漢方薬の名前には、薬に含まれている成分や剤型・歴史等が分かります。

しかし近年の漢方薬は、エキス剤・穎粒・シロップ等、服用し易いように工夫されています。

漢方の用語

生薬(しょうやく)…自然の動植物を乾燥させて作られたもの。
多くの成分が含まれています。

漢方薬…生薬のいくつかを組み合わせたもの。
各生薬の成分が増強されたり緩和されたりします。

※一つの生薬のみの場合は”漢方薬”とは言いません。

エキス製剤…生薬からエキスを抽出して錠剤やカプセルにしたもの。
成分のバラツキは少なくなる利点があります。

湯(とう)

例えば、風邪の初期症状に用いられるものに葛根湯(かっこんとう)があります。

このように「~湯」という名前の漢方薬は薬草を煎じて服用するものです。
これは漢方薬が元々、煎じ薬だったことからこのような名前が多くなっています。

最もよく用いられる剤形で、体に吸収されやすく高い治療効果が期待できます。

散(さん)と飲(いん)

「~散」や「~飲」も「~湯」と同じ意味です。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)等に用いられる「~散」は散剤・粉薬であることを意味しています。

昔は臼などで薬剤を細粉にしていました。
製造が簡単で、携帯と服用に便利です。

丸(がん)

生薬の粉を練って丸めたものです。
身近な薬品では、正露丸(せいろがん)等があります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)等の「丸」の剤型は、薬剤を細かく砕いて細末にして、適量の蜂蜜等を加えて丸めたものです。

服用・携帯・貯蔵に便利で、効き目の持続性も長く、正確な分量を服用しやすい点で好まれています。

料(りょう)

丸剤・散剤を煎剤として用いる場合、桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)、当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)のように「~料」をつけます。

酒(しゅ)

薬用酒のことです。

薬物を酒に浸して有効成分を酒に染み出させたものです。

膏(こう)

外用の膏薬です。

紫雲膏(しうんこう)は、外科医の華岡青洲(はなおか せいしゅう)が、中国の明代の潤肌膏という薬をもとにして創ったもので、胡麻油、黄蟻、豚脂、当帰、紫根から出来ています。

紫雲膏は、炎症・外傷・湿疹、しもやけ、あせも、痔核等も用いられます。

主な生薬の名前がつけられる

例えば、麻黄湯(まおうとう)は麻黄の他に、甘草、杏仁、桂皮などが入っています。

しかし、漢方薬の名前には麻黄のみが記されています。
このように薬名には、主な生薬が記載されることがほとんどです。

作用が薬名になる

子供の神経の高ぶりに使用される抑肝散(よくかんさん)は、肝(かん)を”抑える”薬です。

※漢方では“肝”は心や精神を表しています。
抑肝散での“肝”は、精神神経症状のことで、抑肝散は精神神経症状の高ぶりを鎮めるための方剤です。

さいごに

患者さんが漢方薬の名前の由来を知ることは薬の情報を知るだけでなく、どのように効果があるのか、どのような歴史から出来たのかが分かり、治療のモチベーションアップにも繋がります。

漢方を毎日服用している人は、その薬の元々の服用方法(剤型)から薬の種類・効能も意識してみると良いでしょう。