ここ数年の健康ブームで漢方が注目を集めていますが、漢方の知識を深めようと漢方コーディネーターといった資格の人気が上がってきているので口コミや評判から人気の秘密を探ってみました。

漢方コーディネーター認定試験について

漢方コーディネーター認定試験とは「日本安全食料料理協会」が2ヶ月に1回主催している試験になっており、試験に合格すると漢方コーディネーターの資格を取得する事ができます。
資格取得には「漢方・漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法や養生などへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格」とあり、ある程度の漢方の知識が資格取得には必要になっているようです。

口コミや評判からみる漢方コーディネーターが人気の理由

口コミや評判から人気の理由をみていると、
やはり「体のため」が人気の理由の1、2を争う人気でした。

漢方が体に良いとされるのは昔から有名ですが、最近では漢方といっても身近な食材もあり、食生活によって人間は体調などが変わってきますので、自分の健康管理や家族のための健康管理のために、漢方の知識を身につけ体調改善などを目的に資格取得をする人が多くなっているようです。
身近な漢方食材では胡麻や小豆、生姜などはよく漢方薬でも使用されていて、身近な漢方食材は以外にあります。
人の体力の源は食べる飲むなので、食べる食材によって体に吸収される栄養分により体調の変化はでてくると思われます、体に吸収されるものはより良い栄養と考える人が増え、漢方コーディネーターは注目を集めているようです。

漢方の勉強は通信講座が人気?

漢方の勉強をするのは、本屋さんで本を買って独学で勉強もできますが、口コミや評判をみている通信講座で漢方の勉強をして資格の取得をしている人が多くなっているようです。
口コミが良かった通信講座だと「通信講座・通信教育の諒設計アーキテクトラーニング」が人気となっていました。
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、選ぶコースによっては漢方の勉強だけではなく資格の取得までできるコースもあるようです。
「漢方・薬膳W資格取得スペシャル講座」のコースが人気のようで、こちらのコースでは資格取得のために通常受けないといけない「「日本安全食料料理協会」の認定試験が免除になっていて、講座しっかり勉強もでき卒業と同時に資格の取得ができるようになっているところが人気の理由のようです。
また通信講座なので、自宅での隙間時間で勉強ができ資格の取得までできてしまうのが漢方コーディネーターの資格の人気を押し上げているのもあると思います。

気になる口コミや評判

・体調改善に役立てると思い資格の漢方の勉強と資格の取得をしました、その日の体調によって料理レシピを分けて、体調改善を心がけています。

・仕事で毎日帰りが遅い主人のために、私ができる事を考えた時に料理で主人の病気予防などと思い漢方の勉強をしました、通信講座で勉強したのですが、テキストなども凄く解りやすくて勉強がしやすかったです。

まとめ

漢方といっても凄く奥が深く、専門的と思っている人と多くいると思うのですが、以外に身近な料理で漢方料理ができたりします。
口コミなどを見ても家族の病気予防のたまに資格の勉強する人も多く感じました、料理からの体調管理も大事だと思いますので漢方コーディネーターの資格が人気の理由がわかるような気がします。

日本安全食料料理協会の口コミ評判が高いの知ってた?

人が生きる上で「食べること」はとても重要なことですよね。

美味しく安全なものを食べることは健全な体や心を作ると共に生活を送ることができるのです。

そんな食に関わる人に対しての資格を発給している団体が日本安全食料料理協会はのです。

日本安全食料料理協会は食育を通して協会が認めるある一定の知識や技術に達している人に対し与える資格です。

自身のスキルアップのための資格であると共に雇用する企業にとっても一定のスキルのある人材が求めやすくなるため

受験する側にとっても、雇う企業側にとっての有効な認定資格となっています。

この日本安全食料料理協会の認定する資格を目指し学ぶことによって食に関わる全ての企業の向上にも繋がり

食文化の意識が高まることでも、日本安全食料料理協会の食に関する認定資格はとても大きな役割を果たしています。

日本安全食料料理協会での資格取得者は各分野においても活躍し、高い評価を得ているのも日本安全食料料理協会の認定試験の口コミ評判が高い理由の一つなのでしょうね。

日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格試験はどんなもの?

