卵巣機能を高める漢方

卵巣機能は、女性の方にとって切っても切れない深い繋がりがあります。イライラしたり、なぜか落ち込んでしまったりという精神的な面、そして子供を産むためなどの体的な面などです。
しかし、なかなか卵巣機能を高めたいと思っても、何から始めればいいか分からないと思います。そこで、今回は卵巣機能を高める漢方を紹介します。
漢方は、自然治癒力を高める働きがあるので、優しく体に働きかけてくれます。漢方も、体質によって合うもの合わないものがあるので、ぜひ一度専門医に相談してみましょう。

卵巣機能でお悩みの方におすすめの漢方

・婦宝当帰膠(フホウトキキコウ)
生理の出血が少なかったり、血の巡りが良くない人におすすめ出来る漢方薬です。そのため、生理痛や生理不順、貧血などにも使用できます。
よく、不妊治療中の方がこの漢方を探していますが、体質によって合う合わないがあるため、一概に、全員に効果があるとは言えないので注意しましょう。
ただし、甘草(カンゾウ)を含む他の漢方薬と併用して飲むと、摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意してください。
当帰(トウキ)
黄耆(オウギ)
地黄(ジオウ)
芍薬(シャクヤク)
茯苓(ブクリョウ)
阿膠(アキョウ)
党参(トウジン)
川芎(センキュウ)
甘草(カンゾウ)

・加味逍遙散(カミショウヨウサン)
イライラしやすい方におすすめの漢方薬です。ストレスは、卵巣機能を低下する大きな要因の一つになります。
上半身を冷やす働きがあるので、頭に血が上った場合でも一旦冷静にしてくれる作用が期待できます。他にも、冷え性でなかなか疲れが取れないとお悩みの方にも効果的です。
【ブレンドされている生薬】
柴胡(サイコ)
芍薬(シャクヤク)
蒼朮(ソウジュツ)
当帰(トウキ)
茯苓(ブクリョウ)
山梔子(サンシシ)
牡丹皮(ボタンピ)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
薄荷(ハッカ)

・酸棗仁湯(サンソウニントウ)
ぐっすりと眠れない人におすすめの漢方薬です。
眠れないというのは、体の疲れを取れていない証拠です。色々と考えすぎてしまったり、気を使いすぎてしまうことで神経がいつでも緊張状態にあります。そのため、この漢方によって休んでいいというスイッチに切り替えると良いでしょう。
ストレスも、睡眠不足も卵巣機能低下の原因になります。
【ブレンドされている生薬】
酸棗仁(サンソウニン)
知母(チモ)
茯苓(ブクリョウ)
川芎(センキュウ)
甘草(カンゾウ)

牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)
冷えも卵巣機能に関係していきます。その冷えを改善するのにおすすめの漢方になります。
むくみやすい人や、トイレが近い人にも向いている漢方です。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
山薬(サンヤク)
山茱萸(サンシュユ)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
牡丹皮(ボタンピ)
桂皮(ケイヒ)
附子(ブシ)
牛膝(ゴシツ)
車前子(シャゼンシ)

・六味地黄丸(ロクミジオウガン)
のぼせ気味の方におすすめの漢方です。体内の水分が原因で、卵巣機能が低下してしまいます。
この漢方を取ることで、体内の水の流れを正常にしてくれるでしょう。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
山茱萸(サンシュユ)
山薬(サンヤク)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
牡丹皮(ボタンピ)

妊活で卵子の質を上げたい人の漢方とは

質の良い卵子を育てるためには”低温期の過ごし方”が大事と言われています。

体には栄養・酸素をたくさん送り込んで健康な卵胞・卵子を作れるようにしましょう。

低温期と卵子

低温期は、卵巣の中で卵胞・卵子が育つ時期です。

体に必要な栄養・酸素をたくさん運ぶことで、卵巣にも老廃物を排出する血液が多く運ばれて、卵巣が疲れるのを未然に防ぐことができます。

睡眠では、良質な睡眠をたくさんとって、就寝中のホルモンの分泌も活発にしてあげましょう。
血液循環の改善には”栄養が豊富で冷やさない食事・生活習慣”が大切と言われています。

低温期と卵胞

卵胞は、赤ちゃんが育つためのベッド(子宮内膜)を作ります。

特に卵巣の中で”大きな卵胞”が育てられれば、その中の”卵子の質も良くなる”と言われています。

ストレスは大敵

「ストレスは万病の元」と言われますが、これは妊活でも同様です。

ストレス過多に晒されると、筋肉・血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。
すると卵巣への血液量も減って疲れやすくなり、良質な卵子・卵胞ができにくくなるのです。

また、ストレスがあると活性酸素の量が増えて、充分な卵子・卵胞ができにくくなります。
妊娠するためのホルモンが分泌する”脳の下垂体”には、ストレスがあることで悪影響を与えかねません。

卵巣の働きの改善

ストレスの他にも、食生活・日常生活の質の低下、加齢は卵巣の働きを低下させてしまうことがあります。

しかし、漢方の体質改善の効果と食生活・日常生活の改善ができれば、卵巣の働きが取り戻されて、妊娠しやすい体に戻ることが可能です。

栄養豊富な食事

”良質のたんぱく質”と”鉄分の多い食事”を充分に摂ることが一番大切です。
良質のたんぱく質と鉄分は血液の材料となり、卵巣を元気にします。

朝食もしっかり摂るようにしましょう。

おすすめの食事例

朝におすすめのたんぱく質・鉄分の豊富な食事は以下の通りです。

例:納豆、卵、焼き魚、しじみ・アサリと根菜類の味噌汁

おすすめしない食事例

パンや生野菜のサラダ、ヨーグルト、バナナ、冷たい牛乳、野菜ジュースは、体を冷やす作用があります。

豆乳・青汁・スームージー等の健康飲料も内臓を冷やしてしまうので、妊娠を望んでおられる女性は避けた方が良いです。

現代の生活と不妊

不妊で悩む女性が増えた原因の一つに、就寝時間の遅れがあります。

睡眠は、何時間寝るかより”何時に寝るか”が大切です。
卵胞・卵子の育つ時間とホルモンが分泌されやすい時間は、夜の11時~深夜2時までと言われています。

※排卵も夜に起きることが多いです。

しかし夜遅くまで起きていると、エネルギーや血液を消耗して、充分な血液量を卵巣に送り込めず、良質な卵子・卵胞もできにくくなります。

また睡眠不足は、発育中の卵子の細胞を損傷させてしまうこともあります。
妊活中の女性は特に睡眠をしっかりとって、ホルモンのメラトニン量を増やし、良質な卵子・卵胞を作れるようにしましょう。

遅くとも12時までには寝るように心掛けましょう。

さいごに

ストレスが全く無いことは、体温調節機能が低下にも繋がります。
適度なストレスは体と心のバランスを保つために必要です。

あまり神経質にならずに、穏やかな気持ちで過ごせるようにしましょう。

漢方薬局では、不妊治療の相談を行っているところもあります。
なかなか子供ができにくい体質の改善にも、生活の改善と漢方治療で緩やかに治すことが期待できます。