漢方の基本的な飲み方とは

漢方は基本的に水か白湯で飲むことをおすすめしてます。もしくは、お湯に溶かして飲むという方法もありますが、その場合はもちろんすべてお湯を飲み切ってください。
なぜこれに限定するかというと、これが一番効果を出しやすくするからです。たまに、お茶や牛乳などで飲んでしまう人がいますが、これは漢方の吸収を悪くしてしまいます。
漢方が苦くて飲めない、という場合には、まずは漢方薬を選ぶことから始めましょう。意外と、飲みやすくなっているのもあります。

漢方薬の剤形について

・丸剤
丸剤は、名前の通り丸く漢方が包まれたもので、正露丸などが有名でしょう。
体の中でじっくりと解かせるのが特徴で、練り込むものによってその時間の調整もできます。漢方によりますが、基本的にはハチミツやデンプンなど、粘度のある素材を混ぜて作ります。

・煎剤(湯剤)
煎剤は、湯剤とも言われ、名前からイメージしやすいと思いますが、生薬を煎じて抽出して、出てきたものです。漢方が好きな方だと、この飲み方で行う人が多いでしょう。
手間はかかってしまうものの、消化吸収が良いため、効き目も出やすくなります。ただし、苦みのある漢方だと、飲みづらくなります。

・散剤
生薬をそのまま挽いて粉末にしたもので、これを基に、丸剤、煎剤やエキス剤にすることもあります。

・エキス剤
これが一般的に飲まれる漢方薬です。
生薬を煎じて、抽出したエキスを顆粒や粉末に加工したものです。
錠剤やカプセル剤としても販売しているため、飲みやすくなっていて、手間もかからず、しかも持ち運びもしやすくなります。
しかし、効き目は加工前に比べると少し劣ってしまうと言われているため、効果を求める人は、飲みづらくとも煎剤を選ぶと良いでしょう。また、もうひとつデメリットとして、エキス剤は基本的に工場で一気に作ってしまうので、その人の微妙な体質の違いなどに対応は出来なくなります。

それでも飲みにくい時は…

どうしても漢方は癖のある味が多いので、飲みやすいものを選んだからといって苦手な人は多くいます。他の方法として、オブラートで包んで飲む方法もあります。人によっては飲みづらく、逆に飲むのに苦労する場合もあるので、少量から試してみる必要があります。
最後は、抹茶、コーヒー、ココアなどで飲んでみる方法です。人によっては、コーヒーなどのカフェインが入っているものとあわせて大丈夫かと不安になる人もいるでしょう。しかし、漢方ではカフェインという物質で考えていないので、ここで挙げたものは服薬しても平気ということになります。

注意点

・薬の飲み合わせには気をつける
生薬は自然のものだから、漢方薬と薬は飲み合わせても大丈夫と考えている人は注意してください。
薬の効果を強めすぎてしまったり、打ち消しあって効果がなくなってしまったりということがあります。薬を飲んでいる場合は、病院で飲んでも大丈夫な漢方なのかを確認しておきましょう。

・抹茶、コーヒー、ココアも、飲んではいけないときがある
先程、飲みにくい場合は抹茶、コーヒー、ココアを勧めました。
しかし、喘息持ちの方が、喘息用の漢方を飲むときにコーヒーと飲むと、頭痛などを引き起こす恐れがあります。
そのため、体調の優れないときや、持病のある人は、漢方薬を内服する際必ず医師や専門家に相談してから始めるようにしてください。

頑固なリウマチへの特効漢方薬「桂枝芍薬知母湯」

神経痛や関節痛の痛みを和らげる漢方薬で、おなじく関節痛の漢方薬である「桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)」の消炎・鎮痛効果を強化したものです。桂枝加朮附湯では抑えられない強い炎症症状のある場合に用いられます。適応証は、病状が慢性的になっていて体力が落ち、筋肉がやせ、関節が腫れて変形している、そして皮膚が乾燥しているといった“虚証”です。高齢者の方に多く処方されています。

