調胃承気湯とはどんな漢方薬なのか

「調胃」とは読んで字のごとく胃の調子を整えることを意味します。そして「承気」とは東洋医学における身体のエネルギー「気」を全身に巡らせるという意味の言葉です。
つまり調胃承気湯(ちょういじょうきとう)とは身体の気の流れを整えることで胃腸の働きを改善させる漢方薬という意味となります。

配合されている生薬は以下の通りです。

大黄(だいおう)……瀉下(※水などを注ぎくだす)作用、清熱作用、活血(※血の流れを良くする)作用、駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用などがある。
芒硝(ぼうしょう)……清熱作用、通便作用、利尿作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用、毒性の緩和作用などがある。

大黄と芒硝はどちらも便秘症に対して非常に効果のある生薬です。対して、甘草はこれらの作用が効き過ぎてしまうのを抑える作用を持った生薬になります。さらに甘草には便秘症による腹痛や排便痛を緩和させる効果も期待できます。
調胃承気湯は、大承気湯(だいじょうきとう)、小承気湯(しょうじょうきとう)と合わせて三承気湯と呼ばれる漢方における便秘薬の代表格ですが、3つの承気湯の中では比較的効果のやさしい部類の漢方薬となっています。

調胃承気湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

調胃承気湯の効能は主に便秘症や腹部膨満感。小児の食あたりなどに用いられます。同じ便秘薬である大承気湯や小承気湯では痛みが生じてしまうという方は調胃承気湯の服用が適しているでしょう。

では便秘症とはどういったものか簡単に御説明します。
国際消化器病学会では「排便回数が週3回未満」「硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)」といった定義をされています。便秘の定義は他にも諸説ありますが、便通のサイクルが長くなっていること、便が硬く残便感が残ることなどある程度共通しています。
便秘は生活習慣の乱れやストレスなどが要因となって起こることが多いものですが、ときに腸閉塞や大腸がんなどの重篤な病気が原因であることもあります。
発熱や激しい腹痛を伴うような場合には病院で診察を受けるようにしてください。

調胃承気湯とはどのように使うものか

調胃承気湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

調胃承気湯は比較的体力のある方を対象とした漢方薬です。胃腸の弱い方や体力のない方が服用した場合、激しい腹痛や下痢症状を引き起こす可能性があります。

また、他の薬との併用した場合、薬の効果が強く表れてしまう可能性があるため危険です。

女性の場合、大黄の副作用として子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められており、妊婦さんが多量に服用した場合に流早産の危険が生じる恐れがあります。さらに、授乳中の方の場合ですと母乳から生薬成分が流れ、乳児が下痢を起こしてしまうことがあります。
処方を受ける際に医師や薬剤師に御自身の現在使っている医薬品について、妊娠の有無と授乳の有無についてしっかりとお伝えした上で使用について判断を仰いでください。。
上記に当てはまらない場合であっても、個人によっては体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

硬い便への強力便秘薬「大承気湯」

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)、大承気湯(だいじょうきとう)、小承気湯(しょうじょうきとう)。
これら3つの漢方薬は三承気湯と呼ばれる漢方における便秘薬の代表格です。
「承気」とは東洋医学における身体のエネルギー「気」を全身に巡らせるという意味の言葉です。すなわち、身体の気の流れを整えることで胃腸の働きを改善させる漢方薬と言われています。
三承気湯の中で、大承気湯は特に強い薬であるとされています。使用には充分な体力がある方が適しているとされており、身体の弱っている方や痩せている方には向いていない漢方薬です。しかし充分な体力と体格を有している方で、頑固な便秘に悩まれている場合においては有効な漢方薬といえるでしょう。

配合されている生薬は以下の通りです。

大黄(だいおう)……瀉下(※水などを注ぎくだす)作用、清熱作用、活血(※血の流れを良くする)作用、駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用などがある。
枳実(きじつ)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、通便作用、化痰(※痰を除く)作用などがある。
厚朴(こうぼく)……整腸作用、健胃作用、去痰作用などがある。
芒硝(ぼうしょう)……清熱作用、通便作用、利尿作用などがある。

配合されている生薬は三承気湯のひとつ小承気湯に芒硝が加えられたものです。胃腸の調子を整える生薬と下剤効果を持つ生薬とを合わせた配合ですが、便の水分含有率を高める効果を持つ芒硝を加えることでかなり強力な下剤となっています。

大承気湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

大承気湯の効能は主に腹部に強い張りのある便秘や食あたり、高血圧、神経症のある方に対して用いられます。ここでの神経症に対する作用は精神安定剤といったものではなく、大腸など消化器官のバランスを整えることによってそこへ関連する自律神経を整えることを目的にしていると考えられます。便秘症によって乱れた精神状態を便秘症の改善によって整えるという訳です。

便秘症とはどういったものかについても簡単にご説明します。
国際消化器病学会では「排便回数が週3回未満」「硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)」といった定義をされています。便秘の定義は他にも諸説ありますが、便通のサイクルが長くなっていること、便が硬く残便感が残ることなどある程度共通しています。
便秘は生活習慣の乱れやストレスなどが要因となって起こることが多いものですが、ときに腸閉塞や大腸がんなどの重篤な病気が原因であることもあります。
発熱や激しい腹痛を伴うような場合には病院で診察を受けるようにしてください。

大承気湯とはどのように使うものか

大承気湯を煎じたものを食間あるいは食前に服用します。なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。
なお、体力のない方や乳幼児、妊婦さんや授乳中の方は使用の際に必ず医師に相談するようにしてください。

副作用はあるのか

大承気湯は体力が充分にある方を対象とした漢方薬です。胃腸の弱い方や体力のない方が服用した場合、激しい腹痛や下痢症状を引き起こす可能性があります。

また、他の薬との併用した場合、薬の効果が強く表れてしまう可能性があるため危険です。

女性の場合、大黄の副作用として子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められており、妊婦が多量に服用した場合に流早産の危険が生じる恐れがあります。さらに、授乳中の方の場合ですと母乳から生薬成分が流れ、乳児が下痢を起こしてしまうことがあります。
処方を受ける際に医師や薬剤師に御自身の現在使っている医薬品について、妊娠の有無と授乳の有無についてしっかりとお伝えした上で使用について判断を仰いでください。。
上記に当てはまらない場合であっても、個人によっては体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。