大黄牡丹皮湯

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)とは「大黄(だいおう)」と「牡丹皮(ぼたんぴ)」という生薬を中心として構成された漢方薬で、婦人科疾患、便秘や痔といった症状に対して用いられます。
中国医療において「瘀血(おけつ)」とは、体内の血が滞ることを意味しています。血の流れがスムーズに行われないと様々な不調が現れますが、女性の場合は生理痛や生理不順など月経に関わる疾患の原因だといわれています。大黄と牡丹皮はこの瘀血を改善する「駆瘀血」の作用に優れた生薬です。また、大黄は便秘を解消し篭もった熱を鎮める作用にも優れています。

配合されている生薬は以下の通りです。

大黄(だいおう)……活血作用、駆瘀血(※血の滞りを改善する)作用、瀉下(※水などを注ぎくだす)作用、清熱作用などがある。
牡丹皮(ぼたんぴ)……消炎作用、鎮静作用、鎮痛作用、駆瘀血作用などがある。
桃仁(とうにん)……活血作用、排膿作用、潤腸作用、駆瘀血作用などがある。
冬瓜子(とうがし)……消炎作用、利尿作用、瀉下作用、排膿作用、去痰作用などがある。
芒硝(ぼうしょう)……清熱作用、通便作用、利尿作用などがある。

先に述べた駆瘀血作用などによる婦人科疾患の改善作用や通便作用、清熱作用に優れた漢方薬が配合されています。

大黄牡丹皮湯とは何の症状に効く漢方薬なのか

大黄牡丹皮湯の効能は体力のある方を対象として、主に月経不順や月経困難といった婦人科疾患や、便秘や痔、下腹部痛(特に右下腹部)の改善などに用いられます。また、虫垂炎や炎症性腸疾患などの治療にも用いられることがあります。

なお、婦人科疾患に対して適応となる漢方薬は他にも種類があります。
身体の上方に熱感やほてりがあり、かつ冷え性という方に良いとされているものとして「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、貧血で冷え性があるという方には「(とうきしゃくやくさん)」、精神的ストレスが強く便秘を伴うといった方には「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」などが適しているとされています。どれも同じ婦人科疾患に用いられる漢方薬ではありますが、個人の症状によって適したものが変わります。使用する際には医師や薬剤師と相談の上、症状に合わせて選択するようにしてください。

大黄牡丹皮湯とはどのように使うものか

大黄牡丹皮湯を煎じたものを食間もしくは食前に服用します。
婦人科疾患に適応となる漢方薬ではありますが、生薬に含まれる子宮収縮作用により妊娠中の方が服用すると早流産を起こす可能性があります。妊娠中の方、もしくは妊娠の疑いがある方の使用には適していません。服用する際は安易に自己判断せず医師の診断を仰ぎ、用法用量を守って正しく使うようにしてください。

副作用はあるのか

体力がある方を対象としたものですので、虚弱体質の方、体力のない方の使用には適していません。また、熱を冷ます作用があるため、冷え性の方が用いると症状を悪化させる恐れがあります。
また、大黄の副作用として子宮収縮作用や骨盤内臓器の充血作用が認められており、妊婦が多量に服用した場合に流早産の危険が生じる恐れがあります。さらに、授乳中の方の場合ですと母乳から生薬成分が流れ、乳児が下痢を起こしてしまうことがあります。
処方を受ける際に医師や薬剤師に御自身の現在使っている医薬品について、妊娠の有無と授乳の有無についてしっかりとお伝えした上で使用について判断を仰いでください。

他にも他の内服薬との併用による配合成分の大量摂取によって副作用が生じることがあります。個人によって体質に合わなかったり、アレルギー反応などが出ることもあるかと思いますので、実際に使用してみて何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止め、処方した医師や薬剤師に相談するようにしてください。

月経不順、更年期のイライラに「甲字湯」血流を改善する甲字湯

甲字湯は、血のめぐりを改善する漢方薬です。血流が悪くなることから起こる様々な不調に適応されます。婦人科でよく処方される「桂枝茯苓丸」とほぼ同等の生薬構成を持っており、月経異常や更年期障害から起こるのぼせやイライラを改善するほか、打ち身や頭痛、肩こりなどにも効果を表します。また、しもやけや皮膚の湿疹などにも用いられることがあります。

胃にやさしい「甘草」と「生姜」が入ることで胃腸虚弱者の方にも使いやすく、また鎮痛剤として優れた働きをする「芍薬」と「甘草」が一緒に含まれることにより、より痛みに効く処方となっています。

甲字湯の生薬について

・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科ケイの樹皮を乾燥したものです。身体を温めるハーブシナモンとして有名で、気のめぐりをよくして発汗、発散、健胃の作用を持ち、冷えからくる痛みも鎮めます。

・茯苓(ブクリョウ)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたものです。利水作用に優れ、体内の水分バランスを調整します。