日本安全食料料理協会の認定試験の中で最近注目の試験が漢方コーディネーター認定試験なのです。

漢方というと何故か難しく、扱いにくいようなイメージがあるでしょうが、最近の健康ブームにのっかり漢方についての知識を求める人も多くなってきています。

漢方は特殊な薬だと思われがちですが、ドラックストア―やインターネットで販売されることも多く、とても身近に私たちの生活の中に溶け込んでいます。

でも、もっときちんと漢方のことを知りたいと思う人は日本安全食料料理協会の推奨する漢方コーディネーター認定試験

を受験するため勉強してみても良いかもしれませんね。

漢方コーディネーターはもともと中国から伝わった漢方は、病気に対する症状や痛みの治療をする対処療法がメインの西洋医学とは違い、漢方の考え方は気や触診や脈、舌の色などからその人の気の滞りを見つけ根本的な体の悪いところを改善していく治療法です。

そのため患者さんの話をじっくり聞いてどこが悪いのか、体が何を求めているのかなどを判断したりするのです。

医師とは異なり治療行為はできませんが患者さんの体の調子を漢方の視点から見てアドバイスしたり、どんな漢方医が合うかなど判断することが必要となってきます。

日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格試験を受験して資格取得する人は、そんな漢方の知識の他に患者さんとの対話の力と判断力のある人が合格することができるのです。

日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格が人気の理由

日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格試験で資格取得後はカルチャースクールで漢方コーディネーターとして講師活動をしたり、また、漢方専門ショップなどで漢方コーディネーターとして働く事も出来るのです。

実績のある日本安全食料料理協会が認定した漢方コーディネーター認定資格だからこそ働くときにも役立つわけですね。

そんな理由から日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格試験に注目が集まっているのでしょう。

また、日本安全食料料理協会漢方コーディネーター認定資格試験は自宅受験が出来ることも嬉しい特典です。

更に受験料がなんと10000円というリーズナブルなのも人気の秘密なのです。

質が良くてリーズナブルなんて誰でも受けようかな~って気になっちゃいますよね。

日本安全食料料理協会の漢方コーディネーター認定試験

日本人が古くから食べ続けてきた『和食』は、平成25年12月にユネスコ無形文化遺産として認定されましたが、日本人の食の欧米化が進んだ結果として、糖尿病や高血圧などの成人病が増加しているといわれています。
そこで最近注目されているのが、天然の素材に含まれる有効成分をいかして健康な体を作る効果が期待されている中国伝統医薬(漢方医薬)です。
日本安全食料料理協会ではこの漢方を取り入れた健康な食生活を提案するために、漢方と漢方薬に対する知識と漢方独自の診断方法や養生などを理解した人を、漢方コーディネーターとして認定する試験を行っています。
漢方コーディネーター認定試験では年齢や学歴などに関係なく受験することが出来て、「漢方の基礎知識」「漢方の歴史」「漢方の思想」などについての評価が70%以上で認定資格を取得することが可能です。

普段の生活に漢方を取り入れて健康に

○わたしはアトピー性皮膚炎で長年悩んでいましたが、体に優しく症状を軽くしてくれるという漢方に興味を持ち治療を受けていました。
漢方コーディネーター認定試験を受験して資格を取得することが出来たので、今後は漢方の知識とスキルを活かして、自宅やカルチャーセンターで講師をすることを目標に頑張っています。(20代ー男性)
○はじめは漢方なんて古臭いものだと思い込んでいましたが、現在行われている漢方は日本で独自に進化したもので、漢方医学の本場の中国からも注目されているほどレベルの高いものだと、漢方コーディネーター認定試験を受験して知ることが出来ました。
日本安全食料料理協会の漢方コーディネーター認定試験は、わざわざ出かけていかなくても自宅で受験することが出来るシステムなので、仕事をしながらでもマイペースで合格することが出来ました。(30代ー会社員)

