明日、12月22日は冬至です。北半球で正午の太陽の位置が最も低くなる日です。つまり一番夜が長く、昼が短い日となります。二十四節気のひとつで、旧暦ではこの冬至を基準に暦を計算していました。この日を堺に寒さがどんどん厳しくなってきます。

寒さは厳しくなる半面、この日以降、だんだんと昼の時間が長くなっていき、冬が終わり春がやってくるとも考えられます。そのため、冬至は「一陽来復」とも呼ばれており、悪いことが続いた後、やっと幸運が巡ってくる、これから運が上がってくる日とも考えられています。

 

冬至にはユズ湯に入ろう

冬至にユズ湯に入ると風邪をひかないといわれており、ユズを浮かべたお風呂に入るのが古くからの習慣です。なぜ冬至にユズ湯に入る習慣ができたのか・・・「冬至」と「湯治」、「ユズ」と「融通」などの語呂合わせから、ユズ湯に入って風邪を治し、融通が利くようになるように、などの語呂合わせからきたとの説もありますが、実際のところ理由はわかっていません。

「一陽来復」の日に体を清め、これから運気が上がりますようにとの願いも込められていることでしょう。

ユズ湯の効能としては、さわやかな香りでリラックスできること。またユズの成分が血行促進効果がるため、体が温まり病気にかかりにくいなどがあります。また、クエン酸やビタミンCが含まれているため美肌効果も期待できます。

 

「ん」の付くものを食べて元気になろう

冬至に「ん」のつく食べ物を食べると運が付くとも言われています。「ナンキン(かぼちゃ)」「レンコン」「ニンジン」「ギンナン」「キンカン」「カンテン」「ウンドン(うどん)」は冬至の七草と呼ばれています。

ひとつだけ、冬至に食べるとよいとされる料理をご紹介します。

「カボチャのいとこ煮」です。カボチャと小豆の煮物です。カボチャは「ん」が付く食材ですね。冬至にカボチャを食べるのは無病息災を願ってのこと。カボチャにはベータカロチンやビタミンEが豊富に含まれており風邪予防や冷えの解消に効果があります。また小豆は古来より邪気を祓うといわれており、「一陽来復」の日に食べるのにはぴったりです。
☆カボチャのいとこ煮の作り方

①カボチャは種とワタをとり、一口大の大きさに切ります。

②水にさらしていた小豆を茹でます。最初は強火で。豆が柔らかくなり始めたら弱火にします。柔らかく煮えたら余分な煮汁は捨てておきます。

③鍋にカボチャとたっぷりのお水を入れて火にかけ、煮立ったら②の小豆と砂糖、しょうゆ、みりん、塩を入れ、カボチャが柔らかくなるまで煮ます。カボチャに火が通ら完成です。

小豆を煮るのが面倒な時は缶詰のものでOK。栄養たっぷり、運気上昇のカボチャのいとこ煮を食べて寒い冬を乗り切りましょう。

 

最近では古くからの習わしが忘れられ始めています。でも昔の人がやっていた習慣には必ず意味があります。ちょっと手間のかかることもありますが、健康、幸運を願って古の知恵を日々の生活に取り入れてみませんか。