現代の社会において、あらゆる商品のデザインは大いに注目されています。デザインの力によって、購買ニーズが増大するためです。今や、さまざまな業界において、優秀なデザイナーを求める声が高まっています。

そんななか、デザイナーを求める企業の間で、日本デザインプランナー協会が話題となっています。日本デザインプランナー協会とは、さまざまなデザイン技術において、そのスキルがプロの領域に達していることを認定するための機関です。

日本デザインプランナー協会は、なぜこれほどまでに高い評価を受けているのでしょうか? 日本デザインプランナー協会についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

採用率が高まる日本デザインプランナー協会の資格

デザインひとつで売り上げが信じられないほど上がる! このことはすでに、あらゆる業界の常識になっています。たとえば希有な成功例としては、三和酒類株式会社が手がけた「いいちこ」があります。パッケージなどの商品企画からポスターやコマーシャルなどを、日本を代表するトップデザイナーが手がけたところ、売り上げは瞬く間に150倍を達成し、日本蒸留酒ランキングで第1位、世界蒸留酒ランキングにおいても第3位を誇る大ヒット商品となりました。デザインだけで売り上げが激増する事例は、枚挙にいといまがありません。

スティーブ・ジョブズが率いたアップル社もまた、素晴らしいデザインを創り出すことが売り上げを左右することを、世界に向けて証明しました。iPhoneやiPad、iPod、そしてMacBook Airなどのデザインの責任者として知られるジョナサン・アイブは、「世の中の物体のほとんどが適当にデザインされている」と語っています。

ジョナサンの言葉を借りれば、世界中のあらゆる商品、あらゆる広告に、優れたデザイナーが腕を発揮する余地は、まだまだ無限にあるといえます。さまざまな業界において今、デザインの重要性が再認識されるとともに、優秀なデザイナーを発掘しようとする動きが活発化しています。

しかし問題は、デザイナーの有するスキルが現場に対応できるかどうかは、採用してみなければわからないことです。デザインの質を決めるのは、デザイナーの感性によるところが大です。デザイナーの感性は、そのデザイナーが過去に手がけた作品を見ることで、ある程度は推察できますが、そもそも感性に客観的な指標を設けることはできないため、採用にあたってデザイナーの実力を比較することは、至難の業です。

こうした多くの企業が抱く問題を解決したのが、日本デザインプランナー協会です。日本デザインプランナー協会が認定するデザインに関する資格は、それぞれの業界から高く評価されています。現在では、日本デザインプランナー協会が認定する資格を取得していることが、企業がデザイナーを採用する際の大きな基準になりつつあります。人事担当者の側にしてみれば、デザインを専門とする信用できる第三者機関が認めた実力があれば、安心して採用することができるからです。

目では見ることのできないデザイナーの感性を、資格という誰にでもわかる形に置き換えることで、日本デザインプランナー協会はさまざまな業界からの熱い支持を受けています。

実際のところ、デザイナーを採用する人事担当者からは、日本デザインプランナー協会の資格の有無によって、採用の手間が省けるようになったとの声が、ネット上でもかなり見受けられました。採用後の満足度も高く、期待通りの活躍をしてくれているとの書き込みが、多く寄せられていました。

日本デザインプランナー協会の認定試験の仕組み

日本デザインプランナー協会では、さまざまな業界のニーズに応えるべく、現在24種のデザイン資格を認定しています。ネットや広告関連のデザイン資格としてホームページWEBデザイナー・SEOマーケティングアドバイザー・POPデザイナー・鉛筆デッサンマスター、建築やインテリア関係のデザイン資格として、実践建築模型・空間ディスプレイデザイナー・インテリアデザイナー・インテリアアドバイザー・CADデザインマスター、ファッション系の資格として、ファッションデザイナー・カラーアドバイザー・ネイルアートデザイナー、ハンドクラフト系の資格として、クラフトハンドメイドマイスター・キャンドルデザインマスター・ビーズアクセサリーデザイナー・コールドプロセスソープマイスター・ニードルフェルトデザインマスター・レジンアートデザイナー・クリスタルデコデザイナー・スウィーツデコデザイナー、そのほかにもフラワーアレンジメントデザイナー・レターライティングマスター・日曜大工スペシャリスト・盆栽クリエイターなど、多種多彩なデザイン系資格を専門に認定しています。

それぞれの資格の認定試験は、2ヶ月に1度の間隔で実施されています。各種デザイナーを求める声は全国に広がっているため、地方在住者でも受けられるように、試験は在宅で受けられるように工夫されています。こうした細やかな気遣いも、日本デザインプランナー協会の資格に人気が集まる要因になっています。

日本デザインプランナー協会の認定試験に合格した人の声をネット上で拾ってみたところ、希望していたデザイン職に就転職できたと喜ぶ人の書き込みが目立っていました。もちろん本人の努力は必要でしょうが、日本デザインプランナー協会の資格をとることで、就転職の際の大きな武器になることは間違いようです。

ハンドメイドクラフトなど、自分で制作してネット上で販売する際にも、日本デザインプランナー協会の認定試験に合格した実績があることで商品の信用度が増すため、以前よりも売れるようになったとする書き込みもありました。

日本デザインプランナー協会の資格は、取得すれば役立つと、ネット上でもかなり評判になっています。これなら安心して、資格を取得するための学習に入れそうです。