身体の弱った方の胃腸薬「小建中湯」

小建中湯(しょうけんちゅうとう)とは虚弱体質の患者さんや肉体の未発達な子供に対して処方される腹痛の漢方薬です。
小建中湯の「中」とは胃腸を差す言葉で、「胃腸を立て直す」ことを意味しています。この漢方薬は胃腸の調子を整えるだけでなく、身体を元気にする効果もあるとされており、体力が衰えている方や疲労困憊の方にもお勧めできるものです。
また、子供の身体を丈夫にすることで夜泣きやオネショにも効果があるともされているため、お母さま方の育児の悩みを解消する手助けともなり得ます(子供への使用は医師から十分に説明を受けた上で行ってください)。

配合されている生薬は以下の通りです。

桂皮(けいひ)……発汗作用、鎮痛作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
大棗(たいそう)……強壮作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、鎮静作用、利尿作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、健胃作用、鎮吐作用などがある。
膠飴(こうい)……滋養作用、健胃作用、鎮痛作用、鎮咳作用などがある。

胃の痛みを抑えると共に、滋養強壮や冷えの除去といったことを考えた生薬で配合された漢方薬です。強い薬が身体に合わない患者さんにとっても相性の良い漢方薬といえます。

小建中湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

小建中湯の効能は主に、虚弱体質の方の腹痛に対して用いられる漢方薬です。口の渇きや乾燥といった症状に対しても効果があるとされています。また、子供の夜泣きやオネショに対して処方されることもあります。
処方されることの多い具体的な傷病名には慢性胃炎、過敏性腸症候群などがあります。

慢性胃炎とは慢性的に引き起こされる胃粘膜の炎症です。本来、胃の内部は胃粘膜で覆われており、強い胃酸から胃の内壁を守ってくれているのですが、過度の喫煙や飲酒、老化、ピロリ菌の感染などによって炎症が繰り返されことで胃粘膜が薄くなってしまいます。
それにより胃もたれや胃部不快感、酷い場合には強い腹痛や吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

過敏性腸症候群とは消化管の異常、或いは精神的ストレスなどにより便秘や下痢、もしくはその両方が交互に現れるなどの症状が現れるとされている病気です。この病気の原因因子はまだ特定されておらず、何かしらの免疫異常やホルモン異常なども考えられています。
しかし、患者さんの多くが精神的ストレスを抱えていることが多く、その改善により症状も快方に向かうことが多いため、治療には心理療法と薬物療法の併用が効果的とされています。
似た名前の胃腸薬に「大建中湯(だいけんちゅうとう)」という漢方薬があります。同じ建中湯類に属し、似たような名前と効果ではありますが配合されている生薬はほとんど別のものです。漢方の胃腸薬には他にも多くの種類があるので、使用の際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合ったものを御使用下さい。

小建中湯とはどのように使うものか

小建中湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用については安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

血圧へ影響を与える生薬が配合されているため、高齢者や持病のある方は注意が必要です。また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

胃腸炎の下痢や嘔吐に漢方薬「柴苓湯」

柴苓湯は、胃腸炎による下痢や嘔吐、むくみ、ネフローゼ、肝炎などに応用される漢方薬です。長引く風邪に処方される「小柴胡湯」にむくみを解消する「五苓散」を合わせた方剤で、それぞれを単独で用いる時より作用は穏やかになるものの、小柴胡湯の免疫調整作用・抗炎症作用、五苓散の利尿作用が一緒に働くことにより、炎症をともなう消化器症状や腎疾患を改善します。

体力中程度〜やや虚弱な方に適応され、喉の渇きが激しく尿量が少ない、といった症状のあることが柴苓湯処方の目安となります。

また、柴胡の持つ免疫調整作用を応用し、婦人科においては習慣性流産による不妊の治療に補助薬的に用いられることがあります。

柴苓湯の生薬について

・柴胡(サイコ)…亜急性期の解熱、解毒、鎮痛、鎮静に使われる代表的な生薬です。寒性で、熱を冷ます性質を持ちます。

・沢瀉(タクシャ)…利尿、止渇、鎮痛作用があります。腎に熱がこもっている状態を冷ます作用を持ち、めまいや頻尿、遺精などに効果があります。

・半夏(ハンゲ)…鎮嘔、鎮静、鎮咳作用を持ち、湿気を取り除きます。

・黄芩(オウゴン)…肺と大腸の熱を冷まし消炎・解熱に働く生薬です。

・蒼朮(ソウジュツ)…健胃、利尿、発汗作用があり、水分代謝を活発にします。

・大棗(タイソウ)…脾を養い滋養強壮に働きます。

・茯苓(ブクリョウ)…利水の生薬の代表で、水毒を取り除き利尿作用をもたらします。

・猪苓(チョレイ)…茯苓と同じく利尿作用を持ちますが、茯苓よりやや涼性で解熱作用も持ちます。

・人参(ニンジン)…滋養強壮の重要な生薬です。胃腸の働きを補います。

・甘草(カンゾウ)…鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

・桂皮(ケイヒ)…体表を温め病邪を発散させます。また健胃・鎮痛作用を持ちます。

・生姜(ショウキョウ)…健胃作用を持ち、気の流れをよくして痛みを止めます。

柴苓湯の効能

小柴胡湯の「清熱解毒」作用、五苓散の「利尿作用」を持ち合わせ、炎症を伴う水毒症状を改善します。急性胃腸炎、慢性腎炎などが好適例です。

小柴胡湯の柴胡と黄芩は熱毒を取り除いて炎症を鎮め、五苓散に含まれる茯苓や猪苓は下痢や嘔吐、むくみの原因となる水分の停滞を改善します。そして人参や大棗、甘草、生姜といった滋養強壮の生薬が消化器官に力をつけ、元気の源である「気」の生産を促して抵抗力を回復し、体調を整えます。

