現在、日本には食に関連する産業があふれています。折からの健康ブームのあおりを受け、なにを飲み、なにを食べればよいのか、という人々の関心は、年々高まっています。そんななか、このところ脚光を浴びているのが、日本安全食料料理協会です。日本安全食料料理協会は、さまざまな食品ごとに、その食品に関する専門知識と料理技術のスキルを判定するために設立されました。

日本安全食料料理協会では、コーヒー・紅茶・ワイン・ハーブ・和食・薬膳などの各食品ごとに、食品と料理技術についてのスキルが一定以上あると認めることで、資格を発行します。日本安全食料料理協会が認定する、これらの資格が今、大いに注目されています。

日本安全食料料理協会の資格は、なぜこれほどまでに人気を集めているのでしょうか? 日本安全食料料理協会についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

日本安全食料料理協会が注目される理由とは?

日本では長いこと、「食」に関する問題がないがしろにされてきました。考えてみれば、私たちの健康の源が食べることにあることは、決まりきったことです。私たちは誰もが、食べることによってはじめて栄養を摂取でき、生命を維持することができます。しかし、口に入ればなにを食べてもよいわけではありません。極端な話、毒のあるものを食せば、命を奪われる危険さえあります。現代の文明社会に生きる私たちが、毒を食す危険は極めて低いものの、なにを食べるのかが、私たちの健康に大きな影響を与えていることはたしかなことです。

こうして、食に関する問題を原点に戻って見つめ直そうとする動きが広がるとともに、「食育」という言葉が、近年クローズアップされています。食育とは、「食を通して人間として生きる力を育む」ことです。私たちが毎日、口にする食べ物こそが、私たちの身体をつくり、成長へと導きます。食べるという行為は、私たちにとっての活動源であり、またさまざまな病気に対する抵抗力を生み出します。

食育は政府主導で推し進められています。2005年には食育基本法が成立し、食育推進基本計画が実施されました。これにより、食の問題を見つめ直す風潮は全国的に高まり、日本の食文化は大きな刺激を受けました。なにを飲み、なにを食べればよいのか、という問題は、私たちにとっての共通の関心となったのです。

育食への取り組みが全国的になされるなか、明らかとなったのは、食品知識と料理技術に優れた専門家の数が、足りていないことです。育食を全国的に広げるためには、各地域ごとに、食のスペシャリストを育成することが急務とされました。こうした背景のなか、食に関連するさまざまな業界の協力のもとに設立されたのが、日本安全食料料理協会です。

今日では日本安全食料料理協会は、日本の育食を支えるための大きな基盤になっている、ともいえます。食に関連する資格を公平に判定する第三者機関として、日本安全食料料理協会は食に関連する産業から圧倒的な支持を得ています。

そのため、日本安全食料料理協会の資格をとることで、就転職が有利になったとする書き込みを、ネット上で多く目にできます。食関連産業の側からすれば、日本安全食料料理協会の資格をもっていることがわかれば、すでに専門家としての技能を有すると判断できるため、一から教える手間を省けます。採用率が高まるのは、当然といえるでしょう。

政府を上げて育食への取り組みが強化されるなか、日本安全食料料理協会の評判もまた、業界内で高まっています。日本安全食料料理協会の資格を取得した人たちが、日本の育食を支える人材として実績を残していることからも、資格の信用度はさらに増しています。

日本安全食料料理協会の認定試験の仕組み

日本安全食料料理協会の認定試験の最大の特徴は、自宅に居ながらにして受験に臨めることです。受験の申し込みはインターネットを介してもできます。日本安全食料料理協会の認定試験は、二ヶ月に一度の間隔で行われるため、自分にとって都合のよいタイミングで受けることができます。

受験の申し込みをすると、問題用紙と解答用紙が郵送されてきます。問題が届いてから5日以内に必着となるように、郵送にて送り返すシステムになっています。この独特の試験システムを採用することからも、単なる暗記試験でないことはたしかです。食の現場で求められているのは、臨機応変に対応できる実践力です。

それだけに、日本安全食料料理協会の認定試験に合格するためには、その食品についての専門知識に加え、応用力を養う必要があるようです。つまり市販の専門書で学ぶだけでは、合格は難しいということです。その食品について基本から応用まで体系的に学ぶことが、合格への一番の近道になります。

今回、日本安全食料料理協会の認定試験について検索してみてわかったのは、合格者のほとんどが、通信講座を利用していることでした。通信講座を利用することで、日本安全食料料理協会が求める体系的な知識と技術を、一通り身につけることができます。実際、通信講座を利用している人たちは、早期に合格を果たしていました。

日本安全食料料理協会の認定試験を確実に、そして早期に合格するためには、どうやら通信講座を活用するのが、ベストな選択のようです。