清肺湯とはどんな漢方薬なのか

清肺湯(せいはいとう)とは、「肺の熱を冷ます湯」という意味を持つ漢方薬です。気管支の炎症を鎮め、咳やのどの痛みを和らげると共に、粘りが強く切れにくい痰の排出を促して呼吸を楽にする効果を持っています。長引く咳症状、タバコの吸いすぎや疲れからくるのどの痛みや違和感など対して使用することで効果が期待できます。

配合されている生薬は以下の通りです。

麦門冬(ばくもんとう)……止咳作用、補陰(※臓腑の調節)作用、去痰作用などがある。
天門冬(てんもんどう) ……清熱作用、滋陰(※潤い、冷やす)作用、潤燥(※乾きを改善する)作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
山梔子(さんしし) ……清熱作用、除煩(※煩躁状態の改善)作用、消炎作用などがある。
竹筎(ちくじょ)……清熱作用、鎮吐作用、除煩作用などがある。
貝母(ばいも)……清熱作用、止咳作用、化痰(※痰を除く)作用、散結(※しこりや出来物を散らす)作用などがある。
桑白皮(そうはくひ)……止咳作用、利水(※体内の水の流れを正す)作用、消腫(※腫れ物を消す)作用、緩下(※緩やかな下剤)作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(精神を安定させる)作用などがある。
桔梗(ききょう) ……止咳作用、去痰作用、排膿作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
杏仁(きょうにん)……止咳作用、去痰作用、平喘(※呼吸の改善)作用、通便作用などがある。
五味子(ごみし)……止咳作用、止渇作用、滋養作用、固精(※精力を留める)作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、補血作用、止痛作用などがある。

抗炎症作用、咳を鎮める作用、痰の排出を促す作用のある生薬が多様に使われている配合です。また、体液の循環を整える作用や身体を温める作用がある生薬も使われおり、ただ咳やのどの症状を和らげるだけでなく、体調そのものも改善することでより良い効果を発揮できるよう作られています。

清肺湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

清肺湯の効能は主に気管支炎、長引く咳症状、切れにくい痰症状に対して用いられます。

気管支炎とは、タバコの吸いすぎや車の排気ガス、微生物の感染などによって口から肺への空気の通り道である気管支に炎症が起きた状態をいいます。気管支が炎症を起こすと、呼吸が苦しくなり痛みなどを生じるようになります。
清肺湯は気管支の炎症を鎮めることでふさがった気道を広げ、呼吸を楽にしてくれます。また、タバコの吸いすぎなどによって汚れた気管支を気道液の分泌を促すことで綺麗にし、痰の排出を容易にします。

清肺湯とはどのように使うものか

清肺湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

発現頻度は不明なものの、間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパシー、肝機能障害、黄疸といった副作用が生じる可能性があるとされています。
また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。