大建中湯とはどんな漢方薬なのか

大建中湯(だいけんちゅうとう)とは虚弱体質で体力がない方を対象とした漢方薬で、その効能は冷えによる腹痛や腹部膨満感を緩和、改善させるものです。
大建中湯の「中」とは胃腸を差す言葉で、「胃腸を立て直す」ことを意味しています。大建中湯は身体が冷えることが原因で胃腸の働きが悪くなってしまった際に、血行を良くし身体を温めると共に胃腸の活動も活発化させることにより症状を改善させる漢方薬です。

配合されている生薬は以下の通りです。

山椒(さんしょう)……温裏(※寒さを散らす)作用、鎮痛作用、駆虫(※寄生中を駆除する)作用などがある。
人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
乾姜(かんきょう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、温裏(※寒さを散らす)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、化痰(※痰を除く)作用などがある。
膠飴(こうい)……滋養作用、健胃作用、鎮痛作用、鎮咳作用などがある。

鎮痛作用を持つ生薬により痛みを抑え、身体を温める作用や胃腸の調子を整える作用、滋養強壮に優れた作用を持つ生薬らの効果が相乗することによって冷えや胃腸症状の改善に高い効果を発揮できるようになっています。

大建中湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

大建中湯の効能は虚弱体質で体力がない方を対象とし、主に冷えによる腹痛、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢、便秘といった症状などに用いられます。消化管の内容物を移動させる蠕動(ぜんどう)運動を促進する効果や、大腸がん・腸閉塞症の予防・改善にも効果が認められ、病院でも使用されることがあるそうです。
ただし、四肢や腹部の冷えを改善することを目的とし身体を温める効果に優れているため、炎症症状など熱を伴う症状に対しては状態の悪化を招く恐れがあるため適用となりません。

ところで、似た名前の胃腸薬に「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」という漢方薬があります。同じ建中湯類に属し、似たような名前と効果ではありますが配合されている生薬はほとんど別のものです。小建中湯は子供に対して用いられることが多く、口の渇きや肌の乾燥といった症状に対して適しているとされています。漢方の胃腸薬には他にも多くの種類があるので、使用の際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合ったものを御使用下さい。

大建中湯とはどのように使うものか

大建中湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
大建中湯は刺激の強い薬剤ではないですが、即効性のあるものでもありません。個人差はありますが、効果にはある程度の時間が必要です。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

肝機能障害を生じる恐れがあるため、肝機能に異常がある場合、使用には医師との相談が必要です。
他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

おならの不快症状も漢方薬で整える

おならは呼吸や食事で一緒に飲み込む空気や、食物の消化や腸内細菌による発酵でできます。
割合でいえば、呼吸や食事によるものが9割、消化や腸内細菌によるものが1割と言われています。

大人は1日平均0.5~1.5L程のおならを出しています。

匂いはないものが正常な状態で、匂いがあるときには消化不良や便秘、肉類中心の食生活、胃腸炎や大腸の疾患が考えられます。

中国医学と気滞

従来の中国医学では、気滞(きたい)だとお腹の張りやおならが多くなります。
具体的な症候には、脹った痛み、膨満感、苦悶感(苦しみもだえる)、遊走性の疼痛等の「張・悶・痛」が特徴として挙げられます。

気滞の概念:呼吸器の症状”咳”を含む肺や胃腸の症状、イライラ・怒りっぽい等の精神的・情緒的な症状を含む広い概念です。
気は体の中を循環していて、それが滞ることで諸症状が起こると考えられています。

つまり心は体と密接に関わっており、自律神経の緊張や亢進(高ぶり)に伴って、消化器、気管支、平滑筋の緊張や痙攣が気滞の症状を悪化させることがあります。

呑気症(どんきしょう)・空気嚥下症(くうきえんげしょう)の人も多量の空気を飲み込むことからおならが出やすいです。

ストレス等で気の巡りが悪化しやすい現代社会にも、自分の体質・体調・症状に合った漢方で症状を治すのは効果的な方法です。

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)

心身ともに疲れやすく冷え症で、特に喉のつかえが気になりやすい繊細な人に向く処方です。

神経の高ぶり(イライラ・抑うつ等)を沈めて不安感・緊張感、不眠症、のどの異物感や胸の圧迫感、動悸、吐き気、声が出にくい等の身体症状の緩和にも効果を発揮します。

他にも神経性の胃炎やめまい、喘息や気管支炎にも適応して心と体の状態を良くします。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

体の疲れが顕著で胃腸が弱っているときによく用いられます。

具体的には食欲不振、倦怠、胃弱、夏やせ、こじれて長びくカゼ、痔、病中・病後、手術後等で体力が弱っているときに用いられます。

特に冷え症持ちで、消化不良によりおならが出る人に合うと言われています。
胃腸の働きを良くして体力を回復、体を元気にしてくれる漢方薬です。

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

体力があり便秘がちでおなかが張る人に向きます。
体の熱や炎症をとって機能の亢進を鎮めて痛みをやわらげます。

他にも肝臓や胆のうの病気、胃腸の病気、便秘や痔、高血圧に伴う頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りにも適応します。

また精神を鎮める効果が、日常生活の軽いストレスを鎮めてくれることも期待できます。

さいごに

漢方は自分の体質と、お腹の張り・おならが多くなる原因(ストレス・便秘・消化不良)、飲み合わせ等と総合的に判断して漢方薬を選ぶ必要があります。

そのため市販薬・整腸剤を試してもおならの不快な症状が治らないときには、漢方に熟知した先生がいる医療機関や漢方薬局等で診断・処方してもらうことをおすすめします。