「胃腸が弱っているときの漢方薬「六君子湯」

六君子湯(りっくんしとう)は、胃腸が弱っているときに使いたい漢方薬です。適しているのは栄養分の消化吸収にかかわる脾胃に気がたりず(脾胃気虚)、痰湿がからだにたまっているような場合(痰湿証)です。
気は、人が生きていくためのエネルギーをさすものですので、気がたらないと全身がだるく感じます。全身の中でも特に脾胃に気がたりないと、食欲がなくなり、食べるとみぞおちがつかえたような状態になってしまうのです。気が少ないので声も小さかったり低かったりすることが多いでしょう。痰湿がたまっているので、吐き気があったり、下痢になったりする場合も少なくありません。
自分で症状を確認するときに、試してみたいのが、自分の舌の状態を見ることです。「舌診」という専門的な見方があるのですが、自分でも舌は毎日見ることができるため、毎日、いままでとかわったことがないか確認するとよいでしょう。痰湿がたまっているような場合は、舌に白い苔が厚くついている状態になります。
西洋医学の病名でいうと、六君子湯があうのは、胃炎、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐などということになります。これらの病名にあてはまる場合でも、すべてにきくというわけではありません。ご紹介したような症状になっている場合には、六君子湯を試してみるとよいでしょう。

「六君子湯」に含まれる生薬の構成

六君子湯は名前に「六」がついているとおり、6つの生薬(人参、白朮、茯苓、炙甘草、陳皮、半夏)が主な働きをあらわします。
まず、人参、白朮、茯苓、炙甘草の組み合わせは「四君子湯」という漢方薬になります。この漢方薬の働きは気を補うもので、脾胃気虚に適しています。さらに、六君子湯では陳皮と半夏が加わることで痰湿をとりのぞくため、脾胃気虚で痰湿証にあう生薬の組み合わせといってもよいでしょう。
六君子湯に含まれる生薬の働きは次に示すとおりです。
・人参(にんじん)……気を補う作用があり、六君子湯のなかで、最も中心の働きを示します。
・白朮(びゃくじゅつ)……気を補い、湿を乾燥させる作用があります。
・茯苓(ぶくりょう)……脾の働きをよくして、湿をとりさる作用があります。特に白朮と茯苓の組み合わせは、からだの湿をとることで脾の働きをよくすることができる特徴的な組み合わせです。
・炙甘草(しゃかんぞう)……漢方薬に配合された生薬を調和させる作用があります。
・陳皮(ちんぴ)……気の流れをよくします。
・半夏(はんげ)……気の流れをよくし、気が上向きに動くのを下向きにおさえます。すなわち、吐き気をとめることにつながります。

「六君子湯」を飲むときの注意

六君子湯を飲むときは、食前または食間にのむこととされています。生薬を煎じてつくる場合は、1日分をまとめてつくって1日2~3回に分けて飲むとよいでしょう。エキス顆粒になっている漢方薬の場合は、そのまま飲んでも、あたたかいお湯に溶かしてから飲んでも、どちらでもだいじょうぶです。
薬をのむときに心配になるのは副作用ですが、他の漢方薬と一緒に飲むのでなければ、特に心配となる副作用は少ないといえるでしょう。他の漢方薬と一緒に飲むと、含まれている甘草の成分により、血液中のカリウムの量が減りむくみを生じたり高血圧になったりする偽アルドステロン症になることがあるので注意が必要です。

胃腸が弱い人も飲める風邪薬「参蘇飲」

風邪をひいたときの漢方薬と言えば「葛根湯(かっこんとう)」。漢方薬の中でも特に知名度の高いこの薬ですが、患者さんによっては薬が強くて合わない方や、胃腸が弱く服用するとお腹がもたれてしまう方もいらっしゃいます。
参蘇飲(じんそいん)とはそんな方のための軽めの風邪漢方薬です。胃腸薬にも使われている生薬が配合されており、風邪薬でありながら胃腸薬としての側面も持っている、まさにお腹に優しい風邪薬といえます。

配合されている生薬は以下の通りです。

人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾作用、安神(精神を安定させる)作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
枳実(きじつ)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、化痰(※痰を除く)作用、通便、作用などがある。
陳皮(ちんぴ) ……健胃作用、駆風(※腸内のガスを排出する)作用、去痰作用、鎮咳作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
桔梗(ききょう) ……止咳作用、去痰作用、排膿作用などがある。
葛根(かっこん)……解肌(※発汗)作用、透疹(※湿疹を発散させる)作用、潤筋(※筋肉の緊張をやわらげる)作用、止渇作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
蘇葉(そよう)……解表(※発汗)作用などがある。
前胡(ぜんこ)……解表作用、止咳作用、去痰作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。

葛根湯ほどの強い発汗作用などはありませんが、風邪症状による咳、喀痰、悪寒、悪心嘔吐といった諸症状に対して効果が期待できる配合となっています。免疫力を高め、胃腸の消化吸収を助ける作用もあるため、胃腸が弱い方でも負担が少なく使用できます。また、弱った胃腸の回復を促す作用もあることから胃腸炎などの症状に対しても効果が見込めます。

参蘇飲とは何の症状に効く漢方薬なのか

参蘇飲の効能は主に軽度の風邪症状に対して用いられます。胃腸の弱い人だけでなく、いったん風邪をひいてしまうと長引いてしまうという方にもお勧めできます。
風邪の症状がある程度おさまり熱も引いたが、いつまでも咳や痰といった症状が落ち着かないという方にも適しています。

また、同様に胃腸の弱い方に適する風邪の漢方薬に「香蘇散(こうそさん)」があります。こちらは身体の熱や腫れ、痛みを和らげる作用に優れており、発熱が高いときなどの使用に適しています。

参蘇飲とはどのように使うものか

参蘇飲を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。