冷えからくる下痢やめまいに「真武湯」

真武湯という名前は中国の伝説上の神獣「玄武」から名付けられた漢方薬といわれており、もともとは「玄武湯」と呼ばれていたそうです。それが宋の皇帝と同じ名前では恐れ多いという理由から真武湯と改められたといわれています。
その効能は身体を温め、血の循環を改善させるとされており、身体の弱い人の冷え、下痢、腹痛、消化不良、めまい、むくみといった症状に対して効果を発揮します。
四肢の冷えが顕著で体温が低い。脱力感・倦怠感が強くすぐに横になりたくなる。めまいやふらつきがある。尿量が少なくむくみが出やすい。お腹が弱く下痢をしやすい。これらは身体の「冷え」を解消することで改善する場合があります。
そして真武湯は身体を温め、冷えとそれに伴う諸症状を解消するための漢方薬です。

配合されている生薬は以下の通りです。

附子(ぶし)……温裏(※寒さを散らす)作用、止痛作用などがある。
生姜(しょうきょう)……発汗作用、(※胃の機能を正常にする)作用、鎮吐作用などがある。
芍薬(しゃくやく)……補血作用、鎮痛作用、鎮痙作用、収斂(※体液を漏らさず集める)作用などがある。
茯苓(ぶくりょう)……利水作用、健脾(※脾胃の機能を正常にする)作用、安神(精神を安定させる)作用などがある。
蒼朮(そうじゅつ)……健胃作用、整腸作用、利尿作用などがある。
※蒼朮に代わり類似の作用を持つ白朮(びゃくじゅつ)を配合していることもあります。

新陳代謝を高めて身体を温める作用や、水分の循環を調整する作用に優れた生薬が配合された漢方薬です。
胃腸薬としても効果を発揮するように作られており、虚弱体質の方や胃腸の弱い方にも良い効果を発揮できるものとなっています。

真武湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

真武湯は身体が弱っている方、虚弱体質の方を対象とした漢方薬です。主に風邪、胃腸疾患、ネフローゼ症候群などといった病気や、四肢の冷え、倦怠感、下痢、腹痛、消化不良、めまい、むくみ、月経不順といった症状に対して用いられます。また、血圧を下げる作用も認められており、高血圧や心悸亢進といった循環不全の改善にも使用されることがあります。

身体を温める作用が強い漢方薬ですので、虚弱体質で冷え症状のある患者さんに対しては効果的ですが、反面、体力が充実している方、身体に熱がこもりやすいような方には適していません。

また、同じ虚弱体質で冷え性の方に効果的な漢方薬に「人参湯(にんじんとう)」がありますが、胃痛や胃もたれといった胃腸の症状が特に強い場合にはこちらの漢方薬が適しています。使用の際は医師や薬剤師とも相談し、患者さんの症状に合った漢方薬を使うようにしてください。

真武湯とはどのように使うものか

真武湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
なお、服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

体力が充実している方、身体に熱がこもりやすいような方が使用した場合、症状が悪化する恐れがあります。

また、他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思いますので、実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

慢性的な冷えや痛みを改善する漢方薬「五積散」

『五』つの『積』み重なった病邪を払う『散』剤、という意味を持つ五積散は、その名の通り5つの溜まった悪いもの--「気(エネルギーの停滞)」「血(血流の停滞)」「痰(水分の停滞)」「寒(冷え)」「食(食物による毒)」を解消する漢方薬です。あらゆる不調を幅広くじんわり治していく力を持ちますが、主には身体が冷え、水分の代謝が悪くなったために起こる身体の不調に適応されることが多いです。具体的には、腰痛、神経痛、関節痛、頭痛、冷え性などに適応されています。

滋養豊かな生薬のオールスターズとも言うべき16もの生薬で構成されたこの漢方薬ですが、あらゆる面からアプローチしてバランスよく身体の調子を整える一方、漢方薬には配合生薬が多くなればなるほど効果が穏やかになるという特徴もあるため、この方剤がとてもゆっくり作用するタイプの処方であることも分かります。体質改善を目指し、メインの治療の補助薬的に長期服用することが多いです。胃に優しい生薬が多いため、甘草の副作用にさえ気をつければ長く服用して悪いことはありません。

