みなど、婦人科疾患に対して幅広く活用されている漢方薬です。

配合されている生薬は以下の通りです。

牡丹皮(ぼたんぴ)……消炎作用、鎮静作用、鎮痛作用、駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用などがある。
川芎(せんきゅう)……駆瘀血作用、活血(※血の流れを良くする)作用、鎮静作用、鎮痛作用などがある。
牛膝(ごしつ)……駆瘀血作用、活血作用、通経(※月経を起こす)作用、利尿作用などがある。
桃仁(とうにん)……活血作用、排膿作用、潤腸作用、駆瘀血作用などがある。
当帰(とうき)……活血作用、補血作用、止痛作用、駆瘀血作用などがある。
延胡索(えんごさく)……活血作用、浄血(※血をきれいにする)作用、止痛作用、鎮痙作用などがある。
紅花(こうか)……活血作用、駆瘀血作用、止痛作用、抗菌・ウィルス作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
桂皮(けいひ)……発汗作用、止痛作用、解肌(※発汗)作用などがある。

中国医療において「瘀血(おけつ)」とは、体内の血が滞ることを意味しています。血の流れがスムーズに行われないと様々な不調が現れますが、女性の場合は生理痛や生理不順など月経に関わる疾患の原因だといわれています。折衝飲にはこの瘀血を改善する「駆瘀血」の作用に優れた生薬が多く配合されています。また、血流の改善や浄化作用を持つ生薬らはもちろんのこと、鎮痛作用、鎮痙作用をもつ生薬も組み合わせることで女性疾患の悩みに対して効果的に作用するとされています。

折衝飲とは何の症状に効く漢方薬なのか

折衝飲の効能は婦人科疾患に対して用いられます。主に経痛、月経不順、妊娠初期の痛みなどに用いられることが多いです。また、状態によっては子宮内膜症や子宮筋腫の治療にも用いられることがあります。

婦人科疾患に対して適応となる漢方薬は他にも種類があります。
身体の上方に熱感やほてりがあり、かつ冷え性という方に良いとされているものとして「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、貧血で冷え性があるという方には「(とうきしゃくやくさん)」、精神的ストレスが強く便秘を伴うといった方には「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」などが適しているとされています。どれも同じ婦人科疾患に用いられる漢方薬ではありますが、個人の症状によって適したものが変わります。使用する際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合わせて選択するようにしてください。

折衝飲とはどのように使うものか

折衝飲を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

胃腸に負担のかかりやすい生薬が配合されているため、胃腸の弱い方の使用には注意が必要です。また、折衝飲は妊娠中にも使用されることのある漢方薬ではありますが、妊娠中の使用に安全が確立されているわけではありませんので、服用時は医師や薬剤師とよく相談の上で判断を仰いでください。
また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思いますので、実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。