漢方とは自然にある植物や鉱物に含まれる薬成分を配合したものです。

普段からデスクワークや携帯・パソコンの多用による疲れ目やかすみ目にも漢方がおすすめです。

疲れ目の原因

現代社会の疲れ目・かすみ目は意外にも”肝臓”の影響があります。

パソコン等の多用による直接の眼精疲労の他にも、過労やストレスによる肝臓への大きな負担は、疲れ目・かすみ目への負担も増やしてしまうことがあるのです。

これは目の筋肉や神経が発達していて肝臓の状態も反映されやすいからとされています。

そのため肝機能の低下は、眼精疲労や視力低下、眼の痛み等の様々な目の諸症状も引き起こしやすくします。
そして肝機能の状態は心の状態にも影響することから、精神状態を保つためにも肝臓の状態を正すことは大切です。

疲れ目と中国医学

中国医学には「肝は目に竅(きょう)を開く」という言葉があります。

また「目には五臓六腑の精気が集まり、その力によって物をよく見ることができる」という記述が、目と肝臓の関連性を表しています。

肝臓は血液を貯えて神経や筋肉に血液を送り、目をより働きやすくする器官です。
つまり肝臓で蓄えられた血液は目の栄養になります。

疲れ目がなかなか治らないときには肝臓の状態も気にかけてあげましょう。

目と肝臓・腎臓の関係

目は瞬時に膨大な量の情報を処理して思考も深めることができます。
そして目を使うと血液も消耗されて、栄養が足りなくなると疲れ目や痛みといった症状が現れるのです。

また中国医学には「肝腎同源(精血同源)」という言葉もあり、肝臓と腎臓にも密接な関係があることが分かっています。

二つは互いに滋養し合い、腎臓は成長や生殖に関連する腎精(じんせい)が肝臓の血液にも転化するのです。

そのため肝機能の強化には腎臓の強化も欠かせません。

目の諸症状と心の関係

目の疲れは重くなれば頭痛や肩こり、イライラ、鬱といった症状にも発症させてしまいます。

また、肝臓や胃腸の病気・糖尿病等の初期症状としても眼精疲労が起こるので、普段から目を癒すことも大切です。

●目の諸症状の原因

1.目の酷使やストレス

2.先天的な虚弱体質、胃腸障害、過度なダイエット、生理による血液の不足

3.慢性病や老化、長引く肝血虚で肝臓と腎臓の体液が消耗し、目の栄養が足りない

目の諸症状はどのような原因によるものかを判断して、どの種類の漢方薬を服用するかを考えましょう。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

体力が普通程度以下で、疲れやすい体質の人に向いています。
尿量減少又は多尿で、時には手足のほてりや口渇があるのも目安です。

生薬が腎臓と肝臓の機能も強化させてかすみ目、疲れ目、目の痛み、乾燥、充血、白内障、緑内障、飛蚊症(ひぶんしょう)、視力低下、涙目も回復させます。

目の症状の他にも耳鳴り、花粉症、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみにも効果があります。

肝と腎の慢性化した症状にも効果的で、腎では足腰のだるさをとって体力をつけることもできます。

目に不調を感じたら漢方を

現代社会ではスマートフォン、パソコンなど、目を酷使することが多くなります。そのため、目のかすみやドライアイ、目の充血に悩む方も多くいます。
しかし、なかなか仕事が絡んでしまったりすると目を休めるタイミングも難しくなります。
そこで、ちょっと目が疲れたときや、長時間パソコン作業をするときなどに漢方を飲むことで、目の働きを回復したり、目の疲れをいやしてくれます。
忙しい人にこそ、ぜひ試してもらいたいものを紹介します。初めて漢方を飲む方や、あまり効かない場合はぜひ専門医に相談してみてください。

目の不調におすすめの漢方

・杞菊地黄丸(コギクジオウガン)
目は内臓の疲れからと言われており、その悩みを解決するのにおすすめ出来る漢方薬です。そこで、疲れ目や目のかすみなど、慢性的に目の不調を感じている場合に効果的です。
もちろん、体の疲労感などにも使用できるので、疲れが取れないときには試してみましょう。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
枸杞子(クコシ)
山茱萸(サンシュユ)
山薬(サンヤク)
牡丹皮(ボタンピ)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
菊花(キクカ)

・滋腎明目湯(ジジンメイモクトウ)
血行が悪くなることで起こる目の疲れにおすすめの漢方薬です。目の疲れによる痛みにも効果的です。
この漢方薬に含まれる甘草(カンゾウ)を含む他の漢方薬と併用して飲むと、摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意してください。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
熟地黄(ジュクジオウ)
乾地黄(カンジオウ)
芍薬(シャクヤク)
人参(ニンジン)
山梔子(サンシシ)
黄連(オウレン)
白芷(ビャクシ)
桔梗(キキョウ)
蔓荊子(マンケイシ)
菊花(キクカ)
甘草(カンゾウ)
細茶(サイチャ)
灯心草(トウシンソウ)

・洗肝明目湯(センカンメイモクトウ)
ドライアイや目の充血などにおすすめの漢方薬です。コンタクトレンズによるドライアイにも効果的です。また、炎症による目の腫れや痛みにも使用することが出来る漢方になります。
比較的体力のない人でも使用できるため、年配の方でも使用が可能です。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
芍薬(シャクヤク)
地黄(ジオウ)
黄芩(オウゴン)
山梔子(サンシシ)
連翹(レンギョウ)
防風(ボウフウ)
決明子(ケツメイシ)
黄連(オウレン)
荊芥(ケイガイ)
薄荷(ハッカ)
羌活(キョウカツ)
蔓荊子(マンケイシ)
菊花(キクカ)
桔梗(キキョウ)
蒺梨子(シツリシ)
甘草(カンゾウ)
石膏(セッコウ)

・柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
ドライアイや、目の使い過ぎによる肩こりにおすすめの漢方薬です。ストレスや不安を和らげ、さらに血行を促進してくれる働きが期待できます。
ただし、比較的体力の残っている人におすすめ出来る漢方薬なので、体調が悪すぎる場合などは避けてください。
【ブレンドされている生薬】
柴胡(サイコ)
竜骨(リュウコツ)
牡蛎(ボレイ)
黄ごん(オウゴン)
大黄(ダイオウ)※この漢方を含まないメーカー有
半夏(ハンゲ)
人参(ニンジン)
茯苓(ブクリョウ)
桂皮(ケイヒ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)