漢方とは自然の生薬(しょうやく)のいくつかを組み合わせたものです。

天然の生薬を使用した漢方薬にも賞味期限はあるのでしょうか。

賞味期限(使用期限)

漢方に限らず医薬品では、食品の賞味期限・消費期限のように服用しても問題がなく、品質が保たれている器官を「使用期限」といいます。
これは未開封の状態での期限のことです。

市販薬は時間が置くことで化学変化が起こり、有効成分も分解されて副作用の成分が強くなることもあります。

使用期限が過ぎた医薬品・サプリメント・漢方薬は、効果や安全性が保証されていないので服用しません。

医薬品の種類毎の注意

薬の種類によって成分の変化の仕方は異なります。
シロップ剤や点眼剤・煎じ薬等の液状の薬は、開封後の品質が変わりやすいです。
※煎じ薬とは生薬を煎じて成分を抽出した液体の漢方薬のこと。

煎じ薬の場合は1日分の生薬を煎じて、その日の内に朝・昼・夜に分けて飲み切るようにします。

錠剤であれば処方されてから時間を置くことで変色・硬化、軟膏等は油分と分離して悪臭を放ったり、成分が変化して体に悪影響を及ぼすこともあります。

使用期限が記載されていないもの

一般的に調剤された医療用医薬品の使用期限は「製造後未開封で3~5年」です。
箱に期限の記載がなく、開封した場合は「製薬会社で作られてから3年」が目安です。

処方された漢方薬(箱から出したもの)の場合

箱に入っているものであれば使用期限が記載されています。
箱から出して処方されたものは、予め医師・薬剤士等に聞くと教えてくれます。

保存の効くシート(銀色の包み等)に入っている場合や、薬局で購入する漢方薬は期限が「5年」と設定されていることが多いようです。

医薬品の保管

医薬品は基本的に高温多湿を避けて、保存方法を確認しておきましょう。
梅雨時や夏場の熱い時期の煎じ薬の保管は特に注意して、必ず冷蔵庫に入れて保管します。

生薬は常温で保存して、梅雨時や夏場は冷蔵庫で保存しましょう。
※このときアルミホイルで袋ごと包むとより良いです。

漢方薬は、一度乾燥させているので生ものではないものの、保存状態・薬によってはカビが生えたりする場合もあります。

病気の完治後の余った薬も自己判断で服用しないようにしましょう。

漢方の使いまわしもNG

漢方治療は、その患者さんの体質・体調にも合わせて処方されて、心身のバランスを取戻し病気の症状も改善しようとするものです。
そのため同じ病気であっても、患者さんの状態によっては異なる漢方薬が処方されることもあります。

つまり漢方治療は病気ではなく、患者さんを中心として治療することが漢方の治療方針といえます。

体質・体調等は人それぞれなので、家族での使いまわしなどもやめましょう。

さいごに

一般に漢方薬の使用期限は、生薬の状態では常温で3か月、冷蔵庫に保管する場合は半年、煎じパックでは常温で1か月、冷蔵庫に保管する場合は3か月保存ができます。

また、煎じ薬はあら熱をとった後に冷蔵庫で保管するようにしましょう。
煎じ薬の元になる漢方は、1カ月以内に飲み切った方が良いようです。

漢方薬には防腐剤等が入っていないことから、とくに夏季の仕様には注意します。