自宅で簡単、漢方のアドバイザー資格を取得

○漢方コーディネーター認定試験は、漢方についての知識を一定以上の水準であることを証明してくれるので、毎日の生活や食事の中に漢方を取り入れて、体力が低下している人や病気の後のリハビリに取り組んでいる人に、健康な体を取り戻すために必要な指導をすることが出来ます。
日本ではあまりなじみがない漢方のアドバイザーは就職や転職にも有利だと聞いて受験しましたが、受験の申請もネットから簡単に出来たので助かりました。(20代ー会社員)
○家族の健康を守るために漢方の勉強をしていましたが、日本安全食料料理協会の漢方コーディネーター認定試験を受験してみて、今まで以上に本格的な漢方の知識を身につけることが出来ました。
もともと中国料理が大好きだったので、体に無理なく健康になれる漢方には興味を持っていたのですが、家族の健康維持のためにも役立てていこうと考えています。(40代ー主婦)
○テレビの健康番組で漢方の特集を見たことがきっかけで、漢方コーディネーター認定試験を受けることにしました。
中高年になって若い時には感じなかった体の疲労感や気力の衰えなどを、自然のパワーでおだやかに改善してくれる漢方の歴史や成分知識などをしっかり学べたことが一番の収穫でした。(60代ー男性)

漢方って?

中国古代に複数の草や鉱物、木の皮などの天然物を組み合わせることによって、薬の効果が倍増することが判明しました。もともとは、中国の伝統医学の1つですが、後に日本に渡り日本の環境や日
本人の体質に合わせて独自の進化をし、日本の伝統医学になりました。
漢方の治療法は「体の体調を整えて治療する」という治療法なので症状のみを診断するのではなく、その人それぞれの体質を見て診断し判断します。漢方を服用することによって、免疫力を高めることができるともいわれています。また、原因のわからない吐き気やめまいなどの症状を緩和してくれるといわれています。

漢方コーディネーターって?

漢方コーディネーターは、漢方に関する知識を豊富に兼ね備え、病気の症状の改善や「食欲がない」「疲れが取れない」などの体質の改善をその人それぞれに合う漢方の組み合わせを選び提案します。漢方コーディネーターとして働くには資格は特に必要ないですが、知識は絶対になくてはなりません。
また相手の症状や体質などの情報を話から聞き取り漢方薬を選ぶので話をよく聞き親身な対応が大切です。
漢方コーディネーターのお仕事は、体調の優れない人に漢方薬をコーディネイトするだけではなく、自らスクールを開講し講師をすることもできます。

どうやって受験するの?

漢方コーディネーター認定試験は、日本安全食料料理協会が主催しています。漢方・漢方薬に関する基礎知識、独自の診断方法などの知識の理解が一定以上ある方が取得できる資格です。
受験を受けるために資格は特に必要はありませんが、受験料として10,000円が必要になります。
日本安全食料料理協会のホームページにアクセスし試験日程や試験内容などを確認し、申し込み画面から氏名や住所、電話番号など必要事項を入力して送信します。
後日、入力した住所宛に問題用紙と解答用紙が届きます。同時に代金引換で受験料の10,000円を支払います。試験期間中に自宅で解答し、提出期限中に返信用封筒に入れ解答用紙を送ります。合格基準は正答率70%以上からです。約20日程で合否結果が分かり、別費で払うことで、合格証と認定証をもらうことができます。
申し込みがネットでできるだけでなく、受験も自宅で行うことができるので忙しい方でも比較的受験しやすいかと思います。
試験内容は、「漢方の基礎知識」「気・血・水」「養生と四季」「漢方の歴史」「五臓六腑」「漢方薬の特徴」 「漢方の思想」 「漢方の診断方法」 「漢方薬の使い方」 のような基本的な知識の試験になります。

口コミと評判について

「昔から漢方に興味があり、ネットで漢方コーディネーターの資格があることを知りました。試験は緊張しましたが無事なんとか合格することができました。家族や友達の体調など身近な生活にも資格をいかすことができ、とてもうれしく思っています。」

「最近は健康ブームで漢方というフレーズをよく耳にしますが、よく特徴や種類などがよく分かりませんでしたが、効果や歴史など詳しく漢方を知れてとても満足しています。」

口コミでも興味があって試験を申し込んだという方がかなり多いようです。
また、資格習得後に生活の身の回りにも資格が役立つことが漢方コーディネーター認定試験の人気の秘訣だと思います。

申し込みと受験どちらも自宅でできるので興味を持った方は、ぜひ申し込んでみてください。