・牡丹皮(ボタンピ)…ボタン科ボタンの根の皮を乾燥したものです。血中の熱を冷ます力があり、消炎、止血、鎮痛作用があります。

・桃仁(トウニン)…モモの果実から核果を取り出し、外の硬い殻を割って種子を日干しにしたものです。活血といって血のめぐりが悪くなっているのを改善する作用があります。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科のシャクヤク、または近縁種の根の部分を使います。熱を冷まし、血液の流れをよくする働きがあり、鎮痛、鎮痙作用を持ちます。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

・生姜(ショウキョウ)…食卓でおなじみのショウガです。身体を温めて新陳代謝機能を促進し、身体の水分の滞りを解消します。健胃作用もあります。

甲字湯の効能

甲字湯の主な効能は「理気」「活血」です。主に血流が悪くなり、身体のエネルギー循環がうまくいかなくなっている状態を改善します。

漢方理論で言う所の「血」は、体中に栄養素をめぐらせ、身体を運営していくために必要不可欠な要素。それが不足したり滞ったりすることで、あちこちに不調を生じます。血がめぐらないと、「気」のうちの温かいものは上に上り、冷たいものは下へ下がって停滞してしまいます。すると「冷えのぼせ」という状態になり、上半身には熱があつまってイライラするし、下半身は冷えて月経不順などを招くのです。

そこで、「心(心臓のポンプ機能)」に作用する牡丹皮と桃仁が気血を活性化し、エネルギーの滞りを解消します。血の流れが解消されるので、月経不順が改善します。桂皮は頭に上った余計な熱を発散し、のぼせを取り除いてくれますし、芍薬と甘草は生理痛・頭痛といったキューっとする痛みを鎮めます。また生姜と甘草のコンビは健胃作用があり、これらすべての働きをサポートします。

甲字湯の使い方

「湯」は煎じ薬の意味で、元来生薬を煮出したものを服用していましたが、現在では濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流です。煎じる手間がなく、手軽に服用できます。1日量を3回に分割し、食前又は食間、つまり空腹時に経口服用してください。

副作用などはあるか

医師・薬剤師の指示に従って服用する限りは重篤な副作用の心配はありません。

ただし、どちらかと言えば実証と言って体力がそこそこある方に向く処方のため、とても弱っている人が服用すると吐き気や食欲不振などが起こる場合があります。その場合は医師・薬剤師に相談してください。

また、「甘草」の成分「グリチルリチン酸」は過剰摂取によりむくみや高血圧などを生じる「偽アルドステロン症」を起こすと言われていますので、他に服用している薬がある時は注意してください。

漢方で貧血を解消するなら人参湯

人参湯(ニンジントウ)は、滋養強壮薬としてもよく使用される人参をベースにした、胃腸の働きを高めてくれる漢方薬です。人参湯には、人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)か白朮(ビャクジュツ)、乾姜(カンキョウ)、甘草(カンゾウ)がブレンドされています。
冷え性の方や、体型が細い方、体質虚弱の人におすすめの漢方で、体力の回復や、体の無駄な水分を取り除く力や、胃腸の働きを高め、正常にする力なども期待できます。

人参湯の漢方について

・人参(ニンジン)…ウコギ科のオタネニンジンの根で、朝鮮人参、高麗人参というと日本人に馴染みのある名前でしょう。強壮作用があり、元気を取り戻してくれる漢方です。
・蒼朮(ソウジュツ)か白朮(ビャクジュツ)…蒼朮はキク科ホソバオケラまたはその変種の根茎、白朮はキク科オケラまたはオオバナオケラの根茎からできる漢方です。どちらも胃腸の調子を整えてくれて、漢方を処方する会社によって変わってきます。
・乾姜(カンキョウ)…ショウガ科ショウガの根茎を使用します。乾姜の場合は、それを湯通しし、根茎の皮を取り除き、蒸して乾燥したものになります。冷えを改善する作用があり、腹痛や消化不良、体の部分的な冷え等を解消する助けをしてくれます。
・甘草(カンゾウ)…マメ科ウラルカンゾウもしくはそれに近い植物の根から出来ます。甘みのある漢方なので、甘み付けとしても良く様々な漢方薬に使用されています。

人参湯の主な効能

体の弱い方や、体力が落ちてしまった方、または女性が悩みがちな冷えや貧血、そしてつわりなどに効果的です。また、下痢や嘔吐の症状にも向いている漢方で、子供の食欲不振にも使える安全度の高いものになります。
年齢を重ねるごとに弱っていく胃を元気にする効果もあるので、年配の方の食欲増進にも使用できます。食欲が出れば、若々しさも取り戻せるでしょう。

人参湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
また、心臓病や高血圧などの病気がある人は注意が必要なので、もしも飲む場合は医師か専門医に相談してからにしてください。そして、甘草を含む他の漢方薬と併用して飲むと、甘草の摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があります。注意してください。

人参湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

人参湯で考えられる副作用

人参湯を服用したときに考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。これ自体あまり起こることは無く、起こったとしても次第に慣れていきます。
甘草を大量に取ると、むくみや血圧の上昇のある偽アルドステロン症が出ることがあるので、飲みすぎには注意してください。他にも、重く副作用が出ると、しびれや息切れ、動悸が出てくるため、すぐに医者へ連絡をしてください。