血流を良くして月経痛や生理不順を治す漢方薬「桂枝茯苓丸」

桂枝茯苓丸は駆瘀血(おけつ…血の流れが悪いこと)の代表的な漢方薬で、血行を良くして冷えや痛み、ほか様々な随伴症状を改善します。特に下腹部の気血の滞りを解消する働きがあり、主には生理不順や月経痛、不正出血に用いられますが、更年期障害による冷えのぼせやめまい、皮膚炎や蕁麻疹にも効果があります。

漢方の駆瘀血薬と言えば婦人科での利用が主であるように思われがちですが、桂枝茯苓丸は男性の肩こりやのぼせ、睾丸炎にも使われる漢方薬です。

補気の作用はあまりないため、比較的体力があり、赤ら顔の人に向いているとされています。

桂枝茯苓丸の生薬について

・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科ケイの樹皮です。身体を温めるハーブ、シナモンとして知られ、気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みを鎮めます。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科シャクヤク、または近縁種の根です。主に鎮静、鎮痛、筋肉の緊張緩和、冷えの緩和といった作用を期待して多くの漢方薬に配合されています。気が逆上してイライラしている場合にはその熱を冷まして落ち着け、筋肉が緊張して血流が滞り、それによって痛みが生じているような場合はそれらを緩和する、といった働きをします。補血、清熱の代表的な生薬です。

・茯苓(ブクリョウ)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたもので、体内の水分を調節する生薬です。利尿、滋養の作用があります。

・桃仁(トウニン)…モモの種子です。血行を良くして炎症を鎮めます。腹部の膨満と疼痛にも効果があります。腸を潤します。

・牡丹皮(ボタンピ)…ボタンの根皮を乾燥したものです。清熱の生薬で、血流を良くして炎症を鎮め、解熱し、鎮痛、鎮静、鎮痙作用を持ちます。また通経、排膿作用を期待されています。

桂枝茯苓丸の効能

人体には身体を動かすエネルギーである「気」や栄養を身体のすみずみまで運ぶ「血」がめぐっていますが、どちらかが少なくなったり流れが悪くなったりすると、1箇所だけの不調にとどまらず身体のあちこちに不調和を来して様々な不快な症状があらわれます。

桂枝茯苓丸は、「流れを良くする」作用を持つ漢方薬です。血のめぐりが悪くなった状態を改善します。

特に女性における瘀血状態の典型的症状が、生理不順や月経痛です。牡丹皮や芍薬、桃仁は血行を良くする作用を持ち、きちんと血がめぐるようにしてくれます。これによって体質的な月経痛や生理不順は大抵改善されるでしょう。また同時に肩こりやのぼせもすっきりさせてくれます。

血流が悪いことで水代謝も悪化していることが多いので、茯苓を用いて解消します。めまいや頭重が治ります。

また、動きのない血液は熱を持つため、皮膚に炎症を生じます。牡丹皮はその熱を冷まし、湿疹や蕁麻疹を鎮めます。そして桂枝が気の流れを良くして身体全体の調子を整えます。

桂枝茯苓丸の使用法

桂枝茯苓丸はもともとは丸薬で処方される方剤でした。丸剤とは米粉や蜂蜜で砕いた生薬を丸めたもので、作用が穏やかになります。ただし、今ではその成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

「下腹部の気血を流す」作用が強い漢方薬なので、妊婦の方には使用してはいけません。直ちに影響はないとされるものの、服用を続けると流産の恐れがあります。
また実証(体力充実)の方向けの処方になるため、虚弱な方が服用すると効果がないばかりか悪心や胃痛が現れることもあります。医師に証を見立ててもらった上で服用するようにしてください。

慢性的な偏頭痛に「呉茱萸湯」冷えを取って頭痛に効く漢方薬

呉茱萸湯は、「慢性的な偏頭痛やそれに伴う嘔吐」に用いられる漢方薬です。胃を温めてエネルギーや血液の流れを改善し、それによって頭痛をもたらしている「冷え」や「水毒」を取り除く働きをします。

西洋薬ほどその場の痛みをすばやく抑える力はありませんが、頭痛を起こす体質そのものにアプローチすることができ、地道に服用を続けることで完治を見ることも期待できます。胃を荒らすこともないため、鎮痛剤ではすぐに胃が痛くなる…という方でも安心です。

身体を温め弱った消化器官に力をつける生薬が集められており、体力がなく手足が冷える傾向の方に向いています。

呉茱萸湯の生薬について

・呉茱萸(ゴシュユ)…ミカン科の植物で、その未熟果を湯通しし干したものです。他の柑橘系の生薬と同じく温性で、健胃作用を持ち、肝や脾を温め痛みを取り除きます。また停滞した体内の水分を取り除く力にも優れます。

