桂枝加苓朮附湯

熱や痛みを発散する風邪薬「桂枝湯」に茯苓・白朮・附子を加えた、神経や関節の痛みに効果がある漢方薬です。配合されている生薬は以下の通りです。

・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科の幹または樹皮を乾燥したものです。健胃、発汗、鎮痛、整腸作用があり、身体を温め血行を改善します。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科のシャクヤクの根の部分を使います。鎮痛、鎮痙作用があり、内臓の痙攣や収縮をおだやかにすることで痛みを和らげます。

・茯苓(ブクリョウ)・・・サルノコシカケ科の菌類、マツボドを輪切りにしたものです。利尿作用、鎮静作用、健胃作用があり、水液代謝を調節して不要な水分を排泄します。

・白朮(ビャクジュツ)…オケラまたはオオバナオケラの根茎です。健胃作用、強壮作用、止瀉作用、利尿作用があり、胃腸の強壮薬の代表的な生薬です。
(白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)が用いられることもあります。同じく健胃作用をもちますが、利尿など水分代謝への効果のほうが主になります)

・附子(ブシ)…カラトリカブトまたは近縁植物の塊根です。利尿、鎮痛、鎮静作用があり、身体を温め、新陳代謝を活発にします。神経痛・リウマチの特効薬。

・生姜(ショウキョウ)…ショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。鎮静作用があり、身体を温め、心を落ち着かせます、他の生薬の作用を穏やかにします。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

もともと温熱作用に優れる「桂枝湯」の生薬が体力や気力の減った身体にエネルギーを補充し、茯苓が体内の余分な水分を排出させます。附子は身体を温める作用と痛み止めの効果をあらわし、白朮・蒼朮がそれを補助します。

「足りないものを補う」ばかりでなく、身体に滞っている余分なモノを出すという働きをするところが特徴です。

桂枝加苓朮附湯はどんな症状に効く漢方薬なのか

「桂枝加朮附湯」と同じく、神経痛やリウマチの治療薬として処方される薬です。

リウマチは関節に痛みとこわばりが起こり、季節の変わり目や雨の多い時期に悪化して次第に関節の変形や歩行困難などを生じる病気です。これらは自己の免疫が過剰になって、自分のたんぱく質や細胞まで攻撃してしまう、という状態が引き起こしている症状なのですが、漢方薬ではこうした免疫・自律神経の乱れは「気・血・水の乱れ(エネルギーや血液循環、代謝の総合的なバランスの異常)」と考え、とくに水毒がたまり、血が滞っていることが関節痛を起こすとして、それを取り除くような処方を考えます。

「桂枝加苓朮附湯」は、同じく神経痛・関節痛の漢方薬である「桂枝加朮附湯」に利尿作用の働きが強い茯苓を加え、水毒排出の効果をさらに高めた漢方薬と言えます。

体力が弱り、冷え傾向となっている身体を桂枝湯の構成生薬が力づけ、同時に附子が強力に痛み止めとして働きつつ、痛みの原因となっている冷えを除きます。そしてもう一方の原因、水毒を茯苓が排除します。その結果、辛い神経痛・関節痛を引き起こす原因がなくなり、症状に改善をもたらすという仕組みです。

ちなみに構成生薬のひとつである白朮は、蒼朮で代用されていることがあります。白朮はどちらかといえば強壮作用が強く、蒼朮は利尿・発散作用のほうが主です。どちらの処方によるものを用いるかは、医師の判断によって変わります。

桂枝加苓朮附湯の使い方

名前に「湯」が付くとおり、桂枝加苓朮附湯も元は煎じた湯を服用する薬です。しかし、現在ではそれを濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流となっています。煎じる手間がなく、手軽に服用を続けられます。

医師に処方された1日量を2~3回に分けて食前または食後に服用します。

副作用などはあるか

基本的には、医師の指示に従って服用する限りは重篤な副作用の心配はありません。

ただし、配合中の「附子」はトリカブトのことであり、有効成分である「アコニチン」は摂取しすぎると動機やのぼせ、舌のしびれや不整脈を起こす恐れがあるので、用法・用量を無視した服用は避けましょう。

また「甘草」の成分「グリチルリチン酸」も過剰摂取により「偽アルドステロン症」が起こすと言われています。他服用している薬がある時は重複がないか成分をチェックし、医師に相談してください。

