小青竜湯加杏仁石膏とはどんな漢方薬なのか

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という水っぽい鼻水や粘り気のある咳といった症状に対して有効な漢方薬があります。漢方薬の中でもかなり知名度の高いものですのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
この小青竜湯加杏仁石膏(しょうせいりゅうとうかきょうにんせっこう)は「身体を温め、肺を乾かす」という性質を持つ小青竜湯の生薬に、呼吸困難を改善する作用のある杏仁(きょうにん)と炎症を鎮める作用のある石膏(せっこう)を加えた配合となっています。
主に咳や喉の痛みといった症状にお悩みの方に対して処方される漢方薬で、息苦しい呼吸を落ち着かせる効果が期待できるものです。

配合されている生薬は以下の通りです。

麻黄(まおう)……発汗作用、鎮咳作用、利水(※体内の水の流れを正す)作用などがある。
半夏(はんげ)……止嘔作用、去痰作用、鎮静作用などがある。
桂皮(けいひ)……発汗作用、止痛作用、解肌(※発汗)作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
五味子(ごみし)……止咳作用、止渇作用、滋養作用、固精(※精力を留める)作用、止瀉(※下痢止め)作用などがある。
細辛(さいしん)……止咳作用、止痛作用、解表(※発汗)作用、温裏(※寒さを散らす)作用などがある。
乾姜(かんきょう)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、温裏(※寒さを散らす)作用、鎮痛作用、鎮痙作用、化痰(※痰を除く)作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
杏仁(きょうにん)……止咳作用、去痰作用、平喘(呼吸の改善)作用、通便作用などがある。
石膏(せっこう)……清熱作用、止渇作用、沈静作用などがある。

抗アレルギー作用、抗炎症作用、気管支拡張作用などの効果を有する生薬が配合されています。特に息苦しさを覚える気管支炎などに対して有効な漢方薬のひとつであるといえるでしょう。

小青竜湯加杏仁石膏とは何の症状に効く漢方薬なのか

小青竜湯加杏仁石膏の効能は主に気管支喘息や小児喘息の症状に対して用いられます。

気管支喘息とは、気管支が慢性的な炎症症状によって狭窄したり刺激に対して過敏になってしまうことによって起こり、発作的な呼吸困難や咳、喘鳴といった症状が繰り返される病気です。その原因は諸説、或いは個人差があり、アレルギー反応であったり精神的なストレスであったり遺伝であったりと様々です。

※小青竜湯加杏仁石膏は「身体を温め、肺を乾かす」という性質をもった漢方薬であるため、「乾いた咳」「粘り気のある痰」といった症状に対して使用すると症状が悪化する恐れがあるといわれています。このような症状に対しては麦門冬湯などの漢方薬が適しています。

小青竜湯加杏仁石膏とはどのように使うものか

小青竜湯加杏仁石膏を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
しかし体力低下が著しい人や多汗、吐き気、嘔吐、乾いた咳といった症状のある方は症状の悪化の恐れがあるため使用には細心の注意が必要です。服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

配合されている生薬・麻黄(まおう)には血圧を上昇する作用があるため、高血圧の方や不整脈や狭心症といった心臓疾患のある方は注意が必要です。
また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。