健康・癒やしブームは、いよいよ本格化し、今では全国的にリラグゼーションサロンを見かけるようになりました。ちょっと前までは、リラグゼーションサロンといえばセレブ御用達の贅沢なイメージがつきまとっていましたが、今日では駅前にたくさんのリラグゼーションサロンが並ぶことで、気軽に立ち寄れる場所として親しまれるようになってきました。

なかでもアロマセラピーは世界的なブームのなか、日本でも専門店や、アロマセラピーを業務の一部として取り入れたリラグゼーションサロンが増えており、安定した人気を誇っています。日本でのこうしたアロマセラピーの一大ムーブメントを牽引した機関として、日本アロマメディカル心理セラピー協会がよく知られています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会とは、アロマセラピーをはじめ、心のケアを中心とするさまざまな技術について、プロフェッショナルな領域に達していることを認定するための機関です。現在、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する一連の資格が、健康・癒やしブームの到来とともに、大いに注目されています。

そこで、巷で話題となっている日本アロマメディカル心理セラピー協会のネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

セラピストは慢性的に人手不足!

先進国に暮らす人々が、多大のストレスを抱えるのは、世界中で見られる現象です。しかし、先進諸国のなかでも、日本社会の抱えるストレス過多は度を超しており、欧米のメスメディアにもよく取り上げられています。たとえば「過労死」です。過労死という言葉は、世界中で日本にしかありません。働き過ぎて死ぬという現象は、日本以外では起こりえないことだからです。

ブラック企業による長時間労働をはじめ、劣悪な労働を強いられることも、日本社会特有の問題です。上司によるパワハラも、職場の人間関係を歪めています。こうした背景から、ストレス過多による自殺者数も、他の先進国と比べて異常に高く、人を幸せにしない日本社会の有り様は、今日の大きな問題となっています。

ストレスを軽減することが喫緊の課題となっている現在、政府主導によるストレスチェックの義務化が、平成27年の12月より施行されています。今やストレスの軽減は、社会全体で取り組むべき重要な問題と化しています。

そんななか、ストレス軽減の一翼を担う存在として、期待を一身に集めているのが、セラピー業界です。私たちは風邪を引いたら病院へ行きますが、ストレスを感じたからといって精神科を訪れる人は、ほとんどいません。精神科にかかる割合が、欧米に比べるとかなり少ないのが日本社会の現実です。病院に代わる心のオアシスとして、セラピー業界は今、大きなムーブメントを迎えています。

それなのに、セラピー業界は今、深刻な人手不足に直面しています。セラピー業界の求める、それぞれのセラピーごとの専門知識とスキルを有するプロのセラピストが、圧倒的に少ないからです。そのため、日本アロマメディカル心理セラピー協会に期待を寄せる声が、セラピー業界から日増しに強まっています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会では、アロマヒーリングセラピスト・風水セラピスト・カラーセラピー・美快眠セラピスト・メンタル心理ミュージックアドバイザー・メディカルハーブカウンセラー・メンタル心理ヘルスカウンセラー・ストレスケアマネージメント・福祉心理カウンセラー・キッチン心理カウンセラー・エクステリア心理カウンセラー・大理石セラピスト・西洋占星術アドバイザーなどの認定試験を行い、合格者に資格を授与しています。

これらの資格を有することで、それぞれの分野について卓抜した知識とスキルをもつことが証明されるため、セラピー業界にとっては自社のセラピストとして採用しやすくなります。そしてなによりも資格を設けることで、興味をもって学ぶ人が増えるため、セラピー業界への就転職を希望する人が増えることを、セラピー業界は待ち望んでいます。

セラピー専門の資格の認定機関として、日本アロマメディカル心理セラピー協会は、セラピー業界の全面的な支持を受けています。セラピストは極端に人材が欠乏しているため、スムーズな就転職が大いに期待できます。セラピストを目指すのであれば、日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格を目指すことが、業界の常識になりつつあります。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の仕組み

ネット上には、実際に資格を取得した人たちの正直な感想があふれます。資格が役立ったとする書き込みが圧倒的に多いことからも、日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格の人気ぶりは、十分にうかがえます。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の認定試験は、2ヶ月に1度の割合で、年間6回実施されています。資格試験は通常、試験会場まで足を運ぶ必要がありますが、セラピストの数は全国的に足りていないため、地方在住者でも問題なく受けられるように、日本アロマメディカル心理セラピー協会の認定試験は、在宅で受けられように配慮されています。

それぞれの分野のプロのセラピストとしての知識とスキルを問う試験のため、生半可な勉強量では、なかなか合格できないようです。そこで合格者の多くは、体系的な知識と技能を身につけるために通信講座を利用していることが、ネットの情報からわかりました。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の認定試験に、できるだけ確実に、できるだけ早く合格するためには、通信講座を活用することがベストな選択のようです。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格を取得するのであれば、セラピストの需要が足りていない今が最大のチャンスのようです!