・人参(ニンジン)…チョウセンニンジン、コウライニンジンとも呼ばれ、滋養強壮の薬として名高い生薬です。高い疲労回復作用があります。その他新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でも身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。風邪の予防、胃の冷えによる嘔吐にも効果があります。

呉茱萸湯の効能

頭痛には、ギューっと締め付けられるような痛みが持続する「緊張型頭痛」、発作的に激しい痛みが発生し脈打つように痛む「偏頭痛」がありますが、呉茱萸湯はどちらかと言えば偏頭痛に用いられています。というのも、偏頭痛持ちには「冷え傾向」のある人が圧倒的に多く、呉茱萸湯がそれを改善してくれるからです。

実は呉茱萸湯は頭痛に直接作用するわけではなく、「胃の冷えを取る」漢方薬です。胃が冷え、消化吸収の働きが悪くなると、気血のめぐりが衰えて様々な不調となります。その不調のひとつが頭痛と考えるわけです。特に体質的なもので、嘔吐を伴う頭痛の場合、「頭痛が嘔吐を誘発している」のではなく、「嘔吐するほどに胃が冷え弱っていて、その冷えが側頭部に及んでいる」と漢方では解釈します。

そこで、呉茱萸が生姜と組んで胃を温め、気の巡りを正常に整えます。逆上しようとしていた気が落ち着くのでむかつきや嘔吐感が改善します。また、胃が冷えるとその近くにある「肝」も冷えるのですが、実はこの肝の冷えが、偏頭痛の重要な鍵なのです。

漢方的理論では、側頭部には「経絡(けいらく)」と言う気血の通り道があり、そこに冷えが侵入すると偏頭痛を起こすと言われています。じつはここが肝とつながっており、その影響を受けているのです。

胃が温まり、それによって肝も温まれば、経絡を通る冷えも解消されて頭痛が楽になります。

そして人参や大棗といった滋養強壮の生薬が胃を元気にして気を巡らす活力を底上げし、「頭痛を誘発する環境」そのものを改善していきます。

呉茱萸湯の使用法

頭痛が起きてしまってから頓服として使用しても、痛み止めとしての効果はあまり期待できません。習慣的に継続して服用するようにします。通常1日量を2、3回に分割し、空腹時に服用します。

大変苦い薬なので、湯に溶いて飲もうとすると辛いかもしれません。エキス剤をそのまま常温の水で服用するのが楽と言われています。

副作用などはあるか

呉茱萸湯は体を温め血行を良くすることで痛みを緩和する漢方薬です。よって、血管の膨張によって痛みが出ている偏頭痛に使用すると症状を悪化させますので注意します。判断のポイントは、「お風呂に入って楽になるかどうか」です。お風呂に入って楽になる頭痛なら、呉茱萸湯を適応できます。判断が難しければ医師・薬剤師に相談しましょう。

また、呉茱萸には子宮収縮作用があるため、妊婦の方には使用できません。

長引く鼻づまりや蓄膿症の解消に「辛夷清肺湯」

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は鼻炎、鼻づまり、蓄膿症といった鼻腔に関わる症状に対して用いられる漢方薬です。いくつか同じ生薬が使われており、名前も重なる漢方薬に「清肺湯(せいはいとう)」がありますが、こちらは主に気管支に関わる症状に用いられる漢方薬です。辛夷清肺湯の場合、辛夷(しんい)という解熱作用や排膿作用を持った生薬が中心となっており、鼻炎や鼻づまりの原因である炎症症状を抑え、溜まった膿を排出することにより鼻の通りを良くすることを目的としています。

配合されている生薬は以下の通りです。

辛夷(しんい)……解熱作用、鎮痛作用、排膿作用などがある。
知母(ちも)……清熱(※熱を冷ます)作用、瀉火(※過剰な熱を抑える)作用、去痰作用、 鎮咳作用などがある。
升麻(しょうま)……解表(※発汗)作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用、清熱作用などがある。
石膏(せっこう)……清熱作用、止渇作用、沈静作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
山梔子(さんしし) ……清熱作用、除煩(煩躁状態の改善)作用、消炎作用などがある。
枇杷葉(びわよう)……止咳作用、止嘔(※嘔吐を抑える)作用などがある。
麦門冬(ばくもんとう)……止咳作用、補陰(※臓腑の調節)作用、去痰作用などがある。
百合(ビャクゴウ)……止咳作用、潤肺作用、安神(※精神を安定させる)作用などがある。

鼻腔の不調改善で知られる辛夷を中心として、鼻の通りを良くする作用と余分な熱を取り炎症を抑える作用に優れた生薬が多く用いられています。これらの作用を重ね合わせることでより高い効果を生み出すよう配合された漢方薬です。

