生姜瀉心湯とはどんな漢方薬なのか

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)という胃部不快感や吐き気などの胃腸の諸症状に対して使われる漢方薬がありますが、そこに生姜(しょうきょう)を加えたものが生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)です。これは、生姜の持つ生薬としての作用(発汗作用、健胃作用、鎮吐作用など)ももちろんですが、それ以外に半夏(はんげ)という生薬の持つ副作用を軽減する効果を見越しての配合だと考えられます。
半夏は吐き気などの症状に非常に効果の高い生薬として知られていますが、反面、苦みが強く服用後に喉部に強い不快感や違和感を生じさせてしまうことがあるため、配合時にはそれを抑えるための解毒作用を持つ乾姜(かんきょう)が配合されています。生姜にも同様の解毒作用を備えており、この2つを合わせたことで生姜瀉心湯はもし半夏瀉心湯が苦手な方でも服薬しやすく感じられるという効果が期待できます。

配合されている生薬は以下の通りです。

半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
黄芩(おうごん)……消炎作用、清熱作用、抗菌作用、解毒作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
黄連(おうれん)……消炎作用、健胃作用、鎮静作用などがある。
乾姜(かんきょう)……健胃作用、温裏(※寒さを散らす)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、化痰(※痰を除く)作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。

胃の不調を整え、痛みを抑えることを目的とした生薬が中心となって配合された漢方薬です。苦みが強く飲みやすいとは言えないかもしれませんが、良薬口に苦しの言葉を思い出して服薬してください。

生姜瀉心湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

生姜瀉心湯の効能は主に胃腸の諸症状に対して用いられます。
みぞおちあたりがつかえたような感覚や吐き気やげっぷを伴うような食欲不振、胸やけ、嘔吐、下痢、胃腸炎、神経症などがこれに該当します。

また、具体的な傷病名としては逆流性食道炎や慢性・急性膵炎などが適応となります。

逆流性食道炎とは、胃の中にある胃酸が何らかの原因で食道を逆流し、その強い酸が食道内を傷つけ炎症させてしまうことによって起こる病気です。逆流した胃酸が繰り返し食道を傷つけ続けることで、食道の粘膜がただれたり、潰瘍を引き起こすなどしてしまいます。これにより、酷い胸やけや胸痛などが生じるのです。

膵炎とは、摂取した食物を消化するために必要なさまざまな酵素を分泌している器官・膵臓が何らかの原因により機能不全を起こし、分泌した酵素で膵臓自体が消化されてしまうことで起こります。これにより、膵臓は出血や壊死などの炎症症状を生じてしまい、食欲不振や膨満感、強い腹痛などの症状が現れます。さらに、炎症を起こした膵臓は正常時のように酵素を分泌できず、その影響が他の臓器にも派生します。
症状は時間経過とともに楽になることもあれば重症化することもあるため、発病した際には速やかに病院受診して適切な処置を受けるようにしてください。

生姜瀉心湯とはどのように使うものか

生姜瀉心湯を煎じたものを食間もしくは食前30分前の空腹時に服用します。空腹時に飲むのはその方がより胃に吸収されやすく効果が高いとされているからです。

ただし、吐き気や嘔吐、下痢などは他の重大な病気が原因によって引き起こされている可能性があります。服用については安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

血圧へ影響を与える生薬が配合されているため、高齢者や持病のある方は注意が必要です。また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。