漢方には、病気は皮膚表面の「表」から、内側の消化管「裏」に進行するという考え方があります。胃腸や腎臓に炎症を起こすのは、(漢方の考え方で言えば)身体の抵抗力がないために病邪が表に留まらず、内側に侵攻してきたからです。

柴苓湯のベースとなっている小柴胡湯は、もともと「長引いた、進行した風邪を治す」漢方薬であり、その主薬である柴胡はこうした「裏に入ろうとする病邪」を中和するのが得意な生薬でもあります。

柴苓湯の使用法

病院で処方される場合、煎じ薬の成分を濃縮乾燥したエキス剤が主流です。1日量を2、3回に分割し、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

急性の症状には比較的早く効果があらわれますが、慢性の腎炎などに対しては長期に服用することがあり、その場合は甘草の副作用であるむくみや高血圧に注意します。
またあまり心配はないと思われるものの、ベースとなる小柴胡湯には間質性肺炎の副作用が報告されているため、経過には注意を払い、異常があればすぐ医師に相談してください。

胃腸を元気にして疲れを取る漢方薬「四君子湯」

四君子湯は「補気」の最も基本的な処方であり、四人の君子=優れた4つの生薬「人参」「白朮」「茯苓」「甘草」を主薬とした、胃腸に力をつけて気力や体力を取り戻す滋養強壮の漢方薬です。主に倦怠感や食欲不振、消化不良、それに伴う下痢などを改善します。

心や身体を元気にするならまず胃腸から。中医学では、あらゆる生命活動を行う目に見えないエネルギーを「気」と呼びますが、この「気」は胃腸(消化吸収器官、脾)から生み出されていると考えられてきました。あらゆる病邪や身体の不調を克服するには「気」の充実が必要不可欠です。

そのため、著しく体力が弱っている人にはまず病気と戦うための「気」を補充する意味で、お腹を温め元気にする四君子湯を与えました。気の力が整って初めて、病気を治すための下地、土台も整ったと言えるのです。虚弱な人に処方される漢方薬には、四君子湯の方意(構成生薬)を含むものが多数あります。

四君子湯の生薬について

・人参(ニンジン)…いわゆるチョウセンニンジンで、滋養強壮の薬として名高い生薬のひとつです。高い疲労回復作用があります。新陳代謝機能の改善、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に効果があります。

・白朮(ビャクジュツ)…健胃作用、強壮作用、止瀉作用、利尿作用があり、特に胃腸の強壮薬として働きます。(白朮の代わりに蒼朮が用いられることもありますが、「白朮が望ましい」としている文献もあります)

・茯苓(ブクリョウ)…マツホドの菌核を輪切りにしたものです。利水作用に優れ、体内の水分バランスを調整します。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

・生姜(ショウキョウ)…身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

四君子湯の効能

最もシンプルで基本的な「補気」の漢方薬です。身体をめぐる「気」が足りなくなった「気虚」の状態を改善します。体力が低下して疲れやすい、食欲がわかない、四肢がだるい…これらは全て、気虚の典型的な症状です。つまりエネルギーが不足している状態と言えます。

気が不足すると血の生産も滞り、身体に栄養をめぐらせる血が少なくなれば肝や心といった他の臓器の働きも鈍くなって、冷えや痛み、貧血など様々な不調があらわれます。

この時、あらわれた症状そのものに対して対症療法を行ってもそもそもの「気」が足りなければお薬が切れた途端に元の状態に逆戻りです。病は気から…とはよく言ったもので、身体に健康を取り戻すために、気が不足している人にはまず気を補う必要があるのです。

人参や白朮は胃脾を温め力をつける代表的な生薬です。弱った胃腸に気を補充し、元気にします。茯苓は気の不足によって停滞している胃内の水分を流し、不快感を和らげます。大棗・生姜・甘草も、すべて胃を守り消化機能を高める作用を持っています。

補益作用豊かな生薬によって胃脾の機能が戻れば、身体のすべての活動の源である「気」の生産も活発になり、多少の病邪は跳ね返せる強い身体になっていきます。

四君子湯の使用法

煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が一般的です。1日量を2、3回に分割し、食前または食間に水やぬるま湯で服用します。患者さんの身体の状態にもよりますが、体質を改善するためには長く地道に服用を続けることが大切です。

副作用などはあるか

医師の指示にしたがって服用する限り、重篤な副作用の心配はほとんどありません。ただし長期の服用となるケースが多いので、甘草の大量摂取が引き起こす「偽アルドステロン症」に注意します。その他にも発疹や胃の不快感など、心配な症状が出れば医師に相談してください。

気力体力の衰えた方に向く処方であり、実証(体力充実)の方には用いないようにします。