麻黄附子細辛湯とは

麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は、風邪の引き始め、気管支炎に良いとされる漢方薬で、熱や痛みを和らげてくれます。そして、発汗作用もあるため、体も温めてくれます。他にも、体が弱い方や、高齢の方にもおすすめ出来ます。
麻黄附子細辛湯には、麻黄(マオウ)、附子(ブシ)、細辛(サイシン)がブレンドしてあります。
どれも、辛温発表剤になる漢方で、体の温めには最適な漢方薬とされています。

麻黄附子細辛湯の漢方について

・麻黄(マオウ)…主に中国北部で栽培されている、マオウ科のマオウか、もしくは同属の植物の茎から作られています。様々な漢方薬に処方されていて、アルカロイド、エフェドリンの成分を含んでおり、薬の代わりにも昔から愛用されています。その証拠として、有名な神農本草経でも麻黄を取り上げており、当時はマラリアや頭痛の生薬と紹介されていました。
・附子(ブシ)…キンポウゲ科カラトリカブトもしくはそれに近い植物の根から出来ていて、少し苦みを感じる漢方です。利尿作用や強心作用を持っており、体の回復を助けてくれます。神経痛やリューマチなどの症状にも使用されます。
・細辛(シントウ)…ウマノスズクサ科ウスバサイシンもしくはそれに近い植物の根、根茎から作られています。鎮静作用、鎮痛作用などを持っており、風邪の症状やのどの痛みなどを落ち着かせてくれます。

麻黄附子細辛湯の主な効能

風邪や悪寒、気管支炎、体のだるさや四肢の痛みにおすすめです。どれも初期症状に良いとされるものになります。
あまり症状が重い場合は、麻黄附子細辛湯ではなく、病院へ行くようにしましょう。

麻黄附子細辛湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
また、発熱作用がある漢方なので、熱がりの方が使用するとのぼせてしまいます。血圧の高い方にも血圧を上昇させてしまう働きがあるので注意が必要です。
そして、麻黄附子細辛湯に含まれる麻黄には、交感神経刺激薬になるものが含まれています。それは、心臓や血圧などに負担をかけてしまうため、心臓病、高血圧などの病気や症状が出ている人は注意が必要です。エフェドリンやテオフィリンなどの薬との併用は避けましょう。
他の麻黄や附子を使った漢方薬の併用も、飲み合わせとしておすすめは出来ないので注意してください。

麻黄附子細辛湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

麻黄附子細辛湯で考えられる副作用

麻黄附子細辛湯を服用した際に考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、吐き気などを感じることです。また、温める力のある漢方なので、熱によるかゆみ、動機や寝つきが悪くなったり、発汗過多などの症状がでる場合も考えられます。
めったに出ることはないですが、重く副作用が出る場合は、先ほどの症状が重くなったり、皮膚、白目部分が通常時よりも黄色くなったり、尿が茶褐色になったりします。

漢方でめまい対策をするのなら半夏厚朴湯

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は、気持ちを落ち着かせるのにぴったりの漢方で、他にも咳や胃のムカムカも抑えてくれます。半夏厚朴湯は、心身ともに疲れた時や、気持ちが繊細な人におすすめなので、仕事などのストレスによる冷え、不眠、めまいなどにも使用できます。
半夏厚朴湯には、半夏(ハンゲ)、厚朴(コウボク)、茯苓(ブクリョウ)、蘇葉(ソヨウ)、生姜(ショウキョウ)がブレンドされています。
半夏などは単独でも使用され、病院でもよく処方される漢方薬になります。

半夏厚朴湯の漢方について

・半夏(ハンゲ)…サトイモ科カラスビシャクの根茎から出来ています。鎮吐作用や去痰作用があり、吐き気などを静めてくれる漢方です。
・厚朴(コウボク)…モクレン科ホウノキもしくはそれに近い植物の幹や枝の皮を乾燥したものです。健胃作用や鎮吐作用があるため、胃の気持ち悪さを抑えてくれます。
・茯苓(ブクリョウ)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたものです。胃腸を整えてくれる作用があり、むくみや下痢など、体内の水分に関係するものを調整してくれる漢方です。
・蘇葉(ソヨウ)…シソ科シソもしくはそれに近い植物の葉です。紫蘇なので、日本でもなじみのある漢方でしょう。自律神経の乱れや消化の働きを助けてくれます。
・生姜(ショウキョウ)…ショウガ科ショウガの根茎で、発散作用があります。さらに、健胃作用もあるため、吐き気などを静めてくれます。

半夏厚朴湯の主な効能

不安によるめまいや食欲不振、不眠、めまいやノイローゼ、更年期障害や吐き気などにも良いとされています。つわりなどにも使用できます。心にも作用してくれる漢方薬なので、ノイローゼまでにならなくても、イライラが収まらない時や不安になってしまったときなどにも有効です。うつ病を治すには効果が薄いですが、そうなる前の対処としてはおすすめです。
もちろん、体にも作用してくれます。風邪のときというよりは、咳が止まらないときなどに良いでしょう。つわりなどの、少しの吐き気なども抑えてくれます。漢方自体、即効性はあまり期待できないので、風邪の予防や、ストレスが多くかかっていると感じた時から飲み始めることをおすすめします。また、飲み続けると体が慣れてしまい、効果が出づらくなるので、必要な時に1か月ほど飲み続ける、くらいにしておきましょう。。

半夏厚朴湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。

半夏厚朴湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

半夏厚朴湯で考えられる副作用

半夏厚朴湯を服用した際に考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。
そんなに副作用自体発症しづらい漢方ですが、辛いときはすぐに医師と相談してください。
場合によっては、発疹やかゆみなどが出る場合があります。