八味地黄丸とは

八味地黄丸(ハチミジオウガン)は、足腰関係の痛みや、排尿関係の異常など、弱った体のサポートに使える漢方薬です。
八味地黄丸には、地黄(ジオウ)、山茱萸(サンシュユ)、山薬(サンヤク)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、牡丹皮(ボタンピ)、桂皮(ケイヒ)、附子(ブシ)がブレンドされています。別名として、八味腎気丸、八味丸とも呼ばれます。八味腎気丸の腎気とは、腎を指します。腎とは、東洋医学で泌尿生殖器を意味します。

八味地黄丸の漢方について

・地黄(ジオウ)…マノハグサ科アカヤジオウの根からなる漢方です。滋潤作用を持っています。滋潤とは、潤いを持たせるという意味で、血液を含む体全体に栄養を与えてくれる力があります。
・山茱萸(サンシュユ)…ミズキ科サンシュユの果実か果肉から出来る漢方です。滋養強壮薬に使われており、インポテンツや脚気などに使用されます。
・山薬(サンヤク)…ヤマイモ科ヤマイモまたはナガイモの根茎から出来る漢方です。食用にするものと同じで、一般的には、自然薯と言われています。体を元気にしてくれるほか、食欲がない時や糖尿など、様々な使用用途があります。
・茯苓(ブクリョウ)…サルノコシカケ科マツホドの菌核を輪切りにしたものです。胃腸を整えてくれる作用があり、むくみや下痢など、体内の水分に関係するものを調整してくれる漢方です。
・沢瀉(タクシャ)…オモダカ科サジオモダカもしくはそれに近い植物の根茎から出来ます。利尿や止渇薬として使用されています。他にも、小便不利や口渇など、体の水に関係する箇所をコントロールしてくれます。
・牡丹皮(ボタンピ)…キンポウゲ科ボタンの根皮から出来る漢方です。頭痛や腹痛、生理痛などの痛みを和らげてくれる作用を持っています。
・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科ケイもしくはそれに近い植物の幹か、樹皮を使用しています。腸蠕動運動亢進作用があるため、お腹のハリなどを調整してくれます。
・附子(ブシ)…ウマノスズクサ科ウスバサイシンもしくはそれに近い植物の根、根茎から作られています。鎮静作用、鎮痛作用などを持っており、風邪の症状やのどの痛みなどを落ち着かせてくれます。

八味地黄丸の主な効能

泌尿生殖器系に良いとされる漢方なので、尿量減少または多尿などでお悩みの方にはおすすめです。他にも、なかなか取れない疲れやだるさ、糖尿病や前立腺肥大、高血圧などにも使用できます。

八味地黄丸を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
体力が衰えている人をサポートする漢方なので、体力が十分にある方や、暑がりの人にはおすすめしません。
他にも、胃腸が弱っているときには負担が大きいので、吐き気がある場合や、下痢を起こしている場合には使わないでください。また、八味地黄丸に含まれている附子の飲みすぎも良くないため、別の漢方薬を飲む場合は注意し起きましょう。

八味地黄丸の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

八味地黄丸で考えられる副作用

八味地黄丸を服用したときに考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。これ自体あまり起こることは無く、起こったとしても次第に慣れていきます。
腹痛や下痢、のぼせ等がある場合は、体質に合っていないこともあるので、医師や専門医への確認をする必要があります。

漢方で心の悩みを解消するなら

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は、咳や吐き気などを抑えたり、おなかの緩みを解消してくれる漢方です。
半夏瀉心湯には、半夏(ハンゲ)、黄ごん(オウゴン)、黄連(オウレン)、人参(ニンジン)、乾姜(カンキョウ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)がブレンドされています。
半夏瀉心湯の名前に入っている瀉心は、みぞおち付近のつかえを取るという意味があります。これは、心の不安や緊張などを取り去るという意味と、体の胃もたれや吐き気などを取り去ると言う、両方の面を指しています。

半夏瀉心湯の漢方について

・半夏(ハンゲ)…サトイモ科カラスビシャクの根茎から出来ています。鎮吐作用や去痰作用があり、吐き気などを静めてくれる漢方です。
・黄ごん(オウゴン)…シソ科コガネバナもしくはそれに近い植物の根を乾燥したものです。炎症や充血などを抑えてくれます。
・黄連(オウレン)…キンポウゲ科オウレンもしくはそれに近い植物のひげ根を除いた根茎を乾燥したものを使用します。熱などの炎症を抑え、胃のムカムカを解消してくれます。
・人参(ニンジン)…ウコギ科のオタネニンジンの根で、朝鮮人参、高麗人参というと日本人に馴染みのある名前でしょう。強壮作用があり、元気を取り戻してくれる漢方です。
・乾姜(カンキョウ)…ショウガ科ショウガの根茎を使用します。乾姜の場合は、それを湯通しし、根茎の皮を取り除き、蒸して乾燥したものになります。冷えを改善する作用があり、腹痛や消化不良、体の部分的な冷え等を解消する助けをしてくれます。
・大棗(タイソウ)…クロウメモドキ科ナツメの果実で、漢方薬では様々な成分同士衝突を防ぐために使用されています。そのため、様々な漢方薬に入っている漢方です。
・甘草(カンゾウ)…マメ科ウラルカンゾウもしくはそれに近い植物の根から出来ます。甘みのある漢方なので、甘み付けとしても良く様々な漢方薬に使用されています。

半夏瀉心湯の主な効能

心の疲れ、ストレスからくる神経症や下痢、消化不良や、疲労や口内炎、胃に関係する病気、つわりなどに効果的です。
みぞおち付近に違和感がある場合、おすすめできる漢方です。

半夏瀉心湯を飲む際の注意点

まず、漢方は何を飲むにしても、持病のある人、薬を飲んでいる人は医師や専門医に確認しておいてください。これは、市販薬の場合も含みます。
また、心臓病や高血圧などの病気がある人は注意が必要なので、もしも飲む場合は医師か専門医に相談してからにしてください。そして、甘草を含む他の漢方薬と併用して飲むと、甘草の摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があります。注意してください。

半夏瀉心湯の飲み方

漢方薬の場合は、基本的に食前か空腹を感じた時の食間に飲みます。
顆粒の場合は、お湯で溶かしてから飲みます。これは、水でも構いませんが、常温の水をおすすめしてます。
食欲がない場合や、吐き気がある場合は、胃の負担も考えて食後にしても大丈夫です。

半夏瀉心湯で考えられる副作用

半夏瀉心湯を服用したときに考えられる副作用は、胃がムカムカしてしまったり、食欲がなくなることです。これ自体あまり起こることは無く、起こったとしても次第に慣れていきます。
甘草を大量に取ると、むくみや血圧の上昇のある偽アルドステロン症が出ることがあるので、飲みすぎには注意してください。
他にも、重く副作用が出ると、しびれや息切れ、動機が出てくるため、すぐに医者へ連絡をしてください。