麻黄湯とは

麻黄湯(マオウトウ)は、風邪の時に活躍してくれる漢方です。
風邪の引きはじめや、高熱が出る前に起こる悪寒、節々の痛さなどに有効で、インフルエンザにも使用できます。
風邪をしっかりと引いてしまうと、効果は薄いですが、早めの対処として使用するには向いている漢方です。麻黄湯には、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、杏仁(キョウニン)、甘草(カンゾウ)がブレンドされています。

麻黄湯の漢方について

・麻黄(マオウ)…主に中国北部で栽培されている、マオウ科のマオウか、もしくは同属の植物の茎から作られています。様々な漢方薬に処方されていて、アルカロイド、エフェドリンの成分を含んでおり、薬の代わりにも昔から愛用されています。その証拠として、有名な神農本草経でも麻黄を取り上げており、当時はマラリアや頭痛の生薬と紹介されていました。
・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科ケイもしくはそれに近い植物の幹か、樹皮を使用しています。腸蠕動運動亢進作用があるため、お腹のハリなどを調整してくれます。
・杏仁(キョウニン)…バラ科アンズの種子から出来ている漢方です。鎮咳作用や去痰作用があるため、風邪の引きはじめ、終わりかけなどのしつこい咳や痰を取り除く助けをしてくれます。
・甘草(カンゾウ)…マメ科ウラルカンゾウもしくはそれに近い植物の根から出来ます。甘みのある漢方なので、甘み付けとしても良く様々な漢方薬に使用されています。

麻黄湯の主な効能

悪寒や発熱に向いている漢方なので、風邪やインフルエンザの初期症状にも向いています。他にも、高熱が出ているにも関わらず、全く汗をかかない時などにも有効です。
また、鎮痛作用があるため、頭痛や腰痛、関節リウマチなど、痛みを伴う症状が出たときにも良いでしょう。

麻黄湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
麻黄には、交感神経刺激薬になるものが含まれています。それは、心臓や血圧などに負担をかけてしまうため、心臓病、高血圧などの病気や症状が出ている人は注意が必要です。エフェドリンやテオフィリンなどの薬との併用は避けましょう。他にも、甘草の摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があります。他の麻黄、甘草を使った漢方薬の併用も、飲み合わせとしておすすめは出来ないので注意してください。

麻黄湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

麻黄湯で考えられる副作用

麻黄湯を服用した際に考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、吐き気などを感じることです。めったに出ることはないですが、甘草を含む他の漢方薬と併用して飲むと、甘草の摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があります。その場合は、むくみやしびれが出てくるので、すぐに医者へ連絡をしてください。また、麻黄によって眠れなくなる場合もあるので、そういう症状が出る人は飲むのを避けるか、飲む時間を考えましょう。

漢方で弱った胃を元気にするなら補中益気湯

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の字の中にある「中」は、胃腸を意味しています。補中とは、胃腸を補う、という意味です。そして、益気とは元気にすると言う意味です。つまり、補中益気湯は胃腸を元気にする漢方薬です。病院でも処方されることのある代表的な漢方薬になります。
補中益気湯には、人参(ニンジン)、黄耆(オウギ)、蒼朮(ソウジュツ)か白朮(ビャクジュツ)、柴胡(サイコ)、当帰(トウキ)、升麻(ショウマ)、陳皮(チンピ)、生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)と10種類もの漢方がブレンドしてあります。

補中益気湯の漢方について

・人参(ニンジン)…ウコギ科のオタネニンジンの根で、朝鮮人参、高麗人参というと日本人に馴染みのある名前でしょう。強壮作用があり、元気を取り戻してくれる漢方です。
・黄耆(オウギ)…マメ科キバナオウギもしくはそれに近い植物の根から取れるものです。解毒作用を持っていて、熱を正常に戻してくれるパワーがあります。
・蒼朮(ソウジュツ)か白朮(ビャクジュツ)…蒼朮はキク科ホソバオケラまたはその変種の根茎、白朮はキク科オケラまたはオオバナオケラの根茎からできる漢方です。どちらも胃腸の調子を整えてくれて、漢方を処方する会社によって変わってきます。
・柴胡(サイコ)…セリ科ミシマサイコもしくはそれに近い植物の根から出来る漢方です。
鎮痛作用、鎮静作用があり、かつ抗菌作用、抗ウイルス作用もあるので風邪対策におすすめできます。
・当帰(トウキ)…セリ科トウキの根からできる漢方で、女性の悩みによく使われます。不妊症にも良いとされています。
・升麻(ショウマ)…キンポウゲ科キンポウゲ科サラシナショウマもしくはそれに近い植物の根茎から出来る漢方です。発汗作用があり、風邪の引き始め等におすすめです。
・陳皮(チンピ)…ミカン科ミカンもしくはそれに近い柑橘系の成熟果皮から出来ます。健胃作用もあり、胃のムカムカを取ってくれます。
・生姜(ショウキョウ)…ショウガ科ショウガの根茎で、発散作用があります。さらに、健胃作用もあるため、吐き気などを静めてくれます。
・大棗(タイソウ)…クロウメモドキ科ナツメの果実で、漢方薬では様々な成分同士衝突を防ぐために使用されています。そのため、様々な漢方薬に入っている漢方です。
・甘草(カンゾウ)…マメ科ウラルカンゾウもしくはそれに近い植物の根から出来ます。甘みのある漢方なので、甘み付けとしても良く様々な漢方薬に使用されています。

補中益気湯の主な効能

夏バテや食欲不振、胃下垂や風邪、病気が治ったあとの体力増強におすすめです。なかなか取れない疲れやだるさ、貧血症や低血圧症にも向いています。

補中益気湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
甘草が含まれる漢方薬と合わせて飲むと、偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意しましょう。

補中益気湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

補中益気湯で考えられる副作用

補中益気湯を服用したときに考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。これ自体あまり起こることは無く、起こったとしても次第に慣れていきます。
また、配合されている甘草を大量に飲んでしまうと、偽アルドステロン症を発症する場合があるので注意しましょう。他にも、重く副作用が出ると、呼吸困難や発熱、だるさが強い場合は、すぐに医者へ連絡をしてください。