蘇子降気湯とはどんな漢方薬なのか

蘇子降気湯(そしこうきとう)とは虚弱体質で体力のない方、足が冷えやすく顔がのぼせやすい方を対象とした気管支炎やぜんそくに使う漢方薬です。痰などによる呼吸困難が強い症状に対して用いられます。胃腸への刺激が強い生薬が使われていないため、胃腸の弱い方にも使いやすいものとして重宝されています。

配合されている生薬は以下の通りです。

紫蘇子(しそし)……解熱作用、鎮咳作用、健胃(※胃の機能を正常にする)作用、潤腸作用、利尿作用などがある。
半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
紫蘇子(しそし)……解熱作用、鎮咳作用、健胃作用、潤腸作用、利尿作用などがある。
前胡(ぜんこ)……解表(※発汗)作用、止咳作用、去痰作用などがある。
桂皮(けいひ)……発汗作用、止痛作用、解肌(※発汗)作用などがある。
当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、補血作用、止痛作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
厚朴(こうぼく)……整腸作用、健胃作用、去痰作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。

咳を和らげ、痰の排出を促す作用に優れた生薬と、身体を温める作用に優れた生薬とが組み合わさった漢方薬です。胃腸にも優しい配合となっているため、虚弱体質の方や胃腸の弱い方の使用にも適しています。

蘇子降気湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

蘇子降気湯は虚弱体質で体力のない方、足が冷えやすく顔がのぼせやすい方を対象としています。その効能は主に慢性気管支炎、ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患といった呼吸器疾患や、風邪のあとに残った咳や痰の改善に用いられます。

気管支炎とは、タバコの吸いすぎや車の排気ガス、微生物の感染などによって口から肺への空気の通り道である気管支に炎症が起きた状態をいいます。本来であれば気管に侵入した異物は痰と共に排出されるのですが、気道に炎症が起きると気管支の機能が低下し異物をスムーズに排出できなくなってしまいます。そうして気管支や肺に汚れが留まり続けるようになり、頻繁に咳や痰が出るようになってしまうのです。
蘇子降気湯は身体を温め痰の排出を促す効果に優れており、痰の除去を促すことで呼吸を楽にする効果を持っています。

なお、気管支炎に対して用いられる漢方薬は他にも多くあります。蘇子降気湯は白い痰が出る場合に用いますが、黄色い痰が多く出るといった症状の場合は「五虎湯(ごことう)」、水様性の痰が出る場合は「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」や「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」、痰が少なく空咳が多い場合には「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」といったようにそれぞれ適応となる疾患と漢方薬が異なります。使用の際には医師や薬剤師と相談し、症状に合った漢方薬を選択してください。

蘇子降気湯とはどのように使うものか

蘇子降気湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。