五積散の生薬について

・蒼朮(ソウジュツ)…健胃、利尿、発汗作用があり、水分代謝を活発にします。

・陳皮(チンピ)…健胃、鎮吐、鎮咳、去痰作用があり、気のめぐりを助けます。

・当帰(トウキ)…血を養い血行をよくする働きがあり、冷えや冷えによる痛みを取ります。

・半夏(ハンゲ)…鎮嘔、鎮静、鎮咳作用を持ち、湿気を取り除きます。

・茯苓(ブクリョウ)…利水の生薬の代表で、水毒を取り除き利尿作用をもたらします。

・甘草(カンゾウ)…鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

・桔梗(キキョウ)…鎮咳、去痰作用のほか、末梢血管拡張作用を持ち排膿、抗潰瘍にも働きます。

・枳実(キジツ)…温める作用、胃腸機能を昂進する作用があります。

・桂皮(ケイヒ)…体表を温め病邪を発散させます。また健胃・鎮痛作用を持ちます。

・厚朴(コウボク)…整腸作用、利尿作用があり、腹部膨満を解消して下痢を止めます。

・芍薬(シャクヤク)…鎮痛、鎮痙作用があり、筋肉の緊張を和らげて痛みを取ります。

・生姜(ショウキョウ)…健胃作用を持ち、気の流れをよくして痛みを止めます。

・川芎(センキュウ)…活血行気の効能があり、血流を改善して血が滞ることによって起こる疼痛などを和らげます。

・大棗(タイソウ)…脾を養い滋養強壮に働きます。

・白芷(ビャクシ)…胃と肺を温めます。皮膚の腫れを引かせ、体表の痛みを止めます。

・麻黄(マオウ)…エフェドリンという有効成分を持つ咳止めの生薬です。

五積散の効能

身体を健康に維持する要素「気血水」の滞りを解消し、うまく循環するように整えることで冷えや痛みを取りのぞく漢方薬です。気は身体を動かすエネルギー、血は全身に栄養を運ぶものですが、外部の邪(寒さや湿気など)やストレスなどで簡単に少なくなったり滞ったりしてしまいます。すると、胃腸をはじめ様々な臓器の働きが落ち、疲れたり痛みを生じたり、あちこちに不調を起こします。

五積散の配合生薬を大まかに分けると、気の生産を行う器官である「脾」を温める生薬、その気をスムーズに流す作用のある生薬、血に養分を補う生薬、水分を代謝する生薬となっています。身体の中心部である「脾」の働きはとても重要で、ここを温めることが体質改善の第一歩です。胃腸の冷えと体表の冷えを改善する作用がこの漢方薬の方意の軸となっています。

五積散の使用法

煎じ薬の成分を濃縮乾燥したエキス剤が主流です。1日量を2、3回に分割し、食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

長期的な服用になる場合が多いため、甘草の副作用に気をつけます。有効成分「グリチルリチン」がむくみや高血圧を起こすことがあります。

また虚弱な人に向けた処方ではあるものの、著しく弱っている人が服用した場合に麻黄による胃腸障害が現れることがあります。その場合は医師に相談してください。

漢方で血の巡りを正常にするなら四物湯

四物湯(シモツトウ)は、体を温めて血行を促進する作用のある漢方薬です。
特に女性にはうれしい効果が多く、冷え症や貧血の他にも、生理痛や更年期障害などにも効果のあるものになります。
四物湯には、当帰(トウキ)、川芎(センキュウ)、芍薬(シャクヤク)、地黄(ジオウ)がブレンドされています。他の漢方薬と一緒に渡される事もあるくらい安全なものになりますが、女性はホルモンバランスにも関係する漢方なので、妊娠中には避けてもらっています。

四物湯の漢方について

・当帰(トウキ)…セリ科カラトウキの根から作られていて、血の巡りを良くしたり、便通をよくする作用が期待できます。神農本草経では、当帰の効果として、マラリアや咳、不妊症に良いと書かれています。
・川芎(センキュウ)…セリ科川芎もしくはそれに近い植物の根茎から出来ている漢方です。血の巡りを良くし、痛みや発疹などを和らげる作用があります。
・芍薬(シャクヤク…キンポウゲ科・ボタン科シャクヤクもしくはそれに近い植物の根から出来ています。肝臓の働きを強めてくれて、体が疲れている時などにも有効な漢方です。
・地黄(ジオウ…マノハグサ科アカヤジオウの根からなる漢方です。滋潤作用を持っています。滋潤とは、潤いを持たせるという意味で、血液を含む体全体に栄養を与えてくれる力があります。

四物湯の主な効能

体を温めて、血の巡りを正常にします。冷え症や貧血を改善し、顔色を血色良くすることも出来ます。顔だけでなく、爪の色にも表れてきます。
生理痛や更年期障害など、女性の悩みに有効な効果が多く、産後の疲労回復などにも手助けしてくれます。
他にも、ホルモンのバランスを整え皮膚に潤いを戻す効果も期待できます。そのため、肌のかさつきが気になっている方や、髪がパサパサとしてしまい悩んでいる方にもおすすめです。
もし、しばらく飲んでも効果が出ない場合は、体質に合っていない可能性があるので、漢方に詳しい専門医に聞いてみましょう。

四物湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は慎重に用いる必要があります。ホルモンバランスに働きかける漢方なので、妊娠中や月経過多症の場合は使用を控えるようにしましょう。また、熱がこもっている人というよりは、なかなか冷えが解消できないという人が対象の漢方です。

四物湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

四物湯で考えられる副作用

四物湯を服用したときに考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。これ自体あまり起こることは無く、起こったとしても次第に慣れていきます。
それでも良くならない場合は、体質に合っていないこともあるので、医師や専門医への確認をする必要があります。