五物解毒散とは

五物解毒散は、慢性的な痒みを伴う湿疹、化膿性の皮膚炎などに用いられる漢方薬です。ドクダミである「十薬」の解毒・消炎作用を活かすこの処方は日本で生まれました。ドクダミは古来より単独でも民間薬として用いられ、その作用は生薬名通り十指にあまる優れた薬効を示します。

五物解毒散は他にも熱毒を去り炎症を鎮める生薬を多数組み合わせ、滲出液があり、赤黒く変色しているような皮膚の状態を改善します。

五物解毒散の生薬について

・川芎(センキュウ)…セリ科のセンキュウという植物の根が原料です。活血行気の効能があり、血流を改善して血が滞ることによって起こる頭痛や疼痛を和らげます。また爽やかな香りによって気うつを晴らします。

・金銀花(キンギンカ)…スイカズラの開花直前のつぼみを乾燥したものです。清熱解毒の作用があり、肺や皮膚の熱を取り去ります。抗菌作用や抗ウィルス作用も持ち、急性胃炎などにも用いられる生薬です。

・十薬(ジュウヤク)…健康茶としてもお馴染みの「ドクダミ」のことで、十もの効能がある…という意味から十薬と呼ばれています。清熱、解毒、利水作用があり、肺炎や気管支炎に用いられるほか、肺とつながり深い皮膚のにも作用して腫れ物、痔などに有効です。

・大黄(ダイオウ)…タデ科の植物の根茎を用います。清熱・消炎作用を持ち、急性腸炎・細菌性下痢に有効です。熱を持った胃腸を冷まし、便通を改善します。

・荊芥(ケイガイ)…ケイガイアリタソウという植物が原料です。解表発散の作用を持ち、体表の邪を払います。そのため風邪や皮膚上の病変に効果的です。薬効としては、発汗・解熱、消炎、止血、抗菌作用となります。

五物解毒散の効能

皮膚の腫れや発疹、ただれといった症状は、皮膚に熱がこもり発散できずに留まっている「熱毒」です。また、患部が赤黒くなるのは血の流れが滞っている=「瘀血」の状態と漢方ではとらえます。五物解毒散は、この「熱毒」と「瘀血」を改善してくれる漢方薬です。

主薬は十薬と金銀花で、どちらも清熱と解毒、排膿の働きを持ち、まず大きな原因である「皮膚の内側の熱毒」を取り去ります。荊芥は発散作用をもってその作用を助け、大黄は瀉下作用によって腸内に発生した毒を排泄するよう働きかけます。そして川芎が血の流れを正常に戻し、患部に熱が留まらないよう身体の状態を整えます。

まさに「五物」が一緒に働くことで、体内にこもってしまった毒を「解毒」してくれるというわけです。

五物解毒散の使用法

「散」は砕くという意味で、この字がつく漢方薬は原料の生薬を薬研で砕いたものをそのまま服用する方法を取っていました。が、現在では成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分けて食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

配合されている生薬のうち「大黄」は下剤様の作用を持つため、胃腸が弱く下痢をしやすい人には慎重に使用します。

また子宮収縮作用があるため妊産婦の方・生理中の方への使用は避けるのが好ましいとされています。大黄の成分は乳汁中にも移行するため、授乳中の方も服用もできません。

その他の場合でも本剤を服用して身体に異変を感じた場合は医師・薬剤師に相談しましょう。