桂麻各半湯とは

桂麻各半湯は、「蕁麻疹や湿疹の初期」、「咳が出るタイプの風邪の初期」に用いる漢方薬です。虚弱な人の風邪に使われる「桂枝湯」と咳止めの効能を持つ「麻黄湯」を合わせた方剤で、これらの中間証に対応します。

「麻黄湯」の適用になるほど強い筋肉痛はなく、発熱や寒気も酷くないけれど、咳の症状が強いという時、体力が中等以下の方なら本方を適応します(体力中等〜虚弱向け、というのは桂枝湯の適応証でもあります)。

また麻黄湯には強い発汗作用がありますが、そこまで汗を出す必要がない軽い風邪に向くよう、芍薬と甘草によってその作用をセーブしています。

桂麻各半湯の生薬について

・桂皮(ケイヒ)…身体を温めるハーブ、シナモンです。気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みを鎮めます。

・麻黄(マオウ)…マオウ科マオウ、または同類植物の茎です。有効成分はエフェドリンといい、市販の咳止め薬にも広く使用されています。肺に作用し発汗、鎮咳、去痰作用を発揮します。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科シャクヤク、または近縁種の根です。主に鎮静、鎮痛、筋肉の緊張緩和、冷えの緩和といった作用があります。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でも身体を温める食材としておなじみのショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・大棗(タイソウ)…ナツメの果実です。強壮作用、鎮痛作用があり、胃腸の調子を整えて心を落ち着かせます。一緒に配合される他の生薬の作用を調和させる働きもあります。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

・杏仁(キョウニン)…アンズの種子です。咳・痰・喘息の薬ですが、肺と関係の深い大腸も潤し便通をよくします。

桂麻各半湯の効能

風邪の邪気を汗によって体表から発散しようとする、「解表剤」の部類となります。中医学には病気は皮膚の表面(表)から内側(裏)に向かって進行するという考え方があり、風邪の初期というのはもっとも身体の外側に病邪がある状態です。完全に「裏」に入ってしまった進行した風邪には適応できないが、軽いうちならばそれらを皮膚の外側に「発散」して治せるとしています。急性の蕁麻疹や湿疹も、同じようにとらえます。

体表には外気の邪の進入を防ぐ「気」の流れ「衛気」がめぐっています。寒さにさらされたり、体力が低下したりすると、気の生産が鈍くなりこの衛気が少なくなって風邪に進入されやすくなるのです。そして悪寒や発熱といった症状を生じます。

桂皮と生姜は体表を温めて寒さから身体を守ります。甘草、大棗、生姜の組み合わせが気を生産する臓器・「脾」を力づけその働きを底上げします。麻黄と桂皮のコンビは衛気の働きを高める作用があり、発汗させることによって風邪を追い出します(この発散がうまくいかないと痒みになります。桂麻各半湯が急性の蕁麻疹や発疹に効くのはこの働きがあるためです)。また、麻黄と杏仁の組み合わせには咳を止める作用があります。

桂麻各半湯の使用法

煎じ薬の成分を濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。1日量を2、3回に分け、白湯に溶き、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

麻黄には交感神経性の作用があるため、心筋梗塞や狭心症の既往がある方は要注意です。服用前に医師や薬剤師に相談するのが良いでしょう。また体力が衰えた高齢者にとっても、人によっては麻黄の作用が強く出て高血圧や不眠などを生じる可能性があります。

また甘草は大量摂取によってむくみや高血圧などの副作用を起こす場合があります。服用して体調が悪くなった場合は医師や薬剤師に相談してください。