猪苓湯合四物湯とはどんな漢方薬なのか

猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)とはその名の通り「猪苓湯(ちょれいとう)」と「四物湯(しもつとう)」を合わせた漢方薬です。
猪苓湯は排尿痛や頻尿といった症状に用いる漢方薬で炎症を鎮め排尿障害を改善するものです。四物湯は血の循環を良くし、貧血を改善する漢方薬で婦人科疾患によく使われます。このふたつを合わせて出来た猪苓湯合四物湯は、身体を温め、血流を良くし、尿道炎などの炎症を鎮め、排尿障害を改善させる効果を持った漢方薬となります。

配合されている生薬は以下の通りです。

猪苓(ちょれい)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、通淋(※排尿を改善する)作用などがある。
沢瀉(たくしゃ)…… 利水作用、止渇作用、清熱作用、鎮痛作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(※精神を安定させる)作用などがある。
滑石(かっせき)……利水作用、消炎作用、止渇作用、通淋作用、清熱作用などがある。
阿膠(あきょう)……補血作用、止血作用、滋陰(※潤い、冷やす)作用、潤燥(※乾きの状態を改善する)作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
川芎(せんきゅう)……駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用、活血作用、鎮静作用、鎮痛作用などがある。
当帰(とうき)……活血(※血の流れをよくする)作用、駆瘀血作用、補血作用、止痛作用などがある。
地黄(じおう)……強壮(※身体に活力を与える)作用、滋潤(※水分で潤す)作用、補血作用、駆瘀血作用、止血作用などがある。

体内の水分量を調節する作用、排尿を改善する作用、余分な熱をとり血流を改善する作用に優れた生薬らが配合されています。これらの生薬の作用により尿量が増加し、尿道の菌を洗い流し炎症の治癒を促進します。

猪苓湯合四物湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

猪苓湯合四物湯の効能は冷え症で貧血気味の方を対象とし、排尿痛、頻尿、残尿感、排尿困難、血尿といった症状が慢性化している際に用いられます。生薬の効果により炎症症状を抑え、出血がある場合は止血し、体内の水分排出を調節することによりこれらの症状は改善が見込めます。

なお、排尿障害に用いられる漢方薬は他にもあります。排尿痛や頻尿など上記の症状がまだ初期の段階では「猪苓湯」が適します。また、排尿障害の原因がストレスによるものならば「清心蓮子飲(せいしんれんしいん)」が適します。漢方薬は個々の症状により適用が変わりますので、御使用の際は医師や薬剤師と相談の上、症状に合ったものをお使いください。

猪苓湯合四物湯とはどのように使うものか

猪苓湯合四物湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

胃腸の弱い方が使用した場合、配合されている生薬の影響で下痢や腹痛などの胃腸症状が生じる場合があります。
また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思いますので、実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。