自分に合う漢方を見つける四診

四診とは、自分の体質が何かを見るためには必要な方法です。
望診(ボウシン)、聞診(ブンシン)、問診(モンシン)、触診(ショクシン)の4つに分かれています。そして、この四診を行うことで、自分体質、証を見立て、それに合った漢方を処方します。
まず四診ですが、自分で見極めるようになるには専門の知識や経験が必要となります。そのため、あまり個人で行う人はいないでしょう。ただ、目安としてこういったやり方があることを覚え、どのような診断になるかなどの種類を把握しておくことで、自分に合った漢方の理解が出来ます。処方してもらったら、なぜその漢方を処方されたのかも調べてみると良いでしょう。

自分に合う漢方を見つける四診の方法

・望診(ボウシン)について
現在体がどのような状態か、目で見て診断する方法です。顔色や体型はもちろん、爪や舌の状態、動作や表情などを確認していきます。
ちなみに、望診では舌のチェック、舌診(ゼッシン)によって、内臓、特に胃腸の状態を見極める方法などが特徴的です。

・聞診(ブンシン)について
話し方や声の大きさ、呼吸や咳などを聞く診断と、口臭や体臭を嗅ぐ診断のことを指します。
排泄物などから情報を確認することもあります。

・問診(モンシン)について
問診は、西洋医学でも行われているため、聞き馴染みのある言葉でしょう。
悩みは何か、いつから発症したのか、症状が現在どのような状況なのかなど、患者さんから聞くことで、現状把握します。

・触診(ショクシン)について
体に触れることで診断する方法で、切診(セッシン)とも呼ばれています。
脈の速さやパワーを測定し、脈の状態を知ったり、お腹に触るこどで、腹部の緊張や動きを把握していきます。皮膚の乾燥状態のチェックや、どれほど冷えているのかなどもこの診断で確認することが多いです。

四診によってわかるタイプ

四診によって、細かく分けると様々なタイプに分かれますが、大きく分けて、実証(ジッショウ)、虚証(キョショウ)、陽証(ヨウショウ)、陰証(インショウ)の4種類に分けられます。どれが悪いというよりは、漢方の世界はバランスが大切と考えられています。4種類のどれかで分けられるものではなく、複合している方がほとんどとなり、漢方は、それぞれの悪いところをコントロールし、バランスを良くするために使用されているのです。

・実証タイプについて
体調は元気で、生命力は強いですが、食べすぎや飲みすぎてしまうタイプです。
血管が詰まりやすくなるため、血の巡りを良くするよう心がけましょう。
・虚証タイプについて
弱々しく、生命力のあまり感じられないタイプです。身体が細くて、顔色が優れない人が多くなります。
体を鍛えるよう心掛け、しっかりと体を休め、リラックスの時間をきちんととるよう心がけましょう。
・陽証タイプについて
気持ちが高まっていることが多く、顔など常に熱を持っているため、乾燥肌な人が多くいます。
濃い味や辛いものが好きだったり、過酷な労働条件でも我慢できてしまいますが、それが多くなると体を壊してしまうので注意しましょう。
・陰証タイプについて
自分で熱を作り出す力が低下していて、万年冷え性で悩んでいる方が多いです。エアコンに頼ってしまったりするケースが増えてきていますが、自分で熱を作り出せるよう、体質改善が必要となります。