肌荒れは漢方で内から治す

肌荒れで悩むのは、今は女性に限らず、男性の方も抱えている悩みでしょう。
その場合に、漢方はおすすめです。もちろん、化粧水や乳液などの外側からのケアも大切ですが、漢方はさらに内側からアプローチすることが出来るのです。
漢方は、体質によって効果の出やすいもの出にくいものが変わってくるため、より効果を出したいという場合は、専門医に選んでもらうと良いでしょう。

肌荒れにおすすめの漢方薬

・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
皮膚に赤みや炎症がある場合におすすめの漢方薬です。
イライラしてしまったり、頭に血が上りやすいときに良いとされていて、更年期障害にも使用できます。皮膚の炎症に良いとされるので、口内炎にも効き目を感じられるでしょう。めまいや動悸などにもよく、気持ちを落ち着けてくれます。
【ブレンドされている生薬】
黄連(オウレン)
黄ごん(オウゴン)
黄柏(オウバク)
山梔子(サンシシ)

・桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)
血行不良による肌荒れ、特にシミなどにおすすめの漢方薬です。冷えなどにも良いとされ、月経不順や生理痛にも効果的です。血の巡りが良くなるため、肩こりやそれによる頭痛などの改善も期待出来るでしょう。
ただし、女性はホルモンバランスにも関係する漢方なので、妊娠中には避けてもらっています。
【ブレンドされている生薬】
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
茯苓(ブクリョウ)
桃仁(トウニン)
牡丹皮(ボタンピ)
よく苡仁(ヨクイニン)

・四物湯(シモツトウ)
アトピーによる肌荒れに効果的な漢方薬です。
アトピーの場合、ステロイド入り軟膏を出されることが多く、その場合だと跡が残ってしまう場合があるので、なるべく漢方を使うことをおすすめします。
他の漢方薬と一緒に渡される事もあるくらい安全なものになりますが、桂枝茯苓丸料加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)同様、女性はホルモンバランスにも関係する漢方なので、妊娠中には避けてもらっています。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
芍薬(シャクヤク)
地黄(ジオウ)

・当帰飲子(トウキインシ)
肌の乾燥や、それによって起こるかゆみや湿疹などに効果的な漢方薬です。主に冷え性の人におすすめしているので、のぼせ気味の方は避けてください。
また、ニキビなどでも、カサカサしたタイプならいいのですが、膿んでいるような水っぽいものの場合には向かないので注意しましょう。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
地黄(ジオウ)
芍薬(シャクヤク)
荊芥(ケイガイ)
防風(ボウフウ)
黄耆(オウギ)
何首鳥(カシュウ)
蒺藜子(シツリシ)
甘草(カンゾウ)

・十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
蕁麻疹や化膿したニキビなどにおすすめ出来る漢方薬です。
当帰飲子(トウキインシ)がカサカサしたニキビならば、こちらは水っぽい膿んだものに効果的なものです。
炎症をゆっくりと引かせてくれます。
【ブレンドされている生薬】
荊芥(ケイガイ)
防風(ボウフウ)
柴胡(サイコ)
桔梗(キキョウ)
川芎(センキュウ)
茯苓(ブクリョウ)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
樸樕(ボクソク)
独活(ドッカツ)

体質的な薄毛の改善にも最適な漢方とは

現代社会の過度なストレスの影響は頭皮にも及んでいます。

遺伝や環境、若はげ等で薄毛が気になる方は漢方で体質から治療するのもおすすめです。

薄毛と漢方

禿に見えてしまう要因の1つには”髪が薄く毛量が少ない”ことがあります。

漢方薬は即効性のある薬ではないものの体質の改善が期待できます。
そしてその体質は髪の質にも影響します。

漢方は薄毛・抜け毛に慢性的な薄毛も防止して、育毛効果も高めることができます。

薄毛のタイプ

漢方では、昔から「髪は血の余り」と言われています。
これは血が充実しているほど髪の毛は生えてくるというものです。

血液が不足している「血虚」タイプの人は、全身の血の巡りが悪く頭皮に栄養が行き届きにくくなっているいことが挙げられます。
そして頭皮に血・栄養がいかないことで、髪が抜けやすく生えにくい状態になってしまうのです。

漢方には、細くなってた毛を太くして、抜けにくい髪に改善する効果が期待できます。

気虚タイプ

”気”はエネルギーの一種です。
そのエネルギーがストレス過多等により不足して、体が疲れやすくり、血の巡りも悪くなると考えられています。

そして体全体に血行障害が起きると突然髪が抜けることもあるのです。
また重労働や激しい運動の後にも一時的に”気”が不足することもあります。

”気”は規則正しい食事と睡眠が摂れれば翌日には回復します。
しかし、過労が続くことで気の回復が遅れて慢性的に”気”が不足した状態になります。

気虚:体に必要なエネルギーが不足した、元気のない状態のこと。

腎虚タイプ

中国医学で腎は生命力、活力の源とされています。

髪の毛は「腎の華」と呼ばれることがあります。
これは五臓六腑の腎が髪を管理していると考えられているのです。

腎が悪いことで老化・ホルモンバランスの乱れが起きて、抜け毛・白髪の症状も引き起こします。

腎と精(せい)

腎には生命エネルギーのもととなる精(せい)も蓄えられています。
精は発育を促進したり、性行為、妊娠、出産等の生殖機能、若さの維持にも関係しています。

腎に精が十分に蓄えられていれば体の機能が正常に働くものの、腎(生命の源)と精が不足していれば腎虚(じんきょ)の状態になるのです。

漢方の効果

漢方には、薄毛の原因となるストレスの症状を抑えて、髪に潤いを与えて髪の成長を促す効果がありあります。

また、皮脂の過剰分泌を抑制して頭皮の改善にも繋がります。

しかし、漢方には自然の生薬(しょうやく)を使った緩やかな効果のため、最低でも3か月は継続して服用する必要があります。

漢方を飲むときのコツ

1、空腹時に飲む
漢方は食べ物の影響を受けやすいことから食前もしくは食間の空腹時に服用します。
※吐き気等で気分が優れないときには食後の服用でも可能です。

2、白湯で飲む
白湯は、一度沸騰させたお水を40度前後に冷ましたものが望ましいとされています。
沸騰させることで、水に含まれる不純物が消えて、漢方を服用するときの口当たりも良くなるからです。

また白湯は体内の温度も上昇させて血流が良くなり、漢方の吸収も早くしてくれます。
漢方は顆粒を白湯で溶かしてゆったりした気分で飲むと良いでしょう。