無月経を漢方で改善させよう

無月経とは、名前の通り生理の来ないことを指します。ストレスや疲労、体が弱っているためなど原因は様々です。
そのため、自分の症状に合うと感じた漢方で、体を内から改善していきましょう。もちろん、初めての方や、漢方が聞かなかった場合は、きちんと専門医に診てもらう必要はあります。体調が悪すぎる場合は、薬に頼ってしまっても仕方ないのですが、なるべく自分の力で悩みを解決できるようにしていくことをおすすめします。

無月経でお悩みの方におすすめの漢方

・人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)
四肢のだるさが気になる方や、貧血の方におすすめの漢方薬です。
これは、子宮機能というよりも、体のエネルギー不足によって無月経が起こっているときに効果的です。疲れやすかったり、めまいや立ちくらみが多い方、生まれつき疲れやすいといった悩みの方は試してみましょう。
【ブレンドされている生薬】
人参(ニンジン)
黄耆(オウギ)
当帰(トウキ)
地黄(ジオウ)
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
芍薬(シャクヤク)
桂皮(ケイヒ)
陳皮(チンピ)
遠志(オンジ)
五味子(ゴミシ)
甘草(カンゾウ)

・杞菊地黄丸(コギクジオウガン)
仕事が長期に及んで忙しい場合の疲労で無月経という方にはおすすめの漢方薬です。このときは、内臓の働きが低下することで、子宮関係へエネルギーを送るパワーがなくなっている証拠です。
性行為が多すぎる場合の疲労にも使用できます。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
枸杞子(クコシ)
山茱萸(サンシュユ)
山薬(サンヤク)
牡丹皮(ボタンピ)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
菊花(キクカ)

・血府逐瘀湯(ケップチクオトウ)
イライラすることが多かったり、何事もマイナスに考えてしまうことによる無月経におすすめの漢方薬です。他の特徴としては、胸やお腹が張って痛みを感じる事があります。これは、至急まで栄養が行き渡らないことによって無月経を発症します。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
桃仁(トウニン)
当帰(トウキ)
紅花(コウカ)
川芎(センキュウ)
赤芍(セキシャク)
牛膝(ゴシツ)
柴胡(サイコ)
枳殼(キコク)
桔梗(キキョウ)
甘草(カンゾウ)

・半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
冷え性で、食べ物を食べているにもかかわらず元気がなく、無月経でお困りの方におすすめ出来る漢方薬です。
余分な水分が溜まることで、子宮へ行くべき栄養を阻害してしまいます。この漢方では、消化機能を高め、その阻害している水分などを上手く排泄できるようコントロールしてくれます。
【ブレンドされている生薬】
半夏(ハンゲ)
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
天麻(テンマ)
人参(ニンジン)
黄耆(オウギ)
乾姜(カンキョウ)
陳皮(チンピ)
黄柏(オウバク)
麦芽(バクガ)
生姜(ショウキョウ)

・温経湯(ウンケイトウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)よりもさらに冷えで悩んでいる方にはおすすめの漢方薬です。
体が冷たいことで血の巡りが悪くなり、子宮を含めた体の各部分に栄養が行かずに無月経になってしまいます。
それには、体を温めてくれるこの漢方が効果的です。
【ブレンドされている生薬】
麦門冬(バクモンドウ)
半夏(ハンゲ)
当帰( トウキ)
甘草(カンゾウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
川芎(センキュウ)
人参(ニンジン)
牡丹皮(ボタンピ)
呉茱萸(ゴシュユ)
生姜(ショウキョウ)
阿膠(アキョウ)