漢方とメーカーの関係は?

漢方メーカーと言えば、有名なツムラ、クラシエ、小太郎の3社を思い浮かべやすいですが、他にも多くのメーカーが存在します。また、各メーカーに同じ名前の漢方薬もあります。
実は同じ名前の漢方薬でも配合は、各メーカーによって変わっていきます。そのため、自分のタイプによって効きやすいメーカーのもの、効きにくいメーカーのものというのが出てきます。どちらが悪いというのではなく、自分自身の体質によるものなので、もし、自分に合っていると言われたけれど効き目を感じないときは、メーカーを変えてみるというのもおすすめです。

漢方メーカー一覧

・株式会社ツムラ
1893年に創られた、意外と若い会社なのです。しかし、現在医療用に使用される漢方のほとんどがここで作られています。
誰でも名前は聞いたことのある、かなり有名なメーカーでしょう。

・クラシエ薬品
明治20年に造られた漢方メーカーです。
医薬目的以外にも、美容や健康など、様々な角度からも利用されています。ツムラと同じくらい人気の高い漢方メーカーです。

・小太郎製薬株式会社
1929年に作られた会社で、日本で初めてエキス製剤の漢方造りに成功した会社になります。保険の効く医療用の漢方も提供をしています。

・八ツ目製薬株式会社
明治の終わりごろに始まった老舗の漢方メーカーです。
名前にもある八ツ目ウナギを使った食品を出していましたが、今は他にも多くの漢方薬を出しています。大手の漢方メーカーでは扱われていないものを提供できるメーカーです。

・株式会社栃本天海堂
昭和24年に作られた漢方メーカーです。生薬の産地にこだわりを持っており、栽培事業の展開もしています。

・一元製薬株式会社
昭和28年に作られた漢方メーカーです。取り扱いの数は少なくとも、漢方専門店で扱っている店舗が多いメーカーになります。

・伸和製薬株式会社
昭和37年に作られた漢方メーカーです。大きい会社ではなくとも、取り扱いの数はかなり豊富で、医薬用や健康関係、美容系なども対応できているメーカーです

・三和生薬株式会社
昭和37年に作られた漢方メーカーです。附子(ブシ)の減毒加工を行った、加工ブシ末を販売する漢方メーカーです。医療用に多く使用されています。

・大杉製薬株式会社
明治38年に作られた漢方メーカーです。漢方の販売のみではなく、現代医療に漢方を活用してほしいという思いで積極的に研究会などを開催しています。

・大晃生薬有限会社
昭和43年に作られた漢方メーカーです。委託製造も可能なメーカーなので、他の漢方メーカーの漢方薬でもここで造られている、というメーカーになります。

・東洋薬行
昭和51年に作られた漢方メーカーです。生薬の品質にこだわりを持ち、徹底管理の元みなさまにお届けしています。

・松浦漢方株式会社
昭和55年に作られた漢方メーカーです。
飲みにくい漢方に対して、ゼリーやお湯で溶かして飲むタイプなど、様々な試みを行うメーカーになります。

・イスクラ産業株式会社
1960年に作られた漢方メーカーです。使いやすく加工された漢方、中医薬の輸入販売に力を入れており、中医薬の薬局経営者育成にも力を入れています。

・ジェーピーエス製薬株式会社
1960年に作られた漢方メーカーです。安心、安全を第一に考え、国内生産にこだわりを持ち、徹底した品質管理を行っています。

漢方で用いる百足(ムカデ)の効能とは

漢方医学には「以毒攻毒」(毒を以ってあ毒を制す)という理論があり、中国では漢方として使用されてきました。

漢方でよく用いられるムカデも「以毒攻毒」の理論でよく用いられています。

漢方としてのムカデ

ムカデの漢方の名前は蜈蚣(ごこう)と呼ばれ、中国や日本に分布しています。
漢方で用いるムカデは、オオムカデ科トビズムカデ等で乾燥したものを用いています。

体が長く、頭が赤く、腹が黄色で背中が黒緑(黒褐色)で折れにくく、よく乾燥しているものが良品です。

成分と効能

ムカデの毒には蜂の毒に似たヒスタミン物質と溶血性タンパク質の2種類の有毒成分が含まれています。

ヒスタミン:くしゃみや鼻水、かゆみ等を引き起こす物質

※妊婦には使用禁止です。

ムカデは有毒で噛まれると激しい痛みを生じます。

しかし、漢方としてのムカデは痙攣、血圧を下げるのに効果があります。
他にも肝の機能改善・止痙・解毒消腫の効能や破傷風、結核等にも効果があります。

ムカデを含む漢方薬は以下の通りです。

散風活絡丸(さんふうかつらくがん)

同仁堂のものでは茶褐色の濃縮丸でできています。

風邪・痰の症状を除く、筋肉のこわばり・痙攣を緩めて伸びやかにします。
また体の気の流れも活発にしてスムーズな治療にします。

気:生命を維持しようとする基本的活力のこと。

他にも遊走性疼痛や脳卒中による肢体麻痺、手足麻痺、足腰の疼痛、筋脈痙攣、口や目が歪んで閉じることができなくなる症状、半身不随、歩行困難などに用います。

大敗毒カプセル

同仁堂のものでは黄褐色の粉末でできています。

清血敗毒、消腫、止痛の作用があります。
血液や内臓に「熱毒(異常な体温上昇に衰弱・脱水・意識障害等をきたす物質」が持つによる梅毒、尿道に刺すような痛み、便秘、体の腫れ・痛みなどに用いられます。

活血解毒丸(かっけつげどくがん)

同仁堂のものでは黄褐色の小丸でできています。
解毒、消腫、活血(血行を良くすること)、止痛の作用があります。

適症状は乳腺炎、頸部の慢性リンパ節腫大・頸部リンパ節結核、悪性の腫物の初期等があります。

民間療法と誤療法

民間両方ではゴマ油・椿油にムカデを漬けたムカデ油が、傷薬・火傷の治療薬として用いられています。

他にも中国では痔に効くという誤った情報が出回り、ムカデを食べて吐き気や倦怠感、尿の異常で医療機関を受診。

診察の結果、アミノトランスフェラーゼの値は正常値の約2000倍に達して、血液凝固機能の異常や急性肝不全で、肝臓の機能低下による意識障害に肝臓・腎臓の機能が衰弱して死に至ったケースもあります。

漢方薬の選び方

中国では薬物性肝障害のうち20%以上は漢方の生薬によって引き起こしているようです。
ムカデは漢方にもなるものの、体質に合わなかったり、誤った方法で用いることで死に至ることがあります。

そこで中国では「薬を服用する際は必ず医師や薬剤師に相談しなければならず、民間療法の類を信じたり、勝手に薬の服用量を調整したりすることは絶対にやめなければならない」と注意しています。

これはムカデだけでなく他の西洋薬・漢方薬にもいえることです。
そのため漢方薬を選ぶ際にも、専門家の指示に従って体質・体調にも合った漢方薬を服用するようにしましょう。