温める作用の強い漢方薬なので、もともと「熱証(体温が高く暑がりだったり、身体の表面に炎症があったりする)」の人に用いるのは避けるべきです。

神経症を伴う喘息や胃炎に「四逆散」肝を整える漢方薬

四逆散は、精神症状を伴う気管支喘息、胃腸疾患、胆石、胆嚢炎に用いられている漢方薬です。「風邪薬」としての認識が強い「小柴胡湯」とその強化版「大柴胡湯」の中間と言える生薬構成であり、炎症性が強い疾患に用いられます。体力の実虚はあまり問いませんが、神経質な側面があることと、手足に冷えのあることが使用目標です。

というのも、漢方名の「四逆」は「四肢の逆冷」という意味。通常炎症が起こるのは「体内の熱が過剰になっている」サインでもあり、身体が熱を持つ傾向があるのですが、炎症が起こっているのに四肢が冷えるという場合があります。そうした状態に四逆散が適しているとされています。

ちなみにドラッグストアでは「四逆湯」という漢方薬も販売されていますが、名前はよく似ているものの全く違う処方のものです。

四逆散の生薬について

・柴胡(サイコ)…セリ科ミシマサイコまたは同属植物の根です。有効成分である「サイコサポニン」にはステロイド様の作用があり、免疫の過剰反応を抑えます。熱病における亜急性期の解熱、解毒、鎮痛、鎮静に使われる代表的な生薬です。寒性で、熱を冷ます性質を持ちます。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科シャクヤク、または近縁種の根です。「涼」の性質を持ち、身体にこもった熱が悪さをしている状態の時、それを冷ます力があります。また苦味・酸味を持ち、筋肉や神経を司る「肝」、血流を司る「心」に働きます。こうした特性から、主に鎮静、鎮痛、筋肉の緊張緩和、冷えの緩和といった作用を期待して多くの漢方薬に配合されています。気が逆上してイライラしている場合にはその熱を冷まして落ち着け、筋肉が緊張して血流が滞り、それによって痛みが生じているような場合はそれらを緩和する、といった働きをします。補血、清熱の代表的な生薬です。

・枳実(キジツ)…ミカン科ダイダイの未熟な果実を乾燥させたものです。体をめぐるエネルギーの流れをよくする働きがあり、それによって各臓器の働きの鈍りを解消します。水分代謝のバランスを調節したり、消化機能を促進したりします。有効成分の一つ、ヘスペリジンは毛細血管の強化、血流改善効果、抗アレルギー作用などを持ちます。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。ありとあらゆる漢方処方に配合されている重要な生薬で、主な薬効は鎮痛、鎮咳、去痰、解熱、消炎、鎮静、健胃、強壮となり、痛みを鎮めつつ気力体力をつけてくれることから病中病後の弱った身体への処方には欠かせません。補虚・補気(滋養強壮)の代表的な生薬です。有効成分はグリチルリチンといい、西洋医療で抗炎症薬、抗アレルギー薬として応用されています。

四逆散の効能

肝(主に肝臓にあたり、血と情緒をコントロールする)の気の流れを正して血流をよくすることで、表にあらわれた不調を改善しようとする処方です。肝はストレスに弱く、生命エネルギーである「気」をすぐに消耗してしまう器官でもあります。気の流れが悪くなると、もともと熱の性質をもつ肝はすぐに加熱し、その熱が胆嚢炎や胆石を生じます。また、血の巡りのコントロールが悪くなり、手足に血液がいかなくなって冷えを生じます。精神的に不安を生じたりイライラしたりするのも肝の不調です。情緒は肝と深くつながっており、その熱は感情にも伝わってヒステリーを起こしたりします。

柴胡は肝に働く寒性の生薬です。熱を去り、気の流れをよくします。また活血作用を持つ芍薬が血の不足を補い、血流を改善して冷えを取ります。

肝に不調が出ると、隣り合う臓器である「脾(消化機能)」の働きも悪くなってしまい胃腸炎を起こすことがあるのですが、枳実や甘草が胃腸に作用し、気の鬱滞を晴らして消化機能を守り促進します。

四逆散の使用法

成分を濃縮乾燥させたエキス剤による処方が主流です。1日量を2、3回に分け、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

医師の指示にしたがって服用する限りは重篤な副作用の心配はほとんどありません。ただし甘草を含む処方なので、生薬特有の副作用であるの「偽アルドステロン症」に注意します。むくみや高血圧などがおこる場合があります。その他、服用して発疹や胃の不快感、下痢などが現れた場合は早めに医師に相談してください。