辛夷清肺湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

辛夷清肺湯の効能は主に慢性鼻炎、鼻汁の濃い鼻づまり、副鼻腔炎に対して用いられます。特に患部に対して痛みや熱感を覚える場合などに効果的だといわれています。
なお、水っぽい鼻水やうすい痰といった症状の場合には「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」などの漢方薬が適しています。

辛夷清肺湯の適応疾患のうち、日常であまり馴染みのない副鼻腔炎について簡単に解説したいと思います。
副鼻腔炎とは、鼻腔の奥や鼻から頭蓋骨内に通じている副鼻腔という空間にウィルスや菌などの影響により膿が溜まり炎症を起こした状態をさします。これが慢性化してしまった状態を慢性副鼻腔炎であり、いわゆる蓄膿症と呼ばれます。慢性副鼻腔炎の症状は鼻づまりや粘度の高い鼻汁の排出だけでなく、頭重感や頭痛を生じるなどします。また、鼻腔から耳孔へ繋がる管を通じてウィルスや菌が感染し中耳炎を発症することもあります。
治療には長い時間を必要とする病気で、酷い場合には手術を行う場合もあります。鼻炎などの異常が長引く場合には早めに医療機関で診察を受け適切な治療を受けるようにしましょう。

辛夷清肺湯とはどのように使うものか

辛夷清肺湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

初期を過ぎて吐き気がある風邪に用いる漢方薬「柴胡桂枝湯」

柴胡桂枝湯は、長引いた風邪、特に胃痛や吐き気など消化器症状を伴う感冒に使用される漢方薬です。風邪の漢方として著名な2つの漢方「小柴胡湯」と「桂枝湯」を合わせた処方で、両方の対応症状に使えることから適用範囲が広く、ドラッグストアなどでもよく販売されています。小柴胡湯より作用が穏やかなため、やや虚弱な人や小児にも用いることができます。

多くは腹痛のある胃腸炎(いわゆるお腹に来た風邪)、微熱、悪寒、頭痛などに対応し、「長引いていると風邪に」と紹介されていますが、「肝」や「肺」の炎症や熱を抑える作用もあり肝機能障害や自律神経障害などにも効果を表します。

柴胡桂枝湯の生薬について

・柴胡(サイコ)…亜急性期の解熱、解毒、鎮痛、鎮静に使われる代表的な生薬です。寒性で、熱を冷ます性質を持ちます。

・桂皮(ケイヒ)…身体を温めるハーブ、シナモンとして知られ、気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みを鎮めます。

・黄芩(オウゴン)…肺と大腸の熱を冷まし消炎・解熱に働く生薬です。

・半夏(ハンゲ)…鎮嘔、鎮静、鎮咳作用を持ち、湿気を取り除きます。

・芍薬(シャクヤク)…鎮痛、鎮痙作用があり、筋肉の緊張を和らげて痛みを取ります。

・人参(ニンジン)…いわゆるチョウセンニンジンで、滋養強壮の薬として名高い生薬のひとつです。高い疲労回復作用があります。新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でも身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

柴胡桂枝湯の効能

風邪のひき始めの悪寒や微熱を治す「桂枝湯」と、長引いてこじれてしまった風邪を治す「小柴胡湯」を合わせた効能を持った漢方薬と言えます。中医学には、風邪は身体の表面(表)から消化器官(裏)に向かって進行してくるという考え方があり、桂枝湯は風邪が「表」にある時、小柴胡湯は風邪が「裏」に入りかかった状態の時用います。つまり、その過渡期に使うのが柴胡桂枝湯です。風邪の初期に対応をし損ねてしまい、吐き気や腹痛なども出始めた時に効果があります。

主薬は柴胡と桂枝です。柴胡は進行した風邪が消化器官に起こす炎症や、肝臓の炎症を冷やし落ち着けます。桂枝は発散させる力が強く、体表近くに止まっている風邪の邪を汗によって追い出します。半夏は胃内の水分量を調整し、つかえ感や吐き気をおさえ、芍薬は痛みを緩和します。そして滋養強壮の人参、甘草、生姜、大棗が弱った消化器官に気力を補い守って、病気と闘う体力をつけてくれます。

柴胡桂枝湯の使用法

「湯」は煎じ薬の意味で、元来生薬を煮出したものを服用していましたが、現在では濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

甘草を含む処方なので、生薬特有の副作用である「偽アルドステロン症」に注意します。むくみや高血圧などがおこる場合があります。

インターフェロンとの併用は「禁忌」とはされていませんが、ベースは小柴胡湯であるため、経過には気をつけて用います。

その他、服用して発疹や胃の不快感、下痢などが現れた場合は早めに医師に相談してください。