桂枝芍薬知母湯の生薬について

・桂皮(ケイヒ)…クスノキ科のケイまたは同属植物の幹または樹皮を乾燥したものです。健胃、発汗、鎮痛、整腸作用があり、身体を温め血行を改善し、冷えからくる痛みを和らげます。

・芍薬(シャクヤク)…ボタン科のシャクヤクまたは近縁種の根の部分を使います。鎮痛、鎮痙作用があり、筋肉の緊張を和らげます。内臓の痙攣や収縮をおだやかにすることで痛みを和らげます。

・知母(チモ)…ハスナゲというユリ科の植物の根茎です。清熱作用、鎮咳作用、解熱・消炎作用があり、身体や心の熱を落ち着けます。

・防風(ボウフウ)…セリ科・ボウフウの根です。発汗作用・鎮痛作用があります。

・麻黄(マオウ)…マオウ科マオウまたは同属植物の茎です。発汗、鎮咳、去痰作用があり、有効成分のエフェドリンは、咳止めとして市販の薬にも配合されています。

・白朮(ビャクジュツ)…キク科オケラまたはオオバナオケラの根茎です。健胃作用、強壮作用、止瀉作用、利尿作用があり、胃腸の強壮薬の代表的な生薬です。(白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)が用いられることもあります。同じく健胃作用をもちますが、利尿など水分代謝の効果のほうが主になります)

・附子(ブシ)…キンポウゲ科カラトリカブト、または近縁植物の塊根です。利尿、鎮痛、鎮静作用があり、身体を温め、新陳代謝を活発にします。神経痛・リウマチの特効薬。

・生姜(ショウキョウ)…ショウガです。健胃、発汗、食欲増進作用があり、身体を温めます。

・甘草(カンゾウ)…マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。鎮痛、鎮痙作用があり、炎症を和らげ緊張を緩和させます。

桂枝芍薬知母湯の効能

桂枝芍薬知母湯は、「桂枝加朮附湯」と同じく神経痛やリウマチの治療薬として処方される薬です。関節の腫れやむくみに効果を現します。

生薬の構成も桂枝加朮附湯を応用したもので、桂枝加朮附湯から「大棗」を抜き、身体を温めエネルギーをめぐらせる「麻黄」と「防風」を加えることで解表(身体の悪いものを汗などで発散する)の効能を高めている一方、熱を取り去る「知母」を加えていることで、局所的な炎症症状を鎮める働きも持ち合わせます。

足りない気力や体力を補いながら、余分な水分を代謝させる、という薬理作用は関節痛に用いられる他の附子製剤と同じですが、使用される生薬が効き目のよりパワフルなものとなっています。

桂枝芍薬知母湯の使用法

名前に「湯」が付くとおり、桂枝芍薬知母湯も元は煎じた湯を服用する薬です。しかし、現在ではそれを濃縮乾燥させた「エキス剤」が主流となっています。煎じる手間がなく、手軽に服用を続けられます。医師に処方された1日量を3回に分けて食前または食間に服用します。

副作用などはあるか

基本的には医師の指示に従って服用する限り重篤な副作用の心配はありませんが、配合生薬の「麻黄」には交感神経刺激薬であるエフェドリン類が含まれるため、高血圧や心臓病、脳卒中の既往がある方は注意して服用する必要があります。

「附子」の有効成分である「アコニチン」も摂取しすぎると動機やのぼせ、舌のしびれや不整脈を起こす恐れがあります。甘草の「グリチルリチン酸」の過剰摂取による「偽アルドステロン症」にも注意します。

寒証向けの強い漢方薬ですので、「熱証(体温が高く暑がりだったり、身体の表面に炎症があったりする)」の方への処方には不向きです。胃腸が弱い方へも注意して服用させます。桂枝芍薬知母湯を用いてどうしても吐き気や食欲不振が出てしまう方は、医師に相談してください。