熱が出たときに漢方を

漢方は、自然治癒力を回復してくれるものなので、熱が出たときにすぐ薬に頼らず、漢方で内から改善してくことをおすすめします。もしくは、漢方を専門とする病院もあるので、そこで相談しても良いでしょう。
まずは、症状別にどんな漢方薬がおすすめかを知っておきましょう。そこから、自分に合うと思うものを選んでいくと良いでしょう。
そして、甘草(カンゾウ)を含む漢方薬が多いですが、この漢方は摂取しすぎてしまうと偽アルドステロン症の副作用としてむくみやだるさなど出る場合があるので注意してください。他にも、薬との併用は危険なので、必要な場合は医師や専門医への相談をしてから服用しましょう。

熱があるときにおすすめの漢方

・麻黄湯(マオウトウ)
風邪の初期症状のときに用いられる漢方薬です。熱だけでなく、悪寒や体の節々に痛みを感じた場合などにも有効になります。インフルエンザにも、初期の段階なら使用すると効果を出しやすくなります。
比較的体力のある状態での服用をおすすめしているので、すでに熱が出てしまい、体力がないという場合には避けるようにしましょう。
【ブレンドされている生薬】
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ)

・葛根湯(カッコントウ)
風邪のときに良く知られている漢方薬でしょう。熱が出てきたときには、早めに使用してください。鼻水が出るような風邪にも効果的です。
また、痛みを和らげる効果があるので、熱による頭痛や体の痛みにも使用できます。
【ブレンドされている生薬】
葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)

・小青竜湯(ショウセイリュウトウ)
熱だけでなく、鼻水の出るような風邪に有効なのはこの漢方薬です。抗アレルギー作用や抗炎症作用なども期待でき、気管にも働きかけてくれるので、花粉症などで困っている時にも使用できるでしょう。
【ブレンドされている生薬】
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
半夏(ハンゲ)
五味子(ゴミシ)
細辛(サイシン)
乾姜(カンキョウ)
甘草(カンゾウ)

・桂枝湯(ケイシトウ)
熱が下がって、回復してきたときにおすすめの漢方薬です。
いままでの漢方薬は、寒気を感じているけれど汗が出ない場合などに効果を発揮するものでしたが、桂枝湯(ケイシトウ)に関しては、汗をかいた後に良いとされています。
また、妊娠している方にも使用できると言われている漢方薬です。ただし、念のため医師へ相談の上、服用するようにしてください。
【ブレンドされている生薬】
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)

・麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
かなり寒気を感じ、これから高熱が出そう、というときにおすすめの漢方薬です。
漢方薬は基本的に、ある程度の体力ある人というのが前提にありますが、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)に関しては年配の方にもおすすめ出来る漢方なので、少し体が弱っていても使用できるでしょう。
【ブレンドされている生薬】
麻黄(マオウ)
附子(ブシ)
細辛(サイシン)