参苓白朮散とはどんな漢方薬なのか

参苓白朮散(じんれいびゃくじゅつさん)とは身体が弱っている方、虚弱体質の方を対象とした胃腸薬「四君子湯(しくんしとう)をベースに山薬(さんやく)や蓮肉(れんにく)といった下痢止めの作用をもつ生薬が配合されたものです。
疲れやすい、食欲がない、下痢をしやすい、冷え症、このような状態を改善する効果が期待できます。弱った胃腸に優しく作用する漢方薬ですので、小児の胃腸薬としても活用できます。

配合されている生薬は以下の通りです。

人参(にんじん)……強壮(※身体に活力を与える)作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用などがある。
山薬(さんやく)……強壮作用、止瀉(※下痢止め)作用、鎮咳作用などがある。
蓮肉(れんにく)……強壮作用、安神作用(※精神を安定させる)、健脾作用、止瀉作用、鎮静作用などがある。
白扁豆(はくへんず)……健脾作用、止瀉作用、解毒作用などがある。
縮砂(しゅくしゃ)……健胃(※胃の機能を正常にする)作用、整腸作用、安胎(※妊娠を安定させる)作用などがある。
甘草(かんぞう)……健胃作用、鎮痛作用、鎮痙作用、去痰作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水(※体内の水の流れを正す)作用、健脾作用、安神作用などがある。
薏苡仁(よくいにん)……利水作用、解熱作用、清熱作用、排膿作用などがある。
桔梗(ききょう) ……止咳作用、去痰作用、排膿作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります。

胃腸の機能を整える作用や身体の水分量を調節する作用、下痢を止める作用に優れた生薬で構成されており、過剰な水分を排出し下痢症状を改善させる効果に優れています。
虚弱体質の方に適した漢方薬として構成されており、小児への使用にも適しています。

参苓白朮散とは何の症状に効く漢方薬なのか

参苓白朮散とは身体が弱っている方、虚弱体質の方の胃腸症状を中心とした体調改善薬です。消化器官の不調により消化不良に陥っている、慢性の下痢症状が続いているという場合に適しています。主に慢性の胃腸炎、消化不良などに用いられますが慢性気管支炎といった肺疾患に対しても用いられることがあります。

なお、虚弱体質の方に適した胃腸の漢方薬には他にも種類があります。胃痛や胃もたれといった胃腸の症状が特に強い場合には「人参湯(にんじんとう)」、四肢の冷え症状が特に強い場合には「真武湯」といったようにより現れている症状によって適切な漢方薬が異なります。使用の際は医師や薬剤師とも相談し、患者さんの症状に合った漢方薬を使うようにしてください。

参苓白朮散とはどのように使うものか

参苓白朮散を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。
加えて、個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思います。実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。