腹痛で困ったときは漢方

お腹が痛い場合、薬で治すのは簡単かもしれませんが、出来れば自然治癒力を使って回復することをおすすめします。そうすることで、体への負担も抑えられ、体を健康な状態へ戻しつつ腹痛を改善してくれます。
ここでポイントなのは、様々な漢方薬がある中で、症状別におすすめの漢方が違うということです。まずはどのようなものがあるかを知ったうえで、専門医に選んでもらうと良いでしょう。

腹痛でお悩みの方におすすめの漢方

・柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)
現代社会に多い、ストレスによる腹痛におすすめ出来る漢方薬です。
なんでも完璧にこなそうとしてしまう人、責任感が強すぎる人には最適でしょう。また、風邪にも良いとされる漢方薬なので、体力や胃腸の働きが落ちている場合でも使用することが出来ます。鎮痛作用もあるため、痛みも和らげてくれるでしょう。
ちなみに、甘草(カンゾウ)を含む他の漢方薬と併用して飲むと、摂取しすぎによって偽アルドステロン症の副作用が出る場合があるので注意してください。
【ブレンドされている生薬】
柴胡(サイコ)
桂皮(ケイヒ)
黄ごん(オウゴン)
半夏(ハンゲ)
芍薬(シャクヤク)
人参(ニンジン)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

・八味地黄丸(ハチミジオウガン)
年配の方などで、体力の衰えによる腹痛におすすめ出来る漢方薬です。
体が弱ることによって起こる冷えにも効果的です。
【ブレンドされている生薬】
地黄(ジオウ)
山茱萸(サンシュユ)
山薬(サンヤク)
茯苓(ブクリョウ)
沢瀉(タクシャ)
牡丹皮(ボタンピ)
桂皮(ケイヒ)
附子(ブシ)

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
女性に多い、冷えによる腹痛におすすめの漢方薬です。
冷えに良い漢方なので、冷えによって起こるむくみやくすみ、ほかにも痩せづらくしたり、腰痛などの原因にも効果を発揮してくれる漢方になります。
【ブレンドされている生薬】
当帰(トウキ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
細辛(サイシン)
呉茱萸(ゴシュユ)
生姜(ショウキョウ)
木通(モクツウ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)

・参苓白朮散(ジンリョウビャクジュツサン)
元から胃の弱い方による腹痛におすすめの漢方薬です。
これは痩せ型の人が多く、血色が悪かったり、食欲がなかったりする人が服用します。腹痛はもちろん、元気が出ないときなどにも使われる漢方です。
人参(ニンジン)
甘草(カンゾウ)
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
ヨク苡仁(ヨクイニン)
扁豆(ヘンズ)
山薬(サンヤク)
蓮肉(レンニク)
縮砂(シュクシャ)
桔梗(キキョウ)

・補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
子供が急に腹痛を訴えた時におすすめの漢方薬です。
元から胃腸が弱く、消化吸収が上手くいかない場合、体に負担がかかりすぎていることによって起こる腹痛になります。おへその周りの痛みに効くとされています。
【ブレンドされている生薬】
人参(ニンジン)
黄耆(オウギ)
蒼朮(ソウジュツ)か白朮(ビャクジュツ)
柴胡(サイコ)
当帰(トウキ)
升麻(ショウマ)
陳皮(チンピ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)