小半夏加茯苓湯

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)とは妊娠したことによるつわり症状に対して用いられることが多い漢方薬ですが、それ以外にも吐き気や悪心などの症状がある病気に対しても用いられています。

配合されている生薬は以下の通りです。

半夏(はんげ)……止嘔(※嘔吐を抑える)作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮吐作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(※精神を安定させる)作用などがある。

半夏と生姜は吐き気を止め、胃の働きを正常にする作用を持った生薬です。この2つの生薬を合わせた漢方薬に「小半夏湯(しょうはんげとう)」という吐き気に用いる漢方薬があるのですが、小半夏加茯苓湯はそこに体内の水分を調節し余分な水分を取り除く作用があるといわれる茯苓が加えられており、より高い効果が発揮できるように配合されています。

小半夏加茯苓湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

小半夏加茯苓湯の効能は主につわり、嘔吐、悪心、胃炎などの症状に用いられます。食欲がなく、お腹の中に水分が溜まっているような感覚があるときに効果的とされています。

妊娠時におこるつわりの原因には諸説あります。
・卵巣から分泌される黄体ホルモンが妊娠の準備を整えるため過剰に分泌されるため。
・身体の中に生まれた胎児という胃部に対する拒否反応。
・妊娠によって身体が変化することに対する自律神経の乱れ。
・妊娠のストレスによる自律神経の乱れ。
どれも明確にこれが原因であると断言できるものではなく、有力ではあるものの可能性の域をでないため、根本的につわりを「治療」するということは難しいかと思います。そのため、つわり症状がでた際には対症療法的に吐き気や悪心に対応していく事になります。

また、つわり症状には個人差がありますが、ひどくなると「妊娠悪阻」と呼ばれる状態になります。嘔吐を日に何度も繰り返し、食事をほとんど食べられないという摂食障害に始まり、脱水状態による便秘やだるさなどを生じます。栄養不足により体重の減少も起こり、酷い場合には幻覚や幻聴といった症状や内臓機能の障害が現れ、妊娠の継続が難しくなってしまいます。
つわりは妊婦なら多くの人が経験するものですが、だからといって無理をしてよいわけではありません。酷い嘔吐や体重減少などのが見られた際には、病院で検査を受けて異常がないか確認することが望ましいです。

小半夏加茯苓湯とはどのように使うものか

小半夏加茯苓湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

なお、妊婦に対して使用されることの多い漢方薬ではありますが、妊娠中の投与に関して安全性が確立されているわけではありません。妊娠中の方、妊娠が疑われる方は必ず医師と相談の上で御使用ください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

堅中湯

堅中湯は、胃腸の弱い人が消化不良を起こしたり、慢性的に胃炎だったりする場合に用いる漢方薬です。

滋養強壮作用のある『桂枝湯』の処方がベースにあり、冷えが強く、虚弱な人に体力をつけながら痛みを止めるという方向性を持ちます。

そこに『半夏』と『茯苓』が追加されており、これによって胃にムカつきがあって嘔吐してしまうとか、胃に水がたまっているように感じられる、という場合にそれを解消してくれます。

つまり、より『胃』にベクトルを絞った漢方薬となっています。

堅中湯の生薬について

・半夏(ハンゲ)…サトイモ科カラスビシャクの根茎です。鎮吐作用、去痰作用があり、特に胃が弱い人の嘔吐を鎮め胃を強くする手助けをします

・茯苓(ブクリョウ)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたものです。利水作用に優れ、体内の水分バランスを調整します。

・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科ケイの樹皮を乾燥したものです。発汗作用、発散作用、健胃作用を持ち、冷えからくる痛みも鎮めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科のシャクヤク、または近縁種の根の部分を使います。鎮痛、鎮痙作用があり、筋肉の緊張を和らげて痛みを取ります。

・乾姜(カンキョウ)…生姜と同じく食卓に上るショウガが原料ですが、表皮を除いて蒸し、その後乾燥させたものです。生姜は健胃・食欲促進効果があるのに対し、乾姜は冷えによる腹痛、腰痛、下痢に有効です。同じく身体を温める作用を持ちます。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

堅中湯の効能

堅中湯の主な効能は、「補気」「強壮」「利水」です。そしてそれらは胃の不調に働きかけます。

胃痛が起こる理由には様々なものがありますが、堅中湯はもともとの消化機能が弱いために起こる痛みやもたれなどに効果を発揮します。

鎮痛剤としての効果を持つ桂皮、芍薬、乾姜といった生薬がその場の痛みを鎮めつつ、この漢方薬の主薬である半夏が胃に働き、アルカロイド様物質が中枢神経に作用して嘔吐感や不快感を抑えます。茯苓は胃の中の水分を調節し、胃内亭水を改善します。

同時に大棗や甘草といった滋養ある生薬が弱った消化機能に力をつけ、体質から改善に導きます。

桂皮をはじめ温める生薬が多く含まれるので、身体が冷えがちな人に効果的です。

堅中湯の使い方

「湯」は煎じ薬の意味で、生薬を水から煎じてそれを服用していましたが、現在ではその成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。粉薬状の薬剤をお湯または水で服用します。

処方された1日量を3回に分け、食前又は食間、つまり空腹時に服用します。

副作用などはあるか

基本的には、医師の指示に従って服用する限りは重篤な副作用の心配はありません。

ただし、「甘草」の成分「グリチルリチン酸」は過剰摂取によりむくみや高血圧などを生じる「偽アルドステロン症」を起こすと言われていますので、長期にわたって服用する場合は体調をよく観察し、心配な場合は